ダイレクトリクルーティングとは?手法やメリット・デメリットも

「ダイレクトリクルーティング」は近年盛んに行われるようになった人材の採用方法です。これは新卒・中途採用問わず実施されています。一体、従来の採用方法とはどのように違うのでしょうか?

ここでは注目の「ダイレクトリクルーティング」の概要や手法、メリットとデメリットなどを中心に解説しています。早速、「ダイレクトリクルーティング」の概要から説明しましょう。

「ダイレクトリクルーティング」とは?

最初に「ダイレクトリクルーティング」の意味から確認していきましょう。

「ダイレクトリクルーティング」の意味は「企業の積極的な人材採用」

「ダイレクトリクルーティング」は英語の「direct recruiting」のことで、意味は「企業の積極的な人材採用」となります。いわば「攻めの採用スタイル」で、最近ではスカウト型とも呼ばれます。

企業が行っている従来の採用方法の多くは「広告に求人を出す」「人材紹介会社の利用」など、「受け身の採用」です。「ダイレクトリクルーティング」では、企業や組織が積極的に人材を探し、求める部署や配置に見合う人材を採用するのが特徴です。

背景には「企業のグローバル化」「SNS普及」などの影響も

企業のグローバル化やSNSの普及、労働環境や産業構造の変化で、採用シーンでは革新的な変化を迎えました。現在では、むしろ「ダイレクトリクルーティング」が主流となりつつあるとも言われています。

「ダイレクトリクルーティング」の実情と実施方法

「ダイレクトリクルーティング」は新卒・中途採用で行われる

「ダイレクトリクルーティング」は新卒採用と中途採用の両方で行われています。新卒と中途採用とでは企業側が求める条件は異なる場合がほとんどですが、新卒・中途採用の隔たりなく、多くの企業が採用の可能性を拡げています。

また、少子化の影響を受け、新卒採用は売り手市場の拡大化が続いているのが現状です。通常の就職活動をしながら「ダイレクトリクルーティング」を堂々と待つ頼もしい若者も存在し、まさに企業と候補者の両者において、人材獲得時代にマッチした採用手法とも考えられます。

中途採用においては、高度技術者、マネージャーや役員候補などのポジションで、幅広い年齢層において「ダイレクトリクルーティング」が行われています。

「ダイレクトリクルーティング」の流れ

一般的な「ダイレクトリクルーティング」の手法は、ハイクラス人材などと呼ばれる「管理職」「専門職」「技術職」「経営幹部」「マネージャー」などのランクで登録されたデータベースを検索し、自社が求める人材と直接連絡を取り、アプローチをかけていくのが主流です。その後、収入や希望入社日などの相手が求める条件などを確認し、企業と話し合いを経て決定されます。

「ダイレクトリクルーティング」における企業側のメリットは?

続いて「ダイレクトリクルーティング」が企業側にどんなメリットをもたらすのか、デメリットと併せて解説します。

ピンポイントで欲しい人材を集めることができる

「ダイレクトリクルーティング」の最大のメリットは、効率的にピンポイントでほしい人材を見つけることができる点です。求人広告への掲載や人材紹介の場合、双方で求めるものが異なっていたり、面接の設定や連絡などで多大な時間を要することほとんどです。ピンポイントで求める人材だけを狙い撃ちできるのは、企業としても魅力でしょう。

人材確保を安価で行うことができる

求人を行う際、広告への掲載料金、人材紹介への手数料など、企業にかかる負担は予想以上に大きいものです。これらに比べて「ダイレクトリクルーティング」では、人材獲得に至るまでの費用(前金や成功報酬金)を総体的に安価で済ませることができます。

市場では獲得しにくい「優秀な人材」の採用が期待できる

「ダイレクトリクルーティング」では、人材紹介では獲得できない優秀な人材の採用が期待できます。人材派遣会社は企業との話し合いで人材の年収を決定しますが、この年収が人材派遣会社が受け取る成功報酬につながる仕組みとなっています。しかし、企業との話し合いで年収がネックになり、採用を見送るケースもあるのです。

「ダイレクトリクルーティング」では、市場では探しにくい、または採用しにくい人材との出会いが制限なくあるため、優秀な人材獲得への可能性は無限に広がっていると言えます。

「ダイレクトリクルーティング」における企業側のデメリットは?

採用までの業務負担が多い

「ダイレクトリクルーティング」の大きなデメリットは、企業側が負担する業務が広告掲載や人材紹介などの従来型と比べ、増えてしまうということでしょう。

たとえば人材紹介を利用すれば、スカウト文の作成や候補者からの返信対応、面接日の設定や調整、候補者と企業との意向の確認などの諸業務を省くことができます。しかし、ダイレクトリクルーティング」の場合は、これらを含め、さらに実際の面接、内定の承諾など、自社で全ての業務を行わなければなりません。「ダイレクトリクルーティング」の最も考慮すべきデメリットは、「手間と時間がかかる」ことです。

まとめ

「ダイレクトリクルーティング」は「攻めの採用手法」とも呼ばれ、ハイクラス人材などのデータベースを活用した「スカウト型」の採用スタイルです。

「ダイレクトリクルーティング」は従来の採用方法とは異なり、欲しい人材を効果的に探すことができ、さらに安価で自社が求める人材を確保することが可能であるため、現在の採用方法で主流になりつつあるのが現状です。

自社にフィットする人材を他社に奪われる前に、ダイレクトリクルーティングでいち早くアプローチをかけていきましょう。