「寸志」の意味とは?「ボーナス」との違いや正しいマナーを紹介

社会人になると時々目にする「寸志(すんし)」。突然頂いた封筒に「寸志」と書かれていると、初めて目にするときは戸惑うかもしれません。この「寸志」という言葉は正しく使わないと失礼にもなってしまいます。

今回は「寸志」の意味と、金額の相場や渡し方・のしのマナー、「ボーナス」との違いも紹介します。

「寸志」の意味とは?

「寸志(すんし)」の意味は「少しの気持ち」

「寸志」は「少しの気持ち」や「わずかの厚意」という意味で、読み方は「すんし」です。贈り物をするときには、「心ばかりの贈り物」「ちょっとした気持ちを込めた贈り物」という意味でも使います。お金を入れた封筒や、品物の「のし」に「寸志」と記載して渡すことが多いです。

「寸」は、長さの単位ですが、「短い」や「ほんの少し」という意味も持っている漢字です。「志」は、「相手のためを思う気持ち」や「相手を慕う気持ち」という意味があり、「好意を表すために贈るお金や品物」を指すこともあります。

「寸志」には、「少しの贈り物」という意味がありますので、基本的には金銭や贈り物を送る側がへりくだって使う言葉です。

「寸志」を渡す場面は「歓送迎会」「結婚式」など

ビジネスでは、歓送迎会や宴会で「寸志」を渡す場面があります。基本的には部長などの目上の方が、幹事に会費の足しにするように渡します。

また、会社によっては「ボーナス」の代わりに「寸志」が渡されることもあります。入社したばかりなど、ボーナスの支給がない人に少額ですが、渡しています。

プライベートでは、結婚式や葬式などでお手伝いをしていただいた方に「寸志」を渡すことがあります。

失礼にならない「寸志」のマナー

「寸志」は目上の人が目下の人に渡すもの

「寸志」は目上の人が目下の人に渡すのがマナーです。例えば、上司から部下へ、先輩から後輩へ、先生から生徒へといった関係です。

もし目下の人が目上の人に、お金や贈り物を渡すときには「御礼」や「ご挨拶」などの言葉を使うとよいでしょう。間違って「寸志」としてしまうと大変失礼になります。

「寸志」の相場は1,000円~10,000円

「寸志」の相場は1,000円~10000円です。歓送迎会の場合は、会費と同程度か、少し多めの金額を支払うことが多くなります。会費が4,000円であれば、少し上乗せして7,000~8,000円程度となるでしょう。

結婚式に関しては、割り切れる数字(2)と縁起がよくないとされる数字(4・9、※死と苦を連想させるため)は避けることがマナーです。3,000円や5,000円、7,000円のようにTPOにあわせて調整するとよいでしょう。

「寸志」の渡し方

寸志を渡す際は、まず白封筒やのし袋(贈り物の場合はのし紙)を用意します。ビジネスシーンであれば白封筒で問題ありませんが、結婚式と葬式ではそれぞれシーンに応じた封筒やのし紙を準備できるとよいでしょう。表書きには黒の太字で「寸志」と書いて、その中に金銭を入れます。

寸志を渡す当日は、行事を行う前に目立たないように渡すとスマートです。また寸志は「お礼」として渡すものですので、お礼の言葉を添えるとより丁寧でしょう。

受け取った側は「寸志の報告」に要注意

歓送迎会などで、目上の人から寸志をいただいたことを報告したり、お礼を言うこともあるでしょう。その際に「寸志をいただいた」という表現はマナー違反です。

お金や贈り物を渡すときに使う「寸志」は、基本的には「少ないものですが」というへりくだった言葉です。渡す側がへりくだって言っているのであって、受け取った側が「少ないものをいただいた」というのは大変失礼です。

「寸志」をいただいたら、「お志(おこころざし)をいただいた」や「ご厚意をいただいた」という言葉遣いに変えましょう。

「寸志」と「ボーナス・賞与」の違いとは?

「寸志」は「少しの気持ち」という意味合いが強い

「寸志」と「ボーナス・賞与」の違いは、はっきりと決められているものではありません。しかし、使われる場面としては、「寸志」の方が「少しの気持ちを込めた贈り物」という意味合いが強いでしょう。

「ボーナス」は、「賞与」と呼ばれることもあります。どちらも会社から社員に、毎月支払う給料以外で支払うお金のことを指しており、多くの会社では夏と冬に2回支給しています。

これに対して「寸志」は、あくまでも「心ばかりの贈り物」という意味になります。ボーナスが支払われる基準に達していない人に、会社が感謝の気持ちとして「寸志」を渡す場合などが多いです。

「寸志」はボーナスよりも少額の場合が多い

金額に関しては、寸志はボーナスに比べると少額であることが一般的です。これは先に説明したとおり、目的として「ボーナスの代わりとして渡す」場合が多く、ボーナスには満たないものと考えられるためです。

勘定科目や税金の扱いは「賞与扱い」で同じ

「寸志」と「ボーナス・賞与」の共通点は、「会社から社員に支払うお金」という点です。特に会社の経理上では、どちらも「賞与」として処理できます。

また、「寸志」を受け取った社員は、「賞与」を受け取ったのと同じ扱いになりますので、税金の対象にもなります。

まとめ

「寸志」は、「少しの気持ち」や「わずかな厚意」という意味の言葉で、「少額のお金や贈り物」のことも指しています。渡すときに、お金を入れた封筒や、贈り物につける「のし」に「寸志」と記載します。

「寸志」は、目上の人が目下の人に渡すのがマナーで、頂いた側は「ご厚意をいただいた」など「寸志」を「ご厚意」と言い換えて御礼や報告をする必要があります。マナーを守ってスムーズに「寸志」のやり取りをしましょう。