【時候の挨拶】3月 ビジネス文例と結び!上旬・中旬・下旬の例文

3月は冬の寒さがまだ残る上旬と、一日ごとに春めいてくる中旬、そして春の暖かさをいよいよ実感する下旬と、季節が冬から春へ移行してゆく月となります。

ここではそのような3月の時節の移り変わりごとに使える「時候・季節のあいさつ」を紹介するとともに、アレンジして使えるビジネスレターの例文も紹介します。

「時候・季節のあいさつ」は「〇〇の候」という漢語調と、語りかける口語調の2種類について紹介します。あわせて結びの言葉やシーン別の例文も紹介します。

手紙の基本的な書き方や構成の仕方は以下の記事を参考にしてください。
「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介



3月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」

3月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。

「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。」というように書きだします。

「浅春の候」【3月上旬~中旬】

「浅春の候」(せんしゅんのこう)とは、「寒さがまだ残る春の初めの時節」という意味です。3月下旬となると、本格的な春の到来を感じる頃となるため、中旬位まで用いるのがよいでしょう。

「春暖の候」【3月中旬・下旬~4月全般】

「春暖の候」(しゅんだんのこう)とは「春の暖かさを感じる季節」を表します。実際に寒い冬が終わり、春の暖かさを感じる季節に使います。地方によっては3月中旬でも雪が降ったりしますので、実際の季節感に合わせて使うようにします。

「春風の候」【3月中旬・下旬~4月全般】

「春風の候」(しゅんぷうのこう)とは、「春の穏やかな風が吹く時節」という意味です。実際の季節感に合わせて、暖かい風が感じられる季節に使います。中旬以降に用いるのがよいでしょう。

「早春の候」【3月全般】

「早春の候」(そうしゅんのこう)とは「春の始めの時節」を表します。暦の上の春は2月4日頃の「立春」を過ぎてからとなることにあわせて、「早春の候」は3月全般に使うことができます。

結びの言葉まで含めた「の候」の文例

「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。

儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文>も参考にしてください。

拝啓 早春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。

 さて、(主文)
 つきましては、(主文)

 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。

敬具

 3月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」

「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。

【3月上旬】の慣用句と結びの言葉

三寒四温の言葉どおり、冬が行きつ戻りつしている昨今ですが、〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
いつも身に余るお力添えをいただきまして、まことにありがとうございます。
<本文>
時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。
まずはとり急ぎご連絡まで。

※「三寒四温」(さんかんしおん)とは、三日位寒くて、次の四日位暖かい天候が繰り返される冬の現象を表す言葉ですが、春先の季語として使われています。3月上旬までに使うのがよいでしょう。

春なお浅く、朝夕はまだまだ冷え込みが厳しい今日この頃ですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は多大なご指導を賜り、心から感謝いたしております。
<本文>
時節柄、どうかお元気でお過ごしくださいますよう、お祈り申し上げます。
まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。

【3月中旬・下旬~4月上旬】の慣用句と結びの言葉

花の便りが聞かれる頃となりましたが、〇〇様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
いつも身に余るお力添えをいただきまして、厚くお礼申し上げます。
<本文>
春寒はまだひとしお、お体には十分お気をつけください。
まずはとりあえずご挨拶申し上げます。

【3月全般】の慣用句と結びの言葉

日ごとに春めいてまいりましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
いつもお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。
<本文>
春寒の折、皆様にはくれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。
まずはとり急ぎお知らせまで。

3月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文

3月の慣用句を使った、ビジネスで使える例文をご紹介します。今回は、取引関係へのお礼状の例文を紹介しますので、アレンジして使ってみてください。

「お礼状」の例文(3月)

拝啓 春風の候、貴店ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、このたびは… に際しまして、ひとかたならぬご協力をいただき、誠にありがとうございました。
 おかげさまをもちまして、…

 今後とも、変わらぬご指導、ご高配を賜りますようお願い申し上げます。
 まずは略儀ながら、書中をもってお礼申し上げます。

敬具

祝辞に対する「お礼状」の例文(3月)

拝復 春暖の候、貴社いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、このたびの…   にあたり、身に余るご祝辞を賜り、恐縮いたしております。社員一同より、厚くお礼申し上げます。
 これからも皆様に喜んでいただけるよう、全力を尽くしてまいる所存です。今後とも末永いご指導、ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
 まずは書中にて、略儀ながらお礼申し上げます。

敬具

※「拝復」は返事の手紙の時、はじめに書くあいさつの言葉です。

まとめ

3月は、2月までの冬の時候の挨拶と、4月からの春の時候の挨拶の間に入る、移り変わりの時候の挨拶の月です。実際にはまだ寒さが続いていても、上手に「春」の字を挨拶に入れて、華やいだ気分を共有したいものです。

また、3月はいよいよ花が咲き始め、「花の便りが聞かれる頃」という挨拶が始まります。「桜」が登場するのは4月で、「梅」は一般的に2月に使われるため、3月の花の代表として「桃の花」が使えます。他にも地方の春の風物などがあれば、うまくアレンジして使ってみるのもよいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

趣味は読書とヨーロッパ旅行です。ドイツには5年余り滞在経験があります。某大学の人間科学部とデザイン学部を卒業。心が豊かになる知識の探索を人生の糧にしています。