「気付」の意味とは?読み方と正しい書き方(ケース別)

会社宛ての手紙の宛て名に「気付」という言葉が記されているのを見たことはないでしょうか。これはどういう意味?と疑問を持ったまま、やり過ごしている方のために、今回は、その意味や使い方が分かりにくい「気付」を解説します。またビジネスレターで見られる「気付」の参考例も紹介します。



「気付」の意味と使い方

「気付」の読み方と意味

「気付」は「きづけ」と読むことが多いのですが、ときには濁らずに「きつけ」と読まれることもあります。

「気付」の意味には2つあり、1つは「注意を促すこと」です。

そしてもう1つの意味が「書簡を送るときに、相手の現住所に送らずに、その人の職場や立ち寄り先に宛てて送るときに、宛て先の書きつける語」です。

例えば、ホテルに滞在中の滞在客に宛てた手紙や、ある人物宛の手紙をその人の勤め先に宛てて送る手紙などに使われます。

「気付」の後は改行を

「気付」を使った宛て名を書き方は、送り先のホテル名や社名の後に「気付」を書き入れた後、 改行して送付宛ての氏名を書きます。

改行することで、誰宛への手紙なのかがわかりやすくなります。

例:
「A会社 △部 気付
○○様」

宅急便の宛て名書きにも使用

郵送や宅配などの書簡や荷物の送る手段に限らず、宛名書きに「気付」は使えます。

宅急便なら送付先を記入する用紙に、相手の氏名の前に、送付される施設名や部署名の後に「気付」と書きます。

例:
「Aホテル フロント気付
○○様」
「B会社 気付
○○様」

ビジネスで「気付」を使うケースとは?

出張先の会社に書簡を送る場合

出張中の同僚や上司に、出張先の会社宛てに資料を郵送するときの宛名書きに「気付」を使います。

この場合、宛て名の社名下には「御中」の代わりに「気付」を書きます。改行した後、送付相手となる同僚や上司の氏名を書きます。

A株式会社に出張中の○○さん宛てに書簡を送る場合の宛名書き例です。

例:
「A株式会社 気付
○○様」
「A株式会社 △部×課 気付
○○様」

間借りしている別会社に送る場合

子会社でその親会社の一部を間借りしている状況で、子会社宛てに書簡を送る場合にも「気付」を使います。

親会社をA社、子会社をB社とした場合の宛名書きはこのようになります。

例:
「A株式会社 気付
B社御中」
「A株式会社 気付
B社△部×課○○様」

滞在予定のホテルに自分宛てに荷物を送る場合

これから滞在する予定になっているホテルなどの滞在先に、前もって自分の荷物を送るときなどにも「気付」を使います。

この場合の宛名書きは、自分の氏名の下には「様」ではなくて「行き」を書きます。

例:
「Aホテル フロント気付
(自分の氏名)行き」

入院中の同僚や上司に書類などを送る場合

同僚や上司などが入院中にその病院宛てに書類などを郵送することがあるかもしれません。そのような場合の宛名書きに「気付」を使います。

例:
「A病院 気付
○○様」

電報を送る場合

祝電や弔電などの電報を送る場合にも「気付」が使われることがあります。電報の送り先が結婚式場や斎場の場合、それぞれの施設名の下に「気付」を書き、その後に電報を受け取る相手の氏名が続きます。

例:
(祝電の場合)「A結婚式場 気付 ○○様」
(弔電の場合)「A斎場 気付 ○○様」

「様方」と「御中」の使い方

個人宅宛てには「様方」を使う

「気付」は書簡を受け取る相手が一時的に滞在したり立ち寄っている先に送るときに使われます。でも郵送先が個人宅になる場合は「気付」は使えません。その代わりに「様方」を使います。「様方」はその個人宅に同居している人に書簡を出す場合にも使えます。

個人宅氏名の後に「様方」を書き、改行して書簡の受け取り手の氏名を書きます。

Aさんというお宅に住むBさんに書簡を送る場合のあて名は次のようになります。

例:
「A様方
B様」

個人宛てではない郵便物には「御中」

郵便物や宅配の荷物の送付先が個人宅でも個人宛でもなく、会社や団体、または部署やグループに宛てた宛名書きには「御中」が用いられます。

もしも相手先の個人名がわからないが担当者宛てに送付する場合は、「担当者」の下に「様」が使われます。

例:
「A社 御中」
「A社 ○○部 御中」
「A社 人事部 採用担当者 様」

「気付」の英語表記

「気付」の英語表記は「c/o」

英文レターにも「気付」はあり「c/o」と表記します。これは「care of」の略語です。

封筒の宛て名書きは、書簡の送り宛の氏名、その下に住所が続きますが、「c/o」はその氏名と住所のあいだに記されます。

Aホテル気付の○○様宛てに手紙を送るとなると、次のような宛て名書きになります。

Mr ○○
C/O Hotel A
123 Hamington Street
New York City. 10001
USA

まとめ

書簡の宛名書きに使われる「気付」は、書簡を受け取る相手が一時的に滞在している場所や立ち寄る先に宛てて送るときに使われる言葉です。

ビジネスでも急に出張先の同僚や上司から資料を送ってほしいなどと頼まれることもありますから、ビジネスマナーとして「気付」の使い方を覚えておきましょう。