「取り急ぎ」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介!

ビジネスシーンで多く使われる「取り急ぎ」という言葉ですが、正しく使えていますか?使う相手やシーンによっては、失礼となってしまうため注意が必要です。「取り急ぎ」の意味や類語、メールでの正しい使い方を紹介するので参考にしてください。

「取り急ぎ」の意味と類語

取り急ぎの意味は「とりあえず急ぎで」

「取り急ぎ」とは「とりあえず急ぎで」という意味の言葉です。相手に報告しなければならないことがあるが、時間がなく急ぎで用件のみの連絡をするさいに使われます。例えば「取り急ぎ」を使った言い回しでよく耳にする「取り急ぎご連絡」という言葉は、「とりあえず急ぎでご連絡しました」という意味となります。

類語の「まずは」に言い換える

「取り急ぎ」は類語の「まずは」に言い換えることができます。例えば、「とりあえず急ぎでご連絡いたします」という意味の「取り急ぎご連絡いたします」を、類語に置き換えると「まずはご連絡いたします」となります。「取り急ぎ」が堅苦しい表現だと感じたさいは、「まずは」に置き換えてみるなど状況に応じて使用してください。

メールでの「取り急ぎ」の使い方

「取り急ぎ」は相手によっては失礼に

「取り急ぎ」は使う相手によっては失礼となることがあるため、注意が必要です。「取り急ぎ」とは準備がまだ整っていない状況で、「とりあえず急ぎで」報告などを行うこととなります。

直属の上司など親しい間柄の人は急ぎだということを理解しているかもしれませんが、取引先の担当者や他部署の上司など「急ぎ」だということを認識し合えていない人へ使うと、適当に対応されているという印象を持たれる場合があります。

また、しっかりと準備が整っていない段階で、「とりあえず」の報告をするのは失礼だという考え方もあります。相手に失礼と思われないためにも、目上へ「取り急ぎ」を使う際は相手との距離に注意し、類語の「まずは」に置き換えるなどしてみてください。

文末に使える「取り急ぎ失礼します」

「取り急ぎ」を使った言い回しの1つが「取り急ぎ失礼します」です。「取り急ぎ失礼します」は、相手に急ぎの連絡をしたさいの話の締めくくりとして使用できます。文末に「取り急ぎ失礼します」と入れることで、「用件を伝えるだけで、ご挨拶ができずに申し訳ございません」という意味を含ませることとなります。

「取り急ぎメールにてお礼まで」は避ける

「取り急ぎ」を使った言い回しで使われる「取り急ぎメールにてお礼」という言葉ですが、目上の相手へは使わない方がいいと言えるでしょう。相手へ感謝を伝える場面で「とりあえず」感謝するというのは、失礼となります。

書き言葉というのは相手の表情や声色が分からない分、話し言葉よりも丁寧である必要があるため、お礼を伝える際は「取り急ぎ」ではなくきちんと感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

「取り急ぎご連絡まで」と文末を省略しない

「取り急ぎ」を使用するさい、「取り急ぎご連絡まで」や「取り急ぎご報告まで」と、文末を「まで」で終わらすのは控えましょう。敬意をもって接する目上の相手へ、「ご報告まで」と語尾を簡略化した表現を使用するのは失礼となります。

「取り急ぎご報告まで」ではなく、「取り急ぎご報告いたします」や「取り急ぎご報告申し上げます」などと語尾を変えたり、「まずはご報告のみ失礼いたします」と類語を使ったりして失礼のない言い回しを心掛けましょう。

「取り急ぎ」後の連絡を忘れない

「取り急ぎ」で相手に連絡を取った後は、必ずもう1度連絡を入れるようにしましょう。急ぎで用件のみをメールした後は、追って詳細を連絡することがマナーと言えます。急ぎの要件を伝えるだけ伝えて、その後なにもアクションを起こさなければ相手も不安になってしまいます。「先ほどご連絡いたしました○○の件ですが」と、詳細を丁寧に伝えるようにしましょう。

メールで「取り急ぎ」を使った例文

「取り急ぎ用件のみ」を使った例文

「取り急ぎ」を使った言い回しの1つが「取り急ぎ用件のみ」です。とりあえず急ぎで用件だけを伝えたい場合に使用できる言葉で、例えば直属の上司へ「○○会社との新規契約が決定しました。取り急ぎ用件のみご報告いたします。」となります。

上記の場合、まずは用件のみ連絡しますという意味になっているため、追って詳細を連絡しなければいけません。また、「用件のみ」のメールに用件以外の話題を挟んでしまうと、急ぎである内容が薄れてしまうため注意してください。

「取り急ぎメールにて」を使った例文

「取り急ぎ」を使った言い回しの中で、良く使われるのが「取り急ぎメールにて」です。「本来であれば電話や直接会って報告すべきところを、急いでいるためとりあえずメールで報告した」という意味で使われます。

例えば、「先日の○○についての調査結果が出ました。取り急ぎメールにて恐縮ですが、ご確認ください。詳細は追ってご連絡いたします」となります。

まとめ

「取り急ぎ」とは「とりあえず急ぎで」という意味の言葉で、急いで相手に伝えたいことがあるさいに使われます。相手に急ぎで用件を伝えたいシーンで使える便利な言葉ですが、距離のある相手やお礼を伝えるシーンでは失礼と捉えられる場合もあるため注意が必要です。相手によっては類語の「まずは」を使うなど、状況に応じて使い分けてましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。