「わかりかねる」の意味と使い方!敬語表現や漢字についても解説

相手からわからなことを尋ねられた時などに使う「わかりかねる」という言葉。一般生活ではあまり使わない言葉ですが、ビジネスシーンで用いられることもしばしば。

一見、丁寧な言い回しの言葉ですが、実は使い方によっては失礼にあたることも。そこでここでは、「わかりかねる」という言葉の意味や適切な使い方について、ご紹介いたします。



「わかりかねる」の意味

「わかりかねる」の意味は「わかることが難しい」

「わかりかねる」という言葉は、「わかる」という言葉と「かねる」という言葉を組み合わせた言葉です。「わかる」はそのままの意味ですが、「かねる」には「できない」や「難しい」、「困難」などの意味があります。

そのため、「わかりかねる」は「わかることができない」「わかることが難しい」「わかることが困難」などの意味になるのです。

「わかりかねる」の使い方と敬語表現

「わからない」の丁寧な表現として使う

「わかりかねる」という言葉をビジネスシーンのなかで使う場合、単純に「わからない」という言葉と置き換えて使うことになります。「その件はわかりません。」という言葉を「その件はわかりかねます。」と表現することで、丁寧な言い回しにすることができます。

「わかりかねる」の敬語は「存じ上げない」

「わかりかねる」という言葉の敬語表現は単純に「わかりかねます」になります。ただし、「わかりかねる」の類語に「存じ上げない」という言葉がありますので、「わかりかねます」よりも「存じ上げません」という言葉のほうが、より丁寧な言い回しになります。

「存じ上げない」の「存ずる」という言葉は、「知る」などの謙譲語にあたります。そのため、敬語として「わかりかねる」を使う場合は「存じ上げません」と表現するのがよいでしょう。

ただし、「わかりません」、「存じ上げません」は、単純に「わからない」ということを意味しますが、「わかりかねます」は「わかることが難しい」と表現することになりますので注意が必要です。

「わかりかねる」の例文

「わかりかねる」を使った例文には以下のようなものがあります。

  • 恐れ入りますが、私ではわかりかねます。
  • その件に関しては、担当が違いますのでわかりかねます。
  • この商品に関しては、こちらではわかりかねます。

このように「わかりかねる」のほとんどは、「わからない」や「存じ上げない」に置き換えることができます。

「わかりかねる」を使う際の注意点

「分かりかねる」の漢字表記

メールなどの文章で「わかりかねる」を使う場合、「分かりかねます」や「解りかねます」、「判りかねます」などのいくつかの漢字表記があります。

「分かる」という漢字表記は一般的に使われており、凡庸性もありますが、「解る」は「理解できる」、「判る」は「判別できる」という意味をそれぞれ持っています。

そのため、それぞれの状況で使い分けても構いませんし、「わかりかねます」とひらがなで表記しても、失礼だと感じる人はいませんので、自信のない方はひらがなで使うのがよいでしょう。

「かねる」の使い過ぎに注意

「わかりかねる」という言葉をビジネスシーンの中で使う場合、使い過ぎには注意が必要です。いくら「わからない」ということを丁寧に言い回したところで、否定していることには変わらないのです。

また、「わかりかねる」だけでなく、「判断しかねる」や「理解しかねる」などの「かねる」には「難しい」や「困難」という意味も含まれています。そのため、相手によっては「わからない」という意味ではなく、「わかろうとすることが難しい」と捉えられてしまう場合もあります。

そういうことからも「わからない」という事実を正確に伝えることを考えるのであれば、やはり「存じ上げない」と表現したほうがよいと言えます。

「わかりかねる」の英語表現

「わかりかねる」を英語で表記すると

  • to be difficult to ascertain
  • to be difficult to understand

などになります。意味は「把握することが困難である」「理解することが困難である」などです。

まとめ

上司とのやりとりや、お客様とのやりとりで使うことの多い「わかりかねる」という言葉。当然失礼があってはいけない相手にたいして使うのですから、注意して使わなければいけない言葉のひとつだと言えます。

ここでご紹介させていただいた「わかりかねる」の使い方を、ご自身のビジネスシーンのなかで役に立てていただければ幸いです。