「先だって」の意味とは?類語との違いと敬語表現を例文と紹介

「先日」や「前もって」という意味が含まれている「先だって」という言葉ですが、正しく使えていますか?読み方に惑わされる人が多い「先だって」ですが、ビジネスシーンでは使われる機会が多くあります。「先んじて」「先達て」などの類語との違いや、敬語表現を紹介するので参考にしてください。



「先だって」の意味と類語

「先だって」は「先日」「前もって」という意味

「先だって」には時間を表す「先日」「この間」という意味と、「前もって」という意味が含まれています。例えば「先だってはありがとうございました」という例文では、時間を表す「先日」や「この間」という意味で使われており、「先日はありがとうございました」という文章になります。

また、「開演に先だって○○様よりご挨拶を頂戴いたします」という例文だと、「前もって」という意味で「先だって」が使われており、「開演前に○○様から挨拶がある」という文章となります。

同じ「先だって」という言葉ですが、両方の意味がビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使い分けてください。

「先だって(先立って)」の読み方は「さきだって」

「先だって」(先立って)の読み方は「さきだって」です。メールなどの書き言葉でも多く使われますが、話し言葉としても使われる言葉であるため、「せんだって」と読み間違えないよう注意してください。

類語「先んじて」や「先達て」

「先んじて」や「先達て」は「先だって」の類語に当てはまります。「先んじて」(さきんじて)には「先だって」と同じく、「前もって」や「先に」という意味が含まれており、かしこまったシーンで使える丁寧な言葉です。

「先だって」とは違い、時間を表す「先日」などの味は含まれていないため使う場合は注意してください。

もう1つの類語「先達て」(せんだって)は「先頃」「先日」という意味の言葉です。「先だって」や類語の「先んじて」とは違い、時間を表す意味のみ含まれており、「前もって」という意味はありません。

「先だって」(さきだって)と類語の「先達て」(せんだって)は読み方がややこしく、混同されがちですが意味にもはっきりとした違いがあるため注意してください。

ビジネスでの「先だって」の使い方

敬語表現との組み合わせ

「先だって」という言葉自体は敬語表現ではありませんが、かしこまったシーンで使える丁寧な言葉です。上司や取引先の担当者など、目上の人へ使う場合は敬語表現と組み合わせて使用しましょう。例えば、「先日」という意味で、「先だってはお忙しい中、ご足労いただきありがとうございました」と、「先だって」に続く言葉を敬語に変えることで目上にもスムーズに使えます。

文脈によっては「先立ちまして」

文脈によってはスムーズに文章をつなげるために、「先立って」を「先立ちまして」と表現することができます。

例えば、公演の司会進行を務める場面で「公演に先立って、ご来場の皆様にお願いがございます」という例文だと「公演に先立ちまして、ご来場の皆様にお願いがございます」と変換することができます。

メールで使える「先だってご連絡」

ビジネスメールで使えるのが「先だってご連絡」という言葉です。相手にメールを送った後に、確認などをする場面で使われます。例えば「先だってご連絡した件ですが、その後どうされますか?」のように「先日ご連絡した件ですが~」という意味で使われます。

「先だってより」は注意が必要

「先立って」の使い方として「先だってより」という言葉があります。「先日から」や「この間から」という意味で使われる「先だってより」という言葉ですが、使用する場合は注意が必要です。

格助詞である「より」は「AよりBが大きい」と比較をする場面や、「11時より開店」と時間や場所の起点を表す場面で使われます。「先だってより」の場合は比較ではなく、起点を表す言葉として使われているのですが、文化庁の「公用文の書き方資料集」によると時間や場所の起点を表す場合は「より」ではなく「から」を使用することが定められています。

時間や場所の起点を表す場合に「より」を使うと、間違った解釈をされる恐れがあるからです。公用文でなくても、少しでも誤解される恐れのある文章になる場合は、「先だってより」ではなく「先だってから」を使用したほうが良いと言えるでしょう。

「先だって」を使った例文

先だってはお世話になりました

「先だって」を使った文章でよく使われるのが「先だってはお世話になりました」です。「先日」や「この間」という意味で使われており、「先日(この間)はお世話になりました」と目上の人へ使用できます。

例えば、取引先の担当者へ「先だってはお世話になりました。御社の商品は質が良いとお客様からも好評でした」となります。

先だってはありがとうございました

ビジネスシーンのお礼をいう場面で使えるのが「先だってはありがとうございました」です。「先日」や「この間」という意味で「先だって」が使われており、「先日(この間)はありがとうございました」と目上の人へ感謝を伝えられます。

例えば、「先だっての講演会では、講師を務めていただきありがとうございました。おかげ様で多くのことを学ぶことができました」となります。

まとめ

「先だって」とは「先日」「この間」や「前もって」という意味の言葉です。言葉自体は敬語表現でないものの、かしこまったシーンで使える丁寧な表現です。類語には「先んじて」や「先達て」が当てはまりますが、意味や読み方が違うため状況に応じて使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。