CSRとはどのような意味か?定義と企業の取り組み事例を簡単に解説

企業経営において実際的に大切なのは利益の追求ですが、同様に「企業活動における社会的な責任」も重要な要素の一つです。

ここではビジネス用語「CSR」の意味と定義をはじめ、活動事例や「CSR」が重要性について説明しています。社会が企業に求めるものとは一体何なのでしょうか?

「CSR=Corporate Social Responsibility」の意味と定義

最初に「CSR」の意味と定義を中心に見ていきましょう。

「CSR」は「企業が果たすべき社会的責任」

「CSR」とはビジネス用語の一つで、わかりやすく言えば「企業が果たすべき社会的責任」のことです。

企業は株主をはじめ、企業に勤める従業員、顧客、取引先、企業のある地域の人々などと深い関わりを持って運営をしていかなければなりません。こういった「利害関係」のある相手への利益や安全を守りながら「社会的責任」を果たす必要があるということです。

このように、経営者は企業として「法令の徹底順守」「人権の尊重」「環境問題への配慮」「企業価値の創造」「社会的ニーズの追求」「市場との結びつき」などが求められることになりますが、一連の企業活動や社会への働きかけを通して「企業が果たすべき責任」を「CSR」と呼んでいます。

「CSR」の目的は「企業の信頼性構築」

「CSR」の基本的な目的は「企業における信頼性の構築」です。おおむね「企業」というものは、規模が拡大するにつれて、株主が主導の「私的所有物」から「社会的所有物」に姿を変えていく傾向がありますが、このような状況が膨らめば膨らむほど「社会的な責任」も増えくることになります。

「CSR」の総体的な目的は「企業の信頼性構築」です。企業は「CSR」を軸に、一連の企業活動を全うしていきながら、企業としての信頼性構築・維持に努めていくことが大切なのです。

(補足)「CSR」の読み方は「シー・エス・アール」

「CSR」は「Corporate Social Responsibility(コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ」の略で、読み方は「シー・エス・アール」です。

「CSR」のわかりやすい3つの活動事例

続いて「CSR」の具体的な活動事例を3つ挙げてみましょう。

CSRの事例その1:に優しい商品開発と生産体制」

地球温暖化は人々が関心を寄せる最大の関心事であり「サステナビリティ」を尊重した環境保全活動を行う企業が増えています。そこで必要なのが「環境に優しい商品開発と生産体制」です。

「環境に優しい商品」は業種によって異なりますが、たとえば食品なら「海や森の生き物に配慮した認証(エコラベルの表示)の表示」や、日用品なら「資源的に持続可能な森林から伐採した木材を利用した商品の開発や生産」などというような活動となります。

また、有機栽培によるオーガニック商品や化学薬品を使わないナチュラル商品、そして添加物を大幅に減らした加工商品の他、CO2の排出量の少ない生産工程を試みるなど様々です。

CSRの事例その2:「地域活動への積極的な参加」

企業にとって地域活動に積極的に参加することは「信頼」や「企業価値」を向上させるために重要なエッセンスです。たとえば、「献血への協力」や「募金活動」などは代表的な例でしょう。ボランティア活動では「真の信頼構築」と「地域における企業価値の増進」に役立ちます。

また、地元の特産物を使った商品開発や販売促進のイベントなどを行う企業も増えています。ローカル色のある魅力的な商品を広くアピールできる他、企業自身も新たなブランディングへの基礎を作り上げることが可能です。地域におけるボランティア・ベンダーとして確立することがCSRにおけるゴールとなります。

CSRの事例その3:「安全な労働環境の提供」

企業で働く従業員に安全な労働環境を提供することは、コンプライアンスを順守する上でとても重要です。主なCSRの取り組みは「快適な職場環境の提供」「研修制度やトレーニングの積極的実施」「福利厚生の充実」「危険物の撤去」「リスクマネジメントの強化」などがあります。

労働問題や少子化に対応した「フレックスタイム制の導入」や「評価制度の見直し」も従業員の労働環境を考慮した人事的なCSRの事例です。

「CSR」への取り組みが企業において重要である理由

健全な企業活動tを維持するためには「CSR」の取り組みは不可欠です。続いて「CSR」の重要性について解説しましょう。

「CSR」はグローバル社会に対応するために重要

ヨーロッパやアメリカでは「CSR」への取り組みが企業活動の中心となっている程、強力な意味を持つ項目でもあります。日本でもグローバル社会を迎え、多国籍や多文化における「ダイバーシティ」への敏速な対応を求められるようになりました。

海外進出を目指す企業では「グローバル社会で戦える社員教育の実施」「グローバル人事」「組織力の強化」なども「CSR」として見逃すことはできないでしょう。グローバル社会に対応するための従業員への配慮や組織の見直しは必須だと言えます。

「CSR」は企業における不祥事を回避するために重要

産地偽装問題や改ざんデータの横行、粉飾決済やハラスメントの頻発など、企業における不祥事は後をたちません。現代社会では人々の意識や理解が成熟し、企業に求める期待や希望が高まっているため、企業倫理を問われるトラブルは企業にとって致命的な傷となる可能性があります。

労働環境が複雑化し市場で競合が増える中、企業全体の平衡感覚は失われることがあるかもしれませんが、経営者が法令を強く意識し「コンプライアンスの徹底順守」をすれば、健全な企業体制にブレが生じる可能性も低くなると考えられます。

まとめ

「CSR」は「法令順守」「環境への配慮」「地域社会への貢献」「人権の尊重」などの「企業が果たすべき社会的責任」を指しています。そして、株主だけではなく、企業に関わる人々や取引先など、利害関係者や社会における利益を守りながら満足度を高めていくことが大切です。

「CSR」の重要である理由はたくさんありますが、現代では消費者や市民団体が企業への監視を強める背景が後押し、「CSR」への意識も高まっています。「企業の成長はCSRにあり」ということを理解し、積極的な企業活動を行っていきましょう。