「ご自愛ください」の意味と正しい使い方は?ビジネス例文で解説

ビジネスメールや手紙の最後に、相手への労りの気持ちをもって綴る言葉に「ご自愛ください」があります。無意識のうちに使うことが多い言葉ですが、正しい意味を理解し、状況に合わせて適切に使うことが大切です。

今回のテーマは「ご自愛ください」です。ビジネスメールでの例文を用いながら、目上の方にも使えるかどうかなど、疑問にお答えしていきます。



ご自愛くださいの意味とは?

はじめに「ご自愛ください」の読み方と意味から解説しましょう。

読み方は「ごじあいください」

「ご自愛ください」はビジネスメールの他、相手と対面している時でもよく使う言葉ですが、漢字で書くと「ご自愛下さい(ください)」で、読み方は「ごじあいください」となります。

また、同じ読み方で「ご慈愛」がありますが、「ご慈愛」は「自分自身に対する思いや愛情」を表す言葉になるため、本来の意図する内容と正反対になります。ビジネスメールにおいて漢字を変換するときは意識して確認をするようにしましょう。

意味は「健康に気を付けてください」

「ご自愛ください」は「自分を愛する」つまり、相手に対し「自分を大切にしてください」「自分の健康に十分気を付けて下さい」という意味になります。

「ご自愛ください」は相手の身体を気遣いを表す言葉として、ビジネスメールや手紙の結び部分ででよく用いられます。「どうぞ、体調を崩さず、元気でお過ごし下さい」という相手を思う気持ちを丁寧に表現することができるため、マナーのある社会人としては、ぜひ使っていきたい言葉でしょう。

ご自愛くださいの使い方は?

続いて、「ご自愛ください」の正しい使い方についてみてみましょう。「相手がどのよう状態の時に用いるべきなのか」、また「目上の人にも使えるのか」も含めて解説します。

風邪を引いている人には不適切

「ご自愛ください」がもつ言葉のニュアンスから、風邪を引いて体調を崩していたり、入院をしている人にも適切に使えるような気もします。しかし、「ご自愛ください」は基本的に「元気な人」「健在な人」に対して使われる言葉です。そのため、「現在維持している健康を、どうぞお守りください」「体調を壊さないように、気を付けてください」という意図で用いるのが正当な使い方になります。

なお、風邪を引いていて仕事を休んでいたり、入院をしている人に対しては、「心からお体の回復をお祈りしています」「一日も早い復帰を願っております」などの表現を使うようにしましょう。

目上の人にも使える

上司や取引先の相手に「ご自愛ください」を使っても失礼にあたらないのか、疑問に感じた人もいるでしょう。なぜなら「自分を労わって下さい」という目下の立場から目上の人に果たして告げることができるかどうかと困惑してしまうことがあるからです。

「ご自愛ください」は目上の人でも、同じ立場にいる人でも、ほぼ関係なく使うことができる便利な言葉の一つです。心から相手の健康を思いやる丁寧な表現として、上司や取引先の相手にも「健康への気遣いの気持ち」を積極的に投げかけてみましょう。

年賀状や手紙の結びにも

「ご自愛ください」は年賀状や手紙での結びの言葉としても好んで使われます。遠方に住んでいる友人や知人などに、健康への気遣いを表す言葉として「ご自愛ください」を用いてみましょう。

年賀状を書く季節は冬となり、寒さも厳しくなります。時候の挨拶と「ご自愛ください」を組み合わせ、「どうぞ体を労わり、新年はいつもと変わらぬ元気なお姿をお見せください」という思いを伝えてみて下さい。

ご自愛くださいの例文12選(季節別)

それでは、春夏秋冬に合わせたビジネスメールで使える例文を紹介しましょう。

春の例文「3月~5月ごろ」

草花が咲き乱れる美しい季節です。

  • 天候が変わりやすい時期、どうかご自愛ください。
  • 浅春の時節柄、くれぐれもご自愛ください。
  • 春寒料峭のみぎり、体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。

の例文「6月~8月ごろ」

梅雨を迎え、厳しい暑さが始まります。

  • 梅雨冷えが厳しい時節柄、くれぐれもご自愛ください。
  • 蒸し暑さが増します折、どうかご自愛くださいませ。
  • 酷暑の中、何卒ご自愛ください。

の例文「9月~11月ごろ」

暑さも落ち着き、涼しくなり始める時期です。

  • 夏の疲れを感じる時期、どうぞご自愛ください。
  • 残暑厳しき時節、くれぐれもご自愛くださいませ。
  • 秋も深まり心も静まる季節なりましたが、何卒ご自愛ください。

の例文「12月~2月ごろ」

寒さが厳しく、体調を崩しやすい時期です。

  • 厳寒の折柄、どうぞご自愛ください。
  • 極寒の冬を迎えておりますが、時節柄ご自愛くださいますように。
  • 暖冬とはどこへやら。寒さが増しますが、どうぞご自愛ください。

ご自愛くださいの類語と英語表現

言い換えのできる表現「類語」と英語表現もみてみましょう。

言い換え表現は「体調を崩されないように」

「自愛ください」は人に対して身体を大切に促すことです。類語としては「くれぐれも体調を崩されないように」「お体をお労りください」「お体を大切にしてください」などが挙げられるでしょう。

  • 天候不順が続きますが、お体を大切にしてください。
  • 暑さが日に日に増してくる時節、くれぐれも体調を崩されませんように。

英語表現は「take care of ~」

英語表現で「ご自愛ください」は「please take care of yourself」が一般的です。このフレーズは普段から日常的に会っている人でも、別れ際に「Please take care of yourself」と「体を大切にね」という意味を込めてよく使われます。友達や親しい間柄なら「Take care」と気軽に言葉をかけてあげてもよいでしょう。

  • Please take care of yourself and have a great weekend.
    どうぞご自愛ください。そして、良い週末を

まとめ

「ご自愛ください」は「相手の健康を気遣い、体を大切にしてください」という意味を持つ言葉です。通常、健康な人に対して使われるため、風邪を引いていたり体調を崩している人には適切な言葉ではありません。そのため「一日も早いご回復を祈っております」などに言い換えることが必要です。

年賀状や手紙、ビジネスメールでも相手の健康を気遣う「結びの言葉」として重宝する言葉です。ぜひ、マナーを重んずる社会人として積極的に使ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。