スキームの意味とは?頻度の高い熟語表現と類語も解説

ニュースや新聞で日常的に見かけるカタカナ語の一つが「スキーム」です。文脈の内容から何となく意味が把握できても、本来の意味についてはっきりしないこともあるでしょう。

ここでは「スキーム」の意味と使い方を代表的な熟語表現と併せて紹介しています。早速、スキーム構築における重要な項目と交えてみていきましょう。



スキームとは?

最初に「スキーム」の意味から解説します。

「スキーム」の意味は「陰謀を企てる」

「スキーム」は英語の「scheme」のことで、「陰謀を企てる」「悪事を計画する」「悪だくみをする」などの意味を持つ言葉です。海外の探偵映画や刑事ドラマなどで使われる「スキーム」はおよそこの意味となりますが、「綿密な策動」「念入りな計画」というようなニュアンスがあります。

「スキーム」のビジネスでの意味は「構想を練る」

「スキーム」のもう一つの意味は「構想を練る」「計画を立てる」です。ビジネスフィールドで使われる時はこれらの意味となり、体系的な配置や配列、組み合わせなどを含む「総合的なプランの構築」を表しています。

「スキーム」は「図解」「図表」の意味も

「スキーム」には、さらにもう一つの意味「図解」「図表」があります。たとえば、新しい商品の発表やプレゼン、企業講演会や新人研修などで使われる資料などに、☐や〇で囲まれた「説明図」や「紹介図」を見ることがあるでしょう。

これらの図は「構想プラグラム」や「計画プログラム」とも称され、複雑な構想や計画を分かりやすく体系的・図形的に示す手法として多く用いられています。

「スキーム」の使い方と熟語表現

続いて「スキーム」の使い方と熟語表現について意味と併せて紹介しましょう。

「スキーム」の使い方

「スキーム」は純粋な計画を示す「プラン」や、シンプルな枠組みを示す「フレームワーク」とは意味が異なります。「スキーム」という言葉を使う時は、企業や組織が一体となり「継続的な意図をもって実行する」ことが基本となるため、使い方に気を付ける必要があります。

事業スキーム

「事業スキーム」とは、企業や組織が計画する「事業内容の枠組み」のことを指しています。つまり、ゴールにたどり着くための一連の流れと道筋です。

新しい事業を始める場合、必要な人材や担当者、事業開始へのステップ、トラブルシューティング、事業の目的など、事業の成功に向けてさまざまな「決定事」が生じます。「事業スキーム」は「ビジネスモデル」「事業計画」とも呼ばれ、組織的な視野で動けるように計画を練ることが基本となります。

運用スキーム

「運用スキーム」は金融業界を中心に「資産の運用方法」を図解でわかりやすく説明したものです。一定の期間で資産がどれくらい膨らむのか、経済状況や運用方法をリンクさせて予測し説明するものですが、加えて「運用スキーム」では起こり得るリスクの種類、運用方法の選択技、期待できる資産の成長ステップなどの計画などを含めることも多いです。

販売スキーム

「販売スキーム」は「消費者(お客様)」「販売会社」「商品メーカー」などを軸とした、販売における一連の流れを表したものです。さらに「アフターサービス」「顧客の満足度」「クレーム処理」「フィードバック」など、販売の関するさまざまな項目を挙げ、それぞれのが「販売」でのつながりや影響、効果などを表しています。

課金スキーム

「課金スキーム」は、一斑に消費者に最も知られるスキームの一つでしょう。「課金スキーム」はサービスを利用する人から使用料や購入代金などを徴収するための仕組みのことです。ゲームコンテンツでアイテムを販売することで利益を得るビジネスモデルが代表的な例でしょう。

「スキーム」の類語は?

最後に「スキーム」の類語について紹介します。

類語①「体系的な行動計画」

「スキーム」で「体系的な行動計画」の意義で見る類語には「作戦計画」「策略」「計略」「構想」「目論み」「企図」「構想」などがあります。また「ストラテジー」は勝つための策略や戦略を表す言葉であるため、営業やマーケティング分野で状況に応じて言い換えをすることもできるでしょう。

類語②「図解」「図表」

「スキーム」で「図解」「図表」の意義で見る類語には「要図」「略述」「概論」「略図」などがあります。カタカナ語なら「アウトライン」「レジュメ」「シューマ」「スキーマ」なども類語と考えられます。

まとめ

「スキーム」は英語の「scheme」のことで、海外では「陰謀を企てる」「悪事を計画する」などマイナスのイメージで使われる言葉です。しかし、ビジネスシーンでは「事業計画」「ビジネスモデル」「図解」「図表」など、継続的・組織的な計画を総体的に指す言葉として使われています。

「スキーム」は純粋な「計画」「プラン」「枠組み」「フレームワーク」といった意味合いとは異なり、将来的な成功を意図とする長期的な視野で練りだされた計画のことです。会話やビジネス-メールで用いる時は使い方に気を付けるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。