「お中元の時期」とは?お中元のマナーや暑中見舞いの時期も紹介

「お中元の時期」は九州と東京では1ヵ月ずれがあるともいわれますが、近年は贈る時期が全国的に早まっていることをご存じですか?ここではお中元を贈る適切な時期と、時期を過ぎた場合は暑中見舞いとすることや、お中元のお返しなど、お中元に関するマナーもあわせて説明します。



お中元を贈る時期は?

7月1日~15日に贈るのが一般的

お中元を贈る時期は地方によって違います。北海道では7月15日~8月15日、東日本(東京・東北など)では7月1日~15日、西日本(東海・関西・九州など)では8月1日~15日までとされています。

しかし近年はどの地方でもお中元を贈る時期が早まってきており、6月下旬~7月15日頃までに贈ることが一般的になってきました。贈る時期に迷う場合は、7月1日~7月15日までを目安に考えるのがよいでしょう。

7月15日を過ぎたら「暑中見舞い」とする

7月15日を過ぎたら、表書きを「暑中お見舞い」または「暑中お伺い」として贈るのが一般的です。

立秋を過ぎたら「残暑見舞い」とする

8月7日頃に訪れる立秋以降は、表書きを「残暑お見舞い」または「残暑お伺い」として贈ります。

お中元を贈る時のマナーを紹介

「のし紙」のマナー

お中元には「のし」を掛けます。郵送や宅配で送る場合は、のしが外れないように品物にのし紙を掛けてから包装する「内のし」が一般的です。水引のデザインは5本か7本の紅白蝶結びを選び、上段に「お中元」、下段には贈り主の名前をフルネームで書きます。

「手渡し」する時のマナー

お中元は本来は持参して、夏のご挨拶とともに手渡すのがマナーです。事前に訪問時間を打ち合わせてから持参するようにします。持参する時の「のし紙」は、品物を包装した上からのし紙をかける「外のし」とするのが正式な掛け方です。

「郵送や宅配」のマナー

本来は先方宅に直接持参するのが慣例ですが、昨今はデパートから直送したりインターネット注文で宅配したりすることが一般的となっています。身内や親しい人へ送る場合は、送ったことを電話やメールで連絡しても差し支えありませんが、ビジネスの取引先やお世話になっている目上の人などへ送る場合は、贈り物に挨拶状を添えるか、品物とは別に手紙やはがきの挨拶状を送るのがマナーです。

「喪中」の時のマナー

お中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるものであるため、贈る側と贈られる側のどちらが喪中の場合でも、お中元を贈ることはマナー違反ではありません。その場合は華やかな品物は避けるようにします。

しかし四十九日までは控えた方が無難とする考え方もあります。その場合は時期をずらして「暑中お見舞い」や「残暑お見舞い」として贈るのがよいでしょう。

「お返し」のマナー

お中元にはお返しの必要はありませんが、届いたということとお礼を伝えるためのお礼状をすぐに送るのがマナーです。相手との関係性から、電話やメールで伝えることもあります。

お返しの品物を贈る場合は、先に説明したお中元の時期内であれはお中元として、時期が過ぎていれば暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ります。お返しの品物を贈る場合でも、お礼状は忘れないようにしましょう。

お中元のお礼状の書き方は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。
「お中元のお礼状」書き方と例文テンプレート!暑中見舞い文例も

「お中元の贈答状」文例を紹介

お中元を郵送や宅配で送る時は、贈答状を同封するか、別に手紙やはがきで郵送します。状況別の文例を紹介します。

取引先に送る

拝啓 向暑の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
 日ごろは格別のご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。
 本日、お中元のしるしまでに〇〇店より〇〇を送らせていただきました。ご笑納いただけましたら幸いに存じます。
 酷暑の折、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

敬具

上司に送る

拝啓 いよいよ夏本番を迎えましたが、〇〇様はじめご家族様には、お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
 いつもひとかたならぬご指導をいただきまして、心よりお礼申し上げます。
 本日、心ばかりのお中元のご挨拶までに、〇〇店より〇〇をお送り申し上げました。ご笑納いただけましたら幸いに存じます。
 暑さに向かう折から、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

敬具

※お中元を贈る手紙では、時候の挨拶、日ごろのお礼、贈り物について、の3点が欠かせません。結びの言葉には繁栄を願う言葉や、健康を気遣う言葉を書きます。

お中元の豆知識を紹介

お中元の起源

古代の中国において、7月15日を「中元」といい、祖先に供え物をする風習があったことが日本のお中元の起源です。日本のお盆と中元の時期が重なっていることから風習が取り入れられ、贈答の習慣ができたとされています。江戸時代にはお世話になっている人への贈り物に変化し、現在のような習慣に定着したようです。

お中元の相場と品物

お中元は、3,000円~5,000円程度の品物が一般的です。友人やご近所の方へ気軽に贈る時は3,000円程度、上司や目上の方へは5,000円程度の品物を贈ることが多いようです。お世話になっている取引先などへは10,000円程度の品物を贈ることもあります。

贈る品物は季節感のあるものを選びます。取引先に贈る場合は競合他社の商品を控えたり、配りやすいものにするなどの配慮が必要です。

まとめ

お中元の時期は地方によって1ヵ月程度のずれがありましたが、近年は7月1日~7月15日までに贈るのが一般的になってきています。7月15日を過ぎたら暑中見舞い、立秋を過ぎたら残暑見舞いとして贈ります。

近年は手渡しせずに店舗から直送することが一般的となってきました。その際は贈答状を添えるか別に挨拶状を送ることを忘れないようにしましょう。