「重ね重ね」の意味とは?メールでの使い方も例文つきで解説

「重ね重ね」には、「念を入れて」や「同じようなことを繰り返す」といった意味がありますが、ビジネスシーンのうえでも活用できる言葉のひとつにもなっています。とくにこの言葉を、会話の中だけでなくビジネスメールなどで使っている、という人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「重ね重ね」という言葉の意味や、その使い方、使うときの注意点などについて詳しくご紹介いたします。



「重ね重ね」の意味

「重ね重ね」は正しい表現

「重ね重ね」という表現は、一見同じ言葉を繰り返しているため、とくにビジネスシーンでは間違った言葉では?という印象をもっている人もいるかもしれません。結論から言うと「重ね重ね」は、日本語として正しい言葉になります。

意味としては「念を入れて」や「同じようなことを繰り返す」というさまを表現する言葉。そのため、名詞や動詞などの言葉の前に「重ね重ね」をつけることで、繰り返し気持ちを伝えたり、その言葉に重みをつけることができます。

「重ね重ね」の類語

「重ね重ね」の類語には、「重ねて」や「くれぐれも」、「重々」、「度々」、「再三」など数多くの言葉が存在します。どの言葉も、前後の言葉を強調したり、複数回繰り返すという類似点はありますが、その意味や強調するポイントなどは、言葉によって若干変わってきます。

「重ね重ね」の使い方

「重ね重ねありがとうございます」などお礼で使う

「重ね重ね」の代表的な使い方のひとつに、「重ね重ねありがとうございます」や「重ね重ね感謝を申し上げます」などのお礼の言葉と一緒に使うという使い方があります。感謝の気持ちに「重ね重ね」をつけることで、より感謝しているという自分の気持ちを相手に伝えることができるのです。

ただし、あくまでも感謝の気持ちをさらに「重ねて」という意味があるので、まずは冒頭に感謝の言葉を述べた後に、さらに感謝の言葉を述べたいときに使うのが正しい使い方です。

「重ね重ね申し訳ありません」などお詫びで使う

お礼の言葉以外にも、お詫びの言葉と一緒に使うことも「重ね重ね」を使う代表的な使い方のひとつになります。「重ね重ね申し訳ありません」や「重ね重ねお詫び申し上げます」といった使い方です。この場合も、より感謝の気持ちを伝えるのと同じように、より申し訳なく感じていますという気持ちを相手に伝えることができます。

「重ね重ね」を使った例文

お礼やお詫びの言葉と一緒に使うことの多い「重ね重ね」ですが、そのほかにもこのような使い方があります。

  • 重ね重ねの質問になり、申し訳ありません。
  • 重ね重ねよろしくお願いいたします。
  • 重ね重ねの説明になりますが
  • 重ね重ねのお願いで大変恐縮ですが

「重ね重ね」を使う場合の注意点

メールで使う場合の「重ね重ね」

ビジネスメールにおいて、相手方にお礼やお詫びのメールを送る際、より自分の気持ちを強調して伝えるためには「重ね重ね」を使って、お礼やお詫びの言葉を重ねるのは効果的な使い方です。

ただし、いくら自分の気持ちを強調したいからといって、何度も「重ね重ね」を使ってしまうと文章的にも読みにくいだけではなく、相手もしつこいと感じてしまうためあまりよい印象は持たれません。

そのため、ビジネスメールなどで「重ね重ね」を使用する際は、メールの最後の締めくくりとして、再度自分の気持ちを伝えるのに使うのが効果的な使い方だと言えます。

単体で使う場合と「の」をつけて使う場合がある

「重ね重ね」という言葉を使用する際に「重ね重ね」とそのまま使用する場合と、「重ね重ねの」と「の」をつけて使用する場合があります。基本的には、「重ね重ね注意する」などの後に続く動詞を強調する場合は、そのまま使用します。

「重ね重ねの注意」などの後に続く名刺を強調する場合は、「の」をつけて使用するのが正しい使い方です。後に続く言葉が名詞のみの場合は「の」をつけると覚えておけばよいでしょう。

「重ね重ね」は忌み言葉

世の中には「忌み言葉」といって、結婚式や受験、感謝の言葉を述べる際などのその時々によって使ってはいけないとされる、縁起の悪い言葉が存在します。例えば「去る」や「切る」、「帰る」などは婚礼での忌み言葉にあたりますし、「滑る」や「落ちる」、「つまずく」などは受験の際の忌み言葉にあたります。

実はこの「重ね重ね」も忌み言葉のひとつとされており、婚礼の場ではこのような重ね言葉は、「結婚を重ねる」=「別れる」というイメージを持たれるため、使ってはいけないとされています。

まとめ

「重ね重ね」をうまく使うことで、相手に自分の気持ちをより伝えるということができます。ビジネスシーンのなかで、自分の気持ちを相手に伝えるという場面は多いため、「重ね重ね」を上手に使うことは、ビジネスをより円滑に進めることにつながると言っても過言ではないでしょう。

ぜひ、ここで紹介させていただいた「重ね重ね」という言葉を、自身のビジネスシーンの中で役に立ててみてはいかがでしょうか。