「pre」の意味と使い方は?「pro」「pur」とその他の接頭辞を紹介

英語の本や新聞を見ている時、よく目に留まるのが単語の先頭につく「pre」という文字です。普段「pre」だけに注目することは少ないですが、一体どのような意味合いがあるのでしょうか?

ここでは何となく気になる「pre」について、正しい意味と使い方、似たような言葉「pro」と「pur」にも触れながら解説していきます。英単語の語彙力アップに役立てていきましょう。



「pre」の意味と使い方は?

それでは「pre」の意味と使い方からみてみましょう。

「pre」は「接頭辞」の一つ

「pre」は「接頭辞」と呼ばれる単語の先頭に置かれる言葉です。もともとラテン語の「pre」が語源で、さらに印欧祖語(いんおうそご)である「pre」が起源とされています。

「pre」の意味は「前」

接頭辞の「pre」には「前」「前に」など、「前に進んで行く」「前進する」「進む」というニュアンスの意味があります。ラテン語の「pre」は、場合によって「代わりに」という意味があるため、「代わりに前に出る」という状況を想定した意味に転じ、現在の意味「前」に変化したと考えられています。

さらに、起源である印欧祖語「pre」の意味は、英語の「forward=前に」にあたるため、現在の使われ方と最も近いつながりがあると言えるでしょう。

「pre」は「pro」「pur」と同じ意味

「pre」の意味は「前」「前へ」となりますが、似たような接頭辞「pro」「pur」も同様の意味を持ちます。「pro」「pur」の語源は定かではありませんが、同じ意味である「pre」が一つの単語を形成するにあたり派生し、結果的に形を変えたと考えられています。

3つの意味でみる「pre」の付く単語

続いて「pre」の付く単語を「前に」「前もって」「代わりの」の意味に分けて挙げてみます。

「前に」の意味がある単語

  • precede=前に進む、先行する
  • prefer=そっちの方を好む(多くの選択肢の中で最も前に来るもの)
  • pregnancy=妊娠(出産前の状態)

「前もって」の意味のある単語

  • precept=教訓(前もって学ぶべきこと)
  • predict=予測する
  • preexist=先住する

「代わりに」の意味のある「単語」

  • pronoun=代名詞
  • represent=代表する
  • representative=代表者

「Pre」以外の接頭辞は何がある?

続いて「Pre」以外の接頭辞について、代表的な単語と意味をあわせて解説しましょう。

代表的な接頭辞

代表的な接頭辞をいくつか挙げてみます。

  • anti:反する、賛成ではない
    anti-aging(アンチエイジング)antibacterial(抗菌性の)antisocial(反社会的な)
  • contra:反対に、逆の
    contraband(密輸品)contradiction(矛盾)contraception(避妊)
  • demi,hemi:半分の
    demimini(超ミニスカート)demilune(三日月)hemisphere(半球)hemicycle(半円)
  • bene,bon:良い
    benefit(利益)benedictory(祝福)benevolence(親切、善意)
  • di,dis:否定の、離れて、強意の
    disagree(反対する)  disgust(嫌気がさす) disappear(いなくなる)
  • omni:すべての
    omnibus(同時の多くを提供すること)omnipotent(無限の力を持つこと)

数字に関する接頭辞の例

数字に関する接頭辞の例を挙げてみます。

  • uni:1つの
    unicycle(一輪車)union(労働組合の)unify(団結する)
  • bi:2つの
    biannual(年2回の)bias(バイアス)bike(2輪自動車)bicyble(自転車)
  • tri:3つの
    triangle(3角形)trilingual(3か国語)trio(3人の演奏者や歌い手)
  • tetra:4つの
    tetrapod(4つ足の脊椎動物)tetralogy(4部構成の作品)tetragonal(四辺形)
  • penta:5つの
    pentagon(5角形)pentachord(5弦琴)pentacle(星形5角形)
  • hexa:6つの
    hexagon(6角形)hexachord(6音音階)hexadecimal(16進)
  • hepta:7つの
    heptad(7個)heptadecagon(17角形)heptagonal(7角形の)
  • oct:8つの
    octopus(たこ=8つ足)octagon(8角形)october(10月=旧暦では8番目の月)
  • ennea:9つの
    enneagon(9角形)ennead(9個で構成されたまとまり)enneahedron(9面体)
  • dodeca:12の
    dodecagon(12角形)dodecahedron(12面体)dodeahydrate(十二水塩)

まとめ

「pre」は「前に」「前もって」「代わりに」を意味する接頭辞の一つで、代表的な単語でカタカナ語としても知名度が高いものは「プレビュー(preview)」「プレゼンテーション(presentation)」などがあります。

また、「pro」「pur」にも「pre」と同じ意味があり、「プロローグ(prologue)」や「purpose(目的)」が代表的な単語です。接頭辞は目立たない存在ですが、言葉の全体を表す大切な部分となります。ぜひ、この機会に理解を深めておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。