「いずれか」の正しい書き方は?使い方や意味を例文で解説

「いずれか」と「いづれか」は、よく使われている言葉ではありますが、どちらが正しい使い方か迷う人も多いのではないでしょうか。書き方だけでなく、「いずれか」は使い方や意味も特徴的な言葉です。今回は「いずれか」をきちんと使いこなせるように、書き方や使い方を解説します。



「いずれか」と「いづれか」正しいのはどっち?

現代的仮名遣いの「いずれか」が正しい

「いずれか」と「いづれか」は、どちらもよく使われている書き方で、強いて言えば、「いずれか」が正しい書き方です。「ず」と「づ」は同じ読み方ですが、「ず」は現代的仮名遣いで、「づ」は歴史的仮名遣いです。

歴史的仮名遣いは、昔使われていた書き方ですので、使うことが間違っているとまでは言えませんが、現代では一般的に使われない書き方です。小説などで歴史的な雰囲気を出したい場合には、「いづれか」を使うこともあります。

「いずれか」の意味は?

「いずれか」の意味は、「どれか」と理解している人も多いでしょう。しかし、あまり使われることはありませんが、「いずれか」には3つの意味があります。それぞれ解説します。

複数ある中のどれか

一番よく使われているのが、複数ある中のどれかを選択する使い方です。例えば「箱の中から、いずれか1つをお選びください。」という表現では、箱の中にたくさんのものが入っていて、その中からどれか1つを選ぶことを伝えています。

「いずれか」は、「どれ・どちら・どっち」などを表す「いずれ」に、2つ以上の言葉を並べて表す「か」がついた連語です。

「どちらが~か」と疑問を表現

使われることは少ないですが、「いずれか」には「どちらが~か」と疑問を表現することもあります。例えば「本物はいずれか」と書いてあった場合には、「どちらが本物か?」という疑問です。

「いったいどれが」と反語を表現

主に古文ですが、反語として使われることもあります。反語とは、「いったいどれが〇〇なのか。いやみんな〇〇ではない。」と反対の意味を含ませた言い方のことです。

例えば、古今和歌集の「いづれか歌を詠まざりける」は、「いったい誰が歌を詠まないことがあろうか。みんな詠む。」という現代語訳になります。

現代語で使うことはほとんどありませんが、あえて例文を表すと「我が社の製品のいずれかが偽物とおっしゃるのですか?」という表現では、「偽物のはずがない」という反対の意味を含んでいますので、反語と解釈できます。

「いずれか」を使った例文

「いずれか一つ」を使った例文

  • 以下の商品からいずれか1つをお選びください。
  • ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュースのいずれか1つになります。

「いずれかの日」や「いずれかの日程」を使った例文

  • 以下のいずれかの日で打合せをさせていただきたいと思います。
  • 5月下旬のいずれかの日程での開催を検討しております。

「いずれか一方」を使った例文

  • 食事管理と運動の両方を行った場合、いずれか一方よりもダイエットの効果が高い。
  • AかBのいずれか一方の条件がクリアできれば、この仕事は成功と言える。

「いずれか」を使う際の注意点

類語「どちらか」との違いは、丁寧な敬語になること

「いずれか」の類語に「どちらか」があります。「いずれ」は「どちら」という意味の代名詞ですので、「いずれか」を「どちらか」と言い換えても同じ意味になります。

「いずれか」と「どちらか」の違いは、「いずれか」の方が丁寧な印象を与えることです。ビジネスで使うときには、「どちらか、お選びください。」というよりも「いずれか、お選びください。」と表現した方が、きちんとした印象になります。

両方を選ぶときには使わない

「2つのうち、いずれかをお選びください。」という場合、どちらか1つを選ぶのが一般的で、2つ選ぶことはできません。「3つの中からいずれか2つをお選びください。」という場合には2つになりますが、3つすべてを選ぶことはできないのが普通です。

辞書によっては「いずれか」の意味に「どちらも」などの「両方」という意味が載っていることがあります。しかし、現代では使われることは少ないでしょう。例えば、「いずれか」の意味で紹介した反語です。「いづれか歌を詠まざりける」は、「みんな歌を詠む」ということを含んだ表現ですので、「両方」や「すべて」という意味だと解釈できます。

「いずれか」を英語で表現すると?

「いずれか」は英語で「either」

「いずれか」を直訳すると、「どちらか」という意味の「either」になります。例えば「AかBのいずれか」を英語で表現すると「Either A or B」となります。

文章によっては「いずれか」を直接英語にしない表現もあります。例えば「いずれかを選んでください。」は、「Please choose one.」となります。これは、選ぶという意味の「choose」を使うことで、「選択肢が複数ある中のどれか」という事が暗に表現されているためです。

まとめ

「いずれか」は、ビジネス文書やビジネスメールで使いやすい丁寧な印象を与える言葉です。本記事で紹介した例文を参考に、「どちらか」を言い換えるなど積極的に使ってみましょう。「どちらか」以外の意味も知っておくと、活用できる場面があるかもしれません。今後のコミュニケーションに役立てることができれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

kingyo120

国立大学法学部卒。事務職、コールセンターでの勤務経験あり。現在は2児の育児をしながらフリーランスとして活動しています。趣味は料理と裁縫。健康のためにウォーキングに挑戦中です。