「ご厚誼」の意味とは?「ご交誼」など類語との違いや例文を紹介

皆さんは「ご厚誼」という言葉の意味を知っていますか?普段は目にすることが無い言葉のため、存在すら知らない方もいるでしょう。今回はこの「ご厚誼」について意味や使い方などを解説いたします。正しく使えば大変丁寧な表現であり、周りにも好印象を与えることができるので、この機会に使い方をマスターしましょう。



「ご厚誼」の意味とは?

「ご厚誼」の読み方

まずは「ご厚誼」の読み方から確認しておきましょう。「ご厚誼」は「ごこうぎ」と読みます。「誼」は難しい感じですが、訓読みにすると「よしみ」となり、この言葉であれば聞いたことのある方もいることでしょう。

「誼」は親しい間柄を意味する

「誼(よしみ)」とは親しい間柄やつきあいなどを指す言葉であり、日常的にも「友達のよしみに免じて許してもらった」「近所に住むよしみからお誘いした」などのように使われています。また、「昔のよしみ」などのように縁故関係を意味する場合もあります。

「ご厚誼」は「大変親しいつきあい」

「厚誼」とは文字どおり「厚いよしみ」のことであり、大変親しいつきあいや間柄などを意味します。また、目上の人から大変良くしてもらっている様子も意味します。

「ご厚誼」の同音語「ご交誼」との違い

「ご厚誼」は話し言葉としてスピーチなどで用いる際には問題ありませんが、パソコンなどに入力する場合には、読み方が同じで似た意味を持つ変換候補が複数現れるため、注意が必要となります。以下に、これらの使い分けについて説明いたします。

「ご厚誼」と同じ読みの言葉

「ご厚誼」と読み方が同じ言葉に、「ご交誼」「ご好誼」「ご高誼」があります。これらはどれも似たような意味を持ちますが、実は「ご好誼」と「ご高誼」については現在ではあまり用いられることがありません。このため、日常生活やビジネスの現場などでは、良く用いる「ご厚誼」と「ご交誼」の区別をしっかりと付けておけば良いでしょう。

「交誼」は友人に、「厚誼」は目上の人に使う

「交」は友好関係などを表す漢字であり、「交誼」は友人や同僚などと親しく交流している様子を意味しています。このため、「ご交誼」という言葉は主に自分と対等な立場にある人に対して用いるのが原則です。

一方、「ご厚誼」は目上の人に目をかけてもらったり、世話をしてもらったりしている状態を指すため、上司や恩師などに対して使う言葉になります。

「ご厚誼」の正しい使い方は?

「ご厚誼を賜る」が多い使い方

「ご厚誼」は「ご厚誼を賜る(たまわる)」という慣用句で用いることが多いため、まずはこの表現を覚えておくことをお勧めします。意味は、「いつも目をかけていただいている」「格別の待遇を受けている」などになります。また、類似表現として「ご厚誼にあずかる」もありますので併せて覚えておきましょう。

「ご厚誼」のその他の使い方

「ご厚誼」のその他の使い方として、「ご厚誼」を独立した名詞表現として用い、「〇〇様のご厚誼に対して感謝する」、「〇〇氏のご厚誼を深謝する」などとすることもできます。

「ご厚誼」のさらに丁寧な表現

「ご厚誼」だけでも十分に丁寧な言葉ですが、さらに丁寧に表現するためには「ご厚誼」の前に「ひとかたならぬ」「格別の」「大変な」などを付けることで「ご厚誼」を強調して最上級の敬意を表すことができます。

「ご厚誼」はどんな場面で使う?

文書やスピーチなどで使う

「ご厚誼」は格式ばった言葉であるため、日常生活で用いるのには適しません。年賀状、喪中の葉書、ビジネス文書、式典のスピーチなどで用いるのがふさわしい言葉であると覚えておいてください。使う場面を間違えてしまうと、相手に違和感を与えてしまうことになりかねないので十分に注意してください。

「ご厚誼」を使った例文

以下に、「ご厚誼」を用いた例文を紹介します。「ご交誼」を用いるパターンも併せて紹介しますので、相手によってしっかりと区別をつけるようにしてください。

上司など目上に人に対する例文

  • 今後とも変わらぬご厚誼をどうかよろしくお願いいたします
  • 御社を訪問した際には格別のご厚誼を賜りましたことを心より感謝いたしております

同僚など同じ立場の人に対する例文

  • 来年度もこれまでどおりのご交誼をよろしくお願いいたします
  • 日頃のご交誼に厚く御礼申し上げます

「ご厚誼」の類語や英語表現は?

類義語は「ご高配」や「ご厚情」など

「高配」とは相手が払ってくれる配慮を意味します。また、「ご厚情」は漢字のとおり「厚い情け」の意味になるため、「ご厚意」とほぼ同義です。

英語はkindnessなど

「ご厚誼」の簡単な英語表現としてはkindnessがあります。「ご厚誼に感謝いたします」はThank you very much for your kindness.などとシンプルに表現することができます。

まとめ

「ご厚誼」は読み方も難しく表記の仕方も複数あるため、やや使い方が難しい言葉です。まずは、目上の人には「ご厚誼」、同僚など対等な立場の人には「ご交誼」を用いるという基本をしっかりと押さえておきましょう。その他の細かな点については、繰り返し使ううちに少しずつ覚えていくことをお勧めいたします。