「恐縮」の意味は?ビジネスでの正しい使い方と類語をマスター

社会人になってから使用頻度がグンと高くなる言葉に「恐縮」があります。一般的な職場でも使われる言葉ですが、言葉の意味と使い方を知っておけば、自分の語彙として自身を持って活用することができるでしょう。

ここでは、間違った使い方が多いとされる「恐縮」について、言葉の意味と使い方、類語と英語表現を含めて解説しています。早速、意味からみていきましょう。



「恐縮」の意味は?

最初に「恐縮」という言葉の意味について紹介します。

「恐縮」は「申し訳ない気持ち」を表す言葉

「恐縮」は、それぞれ「恐」と「縮」が説明する通り「恐れて身が縮まる」という意味です。そして「相手に対し迷惑をかけた時」「御礼や恩恵を受けた時」などに、「本当に申し訳ない」「感謝しきれない」という気持ちを持って放たれる言葉となります。

「恐縮です」の類語表現は?

最後に「恐縮です」の類語表現について見てみます。

感謝の気持ちを伝える「恐縮」の類語

相手の厚意や優しい心遣いに対して「感謝しています」という気持ちを表す類語表現は以下の通りです。

  • 本当にもったいない話でございます。
  • 誠に恐れ多いことでございます。
  • 感謝してもしきれない気持ちで一杯です。
  • 本当にありがとうございます。
  • 身に余るご厚意に言葉が見つかりません。

相手に依頼したり了承をもらうための「恐縮」の類語

「お願いできますか?」「よろしいですか?」という問いかけの前に置きたい「恐縮ですが」の類語は以下の通りです。

  • 誠に恐れ入りますが
  • 誠にお手数をおかけしますが(いたしますが)
  • 大変申し訳ありませんが(ございませんが)
  • お話し中に申し訳ありませんが(ございませんが)

「恐縮」の正しい使い方と例文

「恐縮」の正しい使い方と例文について見ていましょう。

「恐縮です」の正しい使い方

「恐縮です」は相手に対して「申し訳気持ちで一杯です」という感情を伝えることができる表現です。ビジネスシーンでは取引先や仕事で関わる担当者に、思いも寄らず迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。そのような際に「大丈夫ですよ」「心配しないで下さい」という相手側の気遣いに対し「恐縮です」という表現を使い、感謝の意を示します。

「恐縮です」は「ありがとうございます」という言葉に代弁することができ、「本当に身に余る厚意である」という心からの御礼の気持ちも含んでいると言えるでしょう。

会話では「恐縮ですが」を「恐れ入りますが」に言い換える

「恐縮ですが」は普通の会話でも使われる表現ですが、どちらかというと「書き言葉」として活用することが多いと言われています。ビジネスシーンでも会議や話し合いの際に「恐縮ですが…」と話を切り出すこともありますが、やや堅苦しく相手に冷ややかな印象を与えてしまうことがあるかもしれません。

職場やビジネスシーンでの会話の中では「恐縮ですが」を「恐れ入りますが」に切り替えて使ったほうが良いでしょう。「恐れ入りますが」は目上の人にも失礼にあたることはなく、ビジネスで好んで使われる表現です。日常でもビジネスでも、必要以上に身を縮めてコミュニケーションを図る必要はなく、相手が委縮し過ぎてしまわないように、ある程度リラックスできるような会話の運びを心がけることが大切です。

「恐縮です」で感謝とお礼の気持ちを伝える

  • ここまでしていただいて本当に恐縮です。
  • お祝いを送っていただき、誠に恐縮です。
  • 送別会をここまで壮大に開いてもらえるなんて、恐縮です。

「恐縮ですが…」で相手に依頼したり承諾を得たりする

  • 大変恐縮ですが、こちらにサインを頂けますでしょうか?
  • 恐縮ですが、来週の水曜日にお時間をとっていただけますか?
  • 誠に恐縮なのですが、今後の予定をメールで送っていただけないでしょうか?

「恐縮の至りでございます」で感謝の気持ちを強調する

  • 社長直々にご挨拶いただけるとは、恐縮の至りでございます。
  • 入社間もない私にプレゼンの司会を任せていただき、恐縮の至りに存じます。
  • 素晴らしいお祝いの品をいただき、夫婦ともども恐縮の至りでございます。

「恐縮です」の英語表現

「恐縮です」という表現を英語でする時は「感謝」「依頼」「承諾」など、状況や文脈によって異なります。例を挙げてみましょう。

  • I am really grateful.
    本当に嬉しく、恐縮しています。
  • It’s very kind of you.
    あなたの優しさ(ご厚意)に感謝しています。
  • Would you mind if I ask you something?
    恐縮ですが、お願いしてもよろしいですか?

まとめ

「恐縮」は通常「恐縮です」「恐縮ですが」という表現で使われることが多い言葉で、「本当に感謝しています」「ありがとうございます」という感謝の気持ちと、「お願いできますか?」「よろしいですか?」おという依頼や承諾のシーンで使わることがほとんどです。

また、話し言葉として使う時は相手が委縮し過ぎてしまわないように、状況に合わせて「恐れ入ります」「恐れ入りますが」と言い換えるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。