「勝てば官軍(負ければ賊軍)」の意味とは?由来や類語を紹介

「勝てば官軍」とは、勝負の内容はどうであれ「勝ちは勝ち」という意味で、あとには「負ければ賊軍」ということばが続きます。近年ではスポーツや勝負ごとなどで姑息な勝ち方をしたチームを揶揄して使われることも多いですが、本来の意味はすこし違っています。ここでは「勝てば官軍」ということばの意味や由来についてまとめます。



「勝てば官軍」の意味とは?

意味は「勝てば正義」

「勝てば官軍」とは、実際の道理とは無関係に、勝負に勝ちさえすれば正義の名を獲得できるという意味の故事成語です。ことスポーツにおいては「明らかに誤審なのに判定が覆らなかった」という批判や、「勝負には勝ったけど見応えのない一戦だった」「勝ちにこだわりすぎて内容のない試合だった」といったニュアンスで用いられることも多いですが、本来は勝者を褒め称えたり貶したりするのではなく「それが世の常である」と達観する表現です。

官軍は「君主に属する正規軍」

「官軍(かんぐん)」とは、歴史上その時代の最高権力に属する正規の軍隊のことで、官軍の「官」は国家など公の機関を意味します。日本では朝廷や天皇のことを指します。古来より天皇の意に反する勢力は「賊軍」と認定され、官軍は正義の名のもとに賊軍を討伐するという大義名分をもっています。

続きは「負ければ賊軍」

「勝てば官軍」には「負ければ賊軍(ぞくぐん)」という続きがありますが、省略されて使われることも多いです。「賊軍」は「官軍」の対語であり、自軍の正当性を主張する「官軍」によってそのように呼ばれます。朝廷の敵という意味で「朝敵(ちょうてき)」「逆賊(ぎゃくぞく)」と表現されることもあります。いずれも軍人にとっては不名誉な「討伐されるべき絶対悪」のレッテルです。

「勝てば官軍」の由来は?

「戊辰戦争」における新政府軍と幕府軍の戦いが由来

映画「ラストサムライ」のモチーフにもなった戊辰戦争(慶応4年/明治元年)は、明治新政府軍と旧徳川幕府軍との間で戦われた日本国内最大にして最後の内戦です。

旧徳川幕府軍はもともと日本を統治しており、天皇からも認められる「官軍」でした。一方、戊辰戦争では、天皇は明治新政府軍を「官軍」と認めることになります。

この時、天皇は軍隊を持っておらず、戦争に勝ち統治権を握った側を支持することになるため、「勝てば官軍」という言葉が生まれたといわれています。

「勝てば官軍」の類語と対義語

類語は「適者生存」「弱肉強食」

勝負に勝つ者が正しいという意味では「適者生存」「弱肉強食」が「勝てば官軍」の類語です。本来の意味とは違いますが、勝つためならば道理や体裁にこだわらないという姿勢は「形振り構わず(なりふりかまざず)」です。同じく「小股取っても勝つが本(こまたとっても かつがほん)」は大相撲が由来のことわざで、みっともない手を使っても勝つことが一番という意味です。

対義語は「勝負は時の運」

勝つことが目的である「勝てば官軍」に対して、勝負ごとには運がつきものなので、必ずしも実力のあるものが勝つとは限らないというのが「勝負は時の運」ということばです。敗者にとっては慰めになり、勝者に対しては奢りを戒めるもので、「実力がないのに勝った」「勝てば官軍」と批判される者には「運も実力のうち」といって勝利を称えるときに使います。

「勝てば官軍」の使い方

「勝てば官軍」の例文

  • 「勝てば官軍、負ければ賊軍」の典型的な事例として知られる東京裁判は、戦勝国が敗戦国を裁くという不公正なものだった。
  • いつの世も正義は主観的なものでしかないが、「勝てば官軍」で強い立場の者は敵対者を悪とすることができる。
  • あのサッカーの試合を「勝てば官軍」と揶揄する評論家もいたが、監督や選手を素直に賞賛するファンも多かった。

「勝てば官軍」の英語表現

  • The result is everything.(結果がすべてだ)
  • The end justifies the means.(目的は手段を正当化する)
  • Might is right.(力は正義なり)
  • Winners take all.(勝てば総取り)
  • Everything is in flux.(万物は流転する:勝てば官軍、負ければ賊軍)

まとめ

「勝てば官軍」は「この世では強い者が正義」という意味で、「とにかく勝つことが大事」「勝つためなら手段を選ばない」というニュアンスで使われることもあります。一方、「勝てば官軍、負ければ賊軍」といった場合には「正しさの基準はその時々によって変わる」「今日の正義は明日の悪」「栄枯盛衰」といった意味合いが強くなります。