「テロップ」とは?素材・デザインに注目&「スーパー」との違いも

テレビ番組に映し出される文字情報「テロップ」。見ないことはないというほどに活用されていますが、この「テロップ」という言葉はどのように生まれたのでしょうか。また同じような意味合いで使われる「スーパー」とは何が違うのでしょうか。

そこで「テロップ」の意味と語源、そして「スーパー」との違いを解説します。



「テロップ」の意味と語源

「テロップ」とは「テレビ映像に重ねる文字情報」

「テロップ」とはテレビ放送で、テレビカメラを通さないで映し出される画像や字幕のことです。

しかし実際には、テレビ映像に重ねて映し出される文字情報を「テロップ」と呼ぶことが多いです。

「テロップ」の使われ方

テレビ番組の内容をわかりやすくするために「テロップ」は使われています。番組出演者のコメントを活字化したり、映し出される画像を補足的な説明を加えたりします。

また耳の聞こえない人にとっては番組内容を理解するために役立つという役割もあります。

元々は「画像や字幕などを送信する装置」の意味

また「テロップ」は、このテレビカメラを通さない画像や字幕などを送信する装置自体のことも指します。

もともと「テロップ」は「テレビ投射映写機」という意味の「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」の略語で、テレビ映像に文字を重ねて映し出す機械の名称でした。この「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」はアメリカの3大テレビネットワークの一局であるCBSがGRAY社と共同開発して、商標登録もされています。

投影機の名称だったのが、いつしかテレビ映像に重ねて映し出す字幕や画像そのものが「テロップ」と呼ばれるようになり現在に至ります。

なお、今ではテロップを映し出すのに「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」は使われずに、デジタル編集でテロップが作られています。

「テロップ」は英語で「telop」

「テロップ」は英語にすると「telop」になります。

「テロップ」が「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」の略語だとすでに説明しましたが、その「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」を英語表記した「television opaque projector」の頭文字を取って「telop」となりました。

あまり見慣れない「opaque」は形容詞または名詞として用いられて、その意味は形容詞なら「不透明な」や「くすんだ」という意味であり、私たちの理解に関してなら「不明瞭な」や「理解できない」という意味があります。

「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」に使用されていたテロップを映し出すための紙が不透明な色をしていたことから、この「opaque」という表現が入っています。

「テロップ」と「スーパー」の違い

両方とも「画面に表示される文字などの画像」

「テロップ」も「スーパー」もテレビカメラを通した画像に重ねられて映し出される文字などの画像という意味で同じです。

しかし、それらの言葉の成り立ちに違います。

「スーパー」は「画像の合成」という意味

「スーパー」は英語の「スーパーインポーズ」(superimpose)の略語で、「重ねる」という意味です。つまり「スーパー」はカメラで撮られた映像と別の映像を重ね合わせる、すなわち「画像の合成」という意味で使われています。そのためその重ね合わされる画像は、文字や写真など形態は問いません。

また背景となる画像に文字を合成したものを、特に「字幕スーパー」と言います。

テレビ番組で合成された文字を「テロップ」

一方「テロップ」は背景画面に合成された文字のことを指すことが多いのですが、視聴者からすれば「スーパー」も「テロップ」も背景画像に重ね合わされて映し出される文字などの画像という意味で同じです。

ただし映画ではなく、テレビ番組で合成される文字のことを「テロップ」と呼ばれることが多く、また語の成り立ちとして「テレビジョン・オペーク・プロジェクター」の略語ということで「スーパー」とは違います。

テロップの作り方がもてはやされる理由

動画編集をしたい人が増えている

ビデオカメラなどの動画を撮る機械などが一般的に普及して、単に動画を撮るのではなく、それをさらに編集したいという人が増えています。また昨今のYouTubeの人気も後押ししているようです。

そんな中で注目されるのが「テロップ」です。

テレビ番組でおなじみのテロップを自分の撮った画像に盛り込むことで、よりプロが編集したような動画作りができるようになるからです。

動画編集ソフトでフォントも簡単にチョイス

個人ユーザー向けに市販されているパソコンにも、あらかじめ動画編集ソフトもインストールされていることがあります。そうした動画編集ソフトを使えばテロップを作ることができます。

背景となる映像に合わせたテロップのフォントを選んで装飾したり、テロップの表示時間も編集することができます。

テロップベースで映像をより華やかに

テロップ表示に使われる「テロップベース」というテクニックは、テロップの下敷きとなる枠組のことで「枠テロップ」や「帯テロップ」と呼ばれることもあります。

テロップベースの作り方は、四角などの図形を画面上に挿入することでできます。その上にテロップを重ねることで、画像全体を華やかに見せる効果があります。

フリーの素材をオンラインで取得

またテロップベースの素材などは、オンライン上で無料で提供しているサイトも数多くみられます。

手持ちの動画編集ソフトと組み合わせて使うことができる素材も多く提供されているので、興味があれば検索してみてください。

まとめ

「テロップ」はテレビ番組でテレビカメラで撮られた背景となる画像に重ねて映し出される文字などの画像のことです。しかし一般的には写真などの画像ではなく、文字情報のみを「テロップ」ということが多いです。