「拘泥」の意味とは?使い方や例文に類語・英語表現も紹介

皆さんは「拘泥(こうでい)」という言葉を見聞きしたことがありますか?「拘泥」は、強いこだわりや執着などを意味する言葉です。こう聞くとエネルギッシュで素晴らしいことのように思えるかもしれませんが、実は視野が狭まった状態を示すネガティブな表現でもあります。今回はこの「拘泥」について言葉の意味から使い方、例文や類語、英語表現などを紹介していきます。



「拘泥」の意味とは?

「拘泥」の読み方は「こうでい」

「拘泥」は「こうでい」と読みます。「拘」は拘束(こうそく)、拘留(こうりゅう)などの熟語でよく目にする漢字で、「とらえる」「捕まえてつなぐ」などの意味があります。「泥」は「どろ」という訓読みが馴染み深い漢字ですが、音読みをすると「でい」となります。「泥酔(でいすい)」などの熟語を見ればピンと来る方もいることでしょう。

「拘泥」とは「何かにとらわれること」

「拘泥」の「拘」は、何かにとらわれることを意味します。「泥」は動詞にすると「泥む(なずむ)」、これは一度何かに引っかかると、そのことが延々と気になってしまう状態を意味します。これら二つの言葉が合わさった「拘泥」は、物事に対する「非常に強い執着心」を表していると言えます。

「拘泥」の使い方

一つの物事に必要以上に執着するときは「拘泥する」

「拘泥」の一般的な用法として、「拘泥する」という動詞としての使い方があります。「拘泥する」とは一つの物事に必要以上に執着することで、周りの状況に目が行き届かなくなっている状態を意味します。視野が狭くなっている人や状態に対して使い方であり、ネガティブな響きを持ちます。

「拘泥」という名詞で、強いこだわりを意味する

「拘泥」は名詞のままでも使うことができます。「執着」や「こだわり」の意味になるため、「お金に対する拘泥」「過去の成果への拘泥」などの使い方が挙げられます。ただし、動詞として使う場合と同様に、あまりいい意味は持たないことには注意してください。

「拘泥しない」と否定表現でも使える

「拘泥」は「拘泥しない」のように否定表現で用いることもできます。「小さなことに拘らない」「視野が狭くない」と言った、逆の考え方となります。「格式に拘泥しない人」「勝ち負けに拘泥しない態度」などと言った使い方ができます。

書き言葉で「拘泥せず」とも使える

話し言葉では余り用いられませんが、メールやビジネス文書などの書き言葉では「拘泥せず」というフレーズで用いることもあります。「既成概念には拘泥せずに~」「細かいことには拘泥せず、~」などのような使い方があるので、硬めの文を書く際などには使ってみると良いでしょう。

「拘泥」を使った例文

「拘泥」を使った例文には、以下のようなものがあります。

  • 勝つことに拘泥し過ぎたために、私は長い間自分を見失っていました。
  • 彼は成功への思いに拘泥しており、失敗の可能性を頭に入れていませんでした。
  • 自分の過去に拘泥せずに、未来を見据えて一歩一歩努力を重ねて行きましょう。
  • 彼女はお金や権力には拘泥しない人格者である。
  • 私はあなたのような、あらゆる物事に拘泥しない生き方を見習いたい。
  • いい加減、過去に犯した罪に拘泥するのは止めにしましょう。

「拘泥」の類語

シンプルな類語は「こだわる」

「拘泥」の類語として最も広く使われているのは、「こだわる」でしょう。日常会話であれば「こだわる」で十分事足りますが、ややネガティブな深みのある意味を持たせたいときには「拘泥」を使う方法もあります。

「囚われる」「執心する」なども拘泥の類語

「拘泥」のその他の類語としては、「囚(とら)われる」「執心(しゅうしん)する」「固執(こしゅう)する」「堅持(けんじ)する」など様々なものがあります。

「拘泥」の英語表現

「拘泥する」は「stick to」など

「~に拘泥する」を英語で言いたい場合は、以下のような表現があります。

  • stick to ~
  • keep to ~
  • attach one’s mind to ~
  • adhere to ~
  • adhere rigidly to ~
  • be wedded to ~

「拘泥」は「adherence」など

「拘泥」という名詞を英語にすると、以下のようになります。

  • adherence
  • persistence
  • obsession

まとめ

一見すると難しく感じる「拘泥」という表現は、言葉の持つ意味から連想していくと「強いこだわり・執着心」を示すのだと理解しやすいでしょう。泥のように心身にまとわりつくこだわりは、ある意味では強固な意志とも言えますが、時には身を滅ぼすことにも繋がりかねません。ビジネス上では特定の物事に対してばかり拘泥しすぎずに、柔軟な思考も大事にしていきたいものです。