「青天の霹靂」の意味と由来は?正しい使い方と類語・対義語も紹介

「青天の霹靂」という言葉がありますが、見聞きすることあっても、実際に使うとなると意味や使い方にあいまいさを感じることはありませんか?

ここでは「青天の霹靂」について意味と由来、正しい使い方を、例文を使って紹介しています。早速、類語や英語表現とあわせて解説していきましょう。



「青天の霹靂」の意味と由来は?

まず「青天の霹靂」の意味と由来からみていきましょう。

意味は「予想外の事件が起きること」

「青天の霹靂」の意味は「予想外の事件が起こること」「予測もしなかったような変化が起こること」です。

「青天の霹靂」の「青天」は「晴れ渡った青空」「空が澄みきっている状態のこと」で、「霹靂」は「突如として雷が激しく鳴り響くこと」を指しています。

「青天の霹靂」とは言葉通り、「青天からは予測できないような、突然の雷に見舞われること」つまり「突然受けた衝撃」のたとえなのです。

由来は「陸游の詩」から

「青天の霹靂」は詩人「陸游」が書き下ろした詩の一部「四日夜鶏未鳴起作」の「青天に霹靂を飛ばす」に由来していると言われています。

陸游は中国・南宋を代表する有名な詩人で、文学史上では巨匠とも呼ばれた人物です。生涯に綴った詩は9200首を超えると言われ、政治家としても活躍をしていた著名な活動家でした。もちろん「青天の霹靂」は故事成語にもなっています。

「晴天の霹靂」は間違い

「青天の霹靂」で最も多い思い違いは漢字の書き方です。青天の意味するところが「晴れ渡る空」つまり「晴天」であるため、「晴天の霹靂」と誤用してしまうことがあります。意味としては通じるものの、陸游の歌った詩に沿えば「青天」が正しい漢字となります。文章で綴るときは、この点だけ気を付けましょう。

「青天の霹靂」の類語と対義語は?

続いて「青天の霹靂」の類語と対義語について紹介します。

類語は「寝耳に水」「藪から棒」

「青天の霹靂」の類語は「寝耳に水」「藪から棒」「窓から槍」「足元から煙が出る」などです。どれも「予想しないことが突然起こること」をたとえたことわざとなります。

  • 部長が海外転勤になるとは、まさに「寝耳に水」のような話である。
  • 同僚が「藪から棒に」関係のない話題を持ち出してきた。
  • 「足元から煙が出る」ような話なら、今は聞きたくないよ。

対義語は「予定調和」

「青天の霹靂」の対義語にあたると考えられるのは「予想外に突然起こること」の反対の意味になる「予定調和」です。「予定調和」は「予想する流れに従ってものごとが進み、結果についても予想通りである様子」を意味しています。

  • 今回のイベントは企画から進行、終わりに至るまで全て「予定調和」であった。
  • 予定調和に事が動けば、トラブルシューティングをする必要もなかっただろう。

「青天の霹靂」の使い方と5つの例文

続いて「青天の霹靂」の正しい使い方と気を付ける点を挙げながら、わかりやすい基本例文を挙げてみましょう。

ささいなニュアンスの違いに注意

「青天の霹靂」は日常におけるちょっとした変化から、ビジネスシーンにおけるシリアスな出来事まで、幅広い状況で意味を成して使われる言葉です。しかし、ものごとの内容において見てみると、一般的に突然とは言えない事項に関しては、違ったニュアンスが生まれてしまうこともあります。

たとえば、「予想もしていなかったケーキを戸棚で見つけた。青天の霹靂だ」とするのは、やや間違った使い方だと言えます。むしろ、この場合は苦労をせずに幸運に巡り合えたという意味の「棚から牡丹餅」の方が適語だと考えられるでしょう。

「青天の霹靂」の基本例文5つ

  • 本社勤務が長かった同僚が、支店への転勤を命じられた。まさに「青天の霹靂」である。
  • 別れた彼女と5年ぶりにばったり会ってしまった。これは「青天の霹靂」以外の何物でもない。
  • 「青天の霹靂」とも言うべきなのは、社長に正社員としての雇用を持ち掛けられたことだ。
  • 「青天の霹靂」とは、取引先から願ってもない大口契約をもらうことだ。
  • 突然発表された会社の合併は、社員にとって間違いなく「青天の霹靂」であった。

「青天の霹靂」は英語表現できる?

日本独特の表現である「青天の霹靂」ですが、英語で表現するとどのようなフレーズになるのでしょうか?

英語では「out of the blue」で表現

英語で「青天の霹靂」を表現するときは「out of the blue」が一般的です。「out of the blue」は主に口語で頻繁に用いられる表現となりますが「突然起こる」「ビックリした」「予想もしていない」というニュアンスで日常的に使われています。「out of the air」も同様の意味です。

また、フランクな表現では「bombshell」でもよいでしょう。ビジネスでは「全く突然に」を意味する「all of sudden」が適切です。

「青天の霹靂」の英語例文

応用できる英作文もみてみましょう。

  • She came out of the blue.
    彼女が現れたのは、青天の霹靂だ。
  • My boss told me that I am going to be transferred to the branch in Paris.What a bombshell.
    ボスからパリ支店への転勤を言い渡された。何と言う「青天の霹靂」であろうか。

まとめ

「青天の霹靂」は「予想外の事件や変化が突如として起こること」を意味する故事成語です。日常生活でも職場でも使われる表現であり、おおむね「突然の出来事でショックを受ける、ビックリする」という状況の時に使われます。

類語には「寝耳に水」「藪から棒」などがあり、状況によって上手に使い分けをするのもよいでしょう。さながら、職場では良い意味での「青天の霹靂」が起こってほしいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。