「早速」の意味とビジネスでの使い方!迅速や早々との違いも解説

日常会話でよく耳にする「早速」ですが、ビジネスシーンにおいてはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?また「早速」の使い方やビジネスでの応用の仕方、類義語としてよく使われている「迅速」や「早々」との意味の違いも解説してまいります。



「早速」の意味

「早速」の意味とビジネスで使う場合の意味

日常でもよく耳にする「早速」という言葉は「すぐさま」「すぐ」「直ちに」ですが、ビジネスシーンにおいての「早速」は「ある事に応じてすぐに」という、対応が早いという事を意味する言葉となります。また、会議や書面上で冒頭に「早速」を使う場合は、本題に入る際の注意を促す接続語としても用いられます。

「早速」を使う場面

ビジネスシーンにおいて「早速」を使う場面は、依頼された事柄に対してすぐに対応するという主旨を伝える際に使います。「早速対応致します」「早速検討いたします」のように、目上の人にも目下の人にも幅広く用いることができます。

また、会議や会話などで速やかに本題に入る場合や、話しの流れを変える場合には「早速ですが」という接続語としても用いることができます。この場合の「早速ですが」は要点や本題に入る際の注意を促す意味で使います。

ビジネスシーンにおいて「早速」や「早速ですが」は、話し言葉にも書き言葉にも使える上、相手も選ばないので幅広く汎用できる言葉と言えます。

「早速」の使い方とビジネスでの応用の仕方

文頭で使う場合

「早速」を文頭や話しの冒頭で使うと、本題に入る場合や、話の流れを変える場合の起こし言葉として用いられます。「早速本題に入ります」や「早速案件を進めてまいります」など要件を伝える際に使うと、これからすぐに話しの重要な部分に触れるという事が相手に伝わり、注意を促すきっかけの言葉となります。

依頼や要求への応答

依頼された案件や、要求への応答の状態を表す場合にも「早速」を使うことができます。「先日ご依頼の件、早速取り組まさせていただきます」「承りました、早速対応致します」「お荷物の方、早速手配致します」などのように、すぐに対応するという意志を伝えることができます。

「早速ですが」の使い方

ビジネスシーンでは、「早速」と同様に「早速ですが」という表現もよく使われています。「早速」を冒頭に使う場合と同様、起こし言葉やこれから本題に入る旨の注意を促す言葉として有効に使う事ができます。また話題を切り替える場合の接続語として使う場合があります。

「今回のご依頼、誠にありがとうございました。早速ですが報酬の件をお伝えいたします」などのように、本題に入るための接続語として使える上に、相手にこれから要件を伝えるので注意して聞いて欲しい旨が伝わります。

「早速」と「迅速」「早々」との違い

Businessman walking with arrows on the background and briefcase on his hand

「迅速」の意味・使い方

「迅速」の意味は、「物事の進み具合や進行が非常に速いこと」となります。

  • 迅速な対応ありがとうございます
  • 迅速な作業に感銘を受けました

「早速」とは類義語になりますが、より速さを強調できる言葉となります。また取り扱いも「早速」と同じく目上や目下関係なく使う事ができます。

「早々」の意味・使い方

「早々」は「そうそう」・「はやばや」と読む事ができ、「速い」「すぐ」という意味で「早速」の類義語となります。「早速」・「迅速」との違いとしては、目上の人や取引先に対しては失礼にあたるので使えないという点です。

  • 早々に進めます
  • 早々(はやばや)と切り上げる
  • 新年早々

など、相手ではなく自分の行動に対して使うのが一般的です。また、話し言葉として気楽に話せる関係の人(目上ではない人)に対して使う言葉となります。

「早速」「早速ですが」の類義語

ビジネスマンと時計 スタジオ撮影

ビジネスで使える「早速」の類義語

自分の行動を速く行うという意味での類義語

  • 早急に対応致します
  • 直ちに伺います
  • すぐさま駆けつけます
  • 大至急手配いたします
  • 取り急ぎ送付いたします

 

相手の速い対応を表す類義語

  • 迅速な対応ありがとうございます
  • 速やかなご指示ありがとうございます
  • 大変恐縮ですが、早急(さっきゅう)なご対応を宜しくお願い申し上げます

 

ビジネスで使える「早速ですが」の類義語

「早速ですが」の類義語は「早速」と同様、「早い」という意味の類義語とは別に、話しの転換の際に接続語として使用します。以下のような表現で言い換えることが可能です。

  • さて
  • つきましては
  • ところで

 

「早速」「早速ですが」を使った例文

冒頭に使い、話しの本題や要点に入るための起こし言葉として使う場合

  • 早速会議を進めたいと思います
  • 早速の対応、誠にありがとうございます
  • 早速執り行わさせて頂きます
  • 早速ですが、本題に入りたいと思います
  • 早速ですが、先日の結果を報告させて頂きます

話しの転換、接続語として使う場合

  • 先日の講演、誠にありがとうございました。早速ですが、報酬の件に関しまして〜
  • 本日のご来場誠にありがとうございます。早速ですが、ご来賓の紹介に移りたいと思います
  • 以上の点を踏まえてお使いください。早速ですが、この商品の価格のご案内を致します

まとめ

ビジネスシーンでの「早速」や「早速ですが」の使い方をご紹介してまいりました。対応や行動がとても速い様を表す丁寧な表現として、目上や目下に関係なく幅広く使える言葉でした。また、話しの冒頭で注意を促すための言葉としてもビジネスシーンではよく使われています。「応じて直ぐに」対応する事を表す表現として「早々」や「迅速」とは区別して使い分けるのも、マナーとして覚えておかなければなりません。このように敬語の正しい「使い方」と「使い分け」は、社会人としての大切なスキルとして日々研鑽していきましょう。