【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

一年の締めくくりとして送りたい、年末の挨拶メールや挨拶状。ビジネスの取引先や上司など、送る相手はさまざまですが、書き方のポイントや送る時期など、よくわからないこともあります。ここでは年末の挨拶メールの例文や、取引先への手紙の挨拶文例とともに、書き方のポイントや送るタイミングなどもあわせて紹介します。



「取引先」への年末の挨拶のポイントと文例

メールで送る時のタイミング

取引先の担当者へメールで年末の挨拶を送る時は、相手先の最終営業日よりも数日前にメールを送ります。ぎりぎりにならないよう多少余裕をもって送るように心掛けます。

メールの挨拶文の書き方のポイント

挨拶文には1年の感謝の言葉と来年の抱負などを簡潔に記し、健康や繁栄を祈る言葉を結びの言葉とします。あわせて年末年始の営業日を知らせます。相手先より自分の方がお休みが長い場合などは、その間の連絡手段などを記します。

メールの挨拶文例(例文)

取引先の担当者へメールで送る年末の挨拶の文例です。

件名:年末のご挨拶

〇〇株式会社
△△様

いつも大変お世話になっております。
株式会社〇〇の△△です。

いよいよ年の瀬も迫り、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
△△様には本年一年に渡り、大変お世話になりましてありがとうございました。

お陰様で…

来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
向寒の折から、お体を大切に、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております。

※なお、年内は12月〇日(〇)まで、年始は1月〇日(〇)より出社しております。

(メール署名)

手紙の挨拶文例(例文)

取引先にカレンダーや粗品とともに挨拶状(手紙)を送る場合の文例です。お歳暮を贈るときにも使えます。

拝啓 歳末の候、ますますご清祥とお喜び申し上げます。
 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。
 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。
 つきましては、年末のご挨拶までに〇〇をお送りしましたのでご笑納くださいませ。
 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

※次のような表現もあります。
つきましては、ささやかでございますが謝意を表したく、粗品をお送りいたしました。

※「~の候」といった「時候の挨拶」を入れたビジネスレターの書き方は以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。
【時候の挨拶】12月 ビジネス文例と結び!お礼状や季語の例文も

「お客様」への年末の挨拶のポイントと文例

メールで送る時のタイミング

サービスをご利用いただいているお客様には、年末の挨拶とともに、年末年始の営業日を連絡します。お客様サポートセンターの年末年始の営業時間などを連絡する場合は、最終営業日からさかのぼって、ある程度余裕を持って送るようにします。

メールの挨拶文の書き方のポイント

挨拶文には1年の感謝の言葉と来年の抱負などを簡潔に記します。お問い合わせが多いサービスなどの場合は、年末年始の営業日の記載は最後にわかりやすく箇条書き形式で記載した方がわかりやすいでしょう。

メールの挨拶文例(例文)

件名:年末のご挨拶と営業時間のお知らせ

お客様 各位

いつもお世話になっております。
○○サービスの○○と申します。

今年も一年、格別のご愛顧を賜りまして、厚くお礼申し上げます。
おかげ様をもちまして、本年は…

来年も、皆様により一層のご満足をいただけるよう、スタッフ一同サービスを向上させる所存ですので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
来る年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

尚、年末年始のお客様サービスセンター営業時間は下記の通りでございます。
お休み期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

■お客様サービスセンター 年末年始営業時間
—————————————————————
・年内受付終了:12月〇〇日(〇)〇時まで
・年始受付開始:1月〇日(〇)〇時より
—————————————————————

(メール署名)

「社内」への年末の挨拶のポイントと文例

メールで送る時の書き方のポイント

社内の上司や同僚への年末の挨拶は、本来は直接行いますが、相手が不在だったり、部署やチームの複数人に向けて送りたい場合などはメールで送っても構いません。その場合は、メールでご挨拶したことを詫びる一文を添えるようにします。

メールの文例(例文)

上司へのメール

件名:年末のご挨拶

〇〇部長

今年もあとわずかとなりましたが、本年も大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。
特に~では、~を教えて頂き、たいへん勉強になりました。~の成果を上げることができましたのも部長のご指導のお蔭です。
来年は一層業務に精励し、目標を達成いたす所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
寒さの厳しい折からご自愛のうえ、良いお年をお迎えください。
直接ご挨拶ができなかったため、メールにて失礼いたします。

(メール署名)

同僚へのメール

件名:年末のご挨拶

〇〇チームの皆様

いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。今年一年ご指導、ご協力をいただきましたことをお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

おかげさまで、〇〇のプロジェクトは無事に…   感謝してやみません。
来る年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年をお過ごしください。
皆様ご多忙の折、メールにて失礼いたします。

(メール署名)

年末の挨拶「返信メールの文例」(例文)

取引先から年末の挨拶メールを頂いた時のメール返信の文例を紹介します。

〇〇株式会社
△△様

いつも大変お世話になっております。
株式会社〇〇の△△です。

この度はご丁寧な年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。
本年も一年、格別のご愛顧を賜り、心よりお礼申し上げます。

来年も更なる〇〇の向上を目指して、弊社社員一同業務に精励してまいりますので、変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
時節柄ご自愛のうえ、どうぞ良いお年をお迎えください。

追記:
弊社の年末年始の営業予定は下記の通りでございます。
・年内営業:12月〇〇日(〇)〇時まで
・年始営業:1月〇日(〇)〇時より

(メール署名)

「年末の挨拶」によく使うビジネスフレーズ集

年末の挨拶でよく使うフレーズを紹介します。文例にアレンジして使ってみてください。

時候の挨拶・季節の挨拶の言葉

歳末の候、今年も〇〇日を残すのみとなりましたが、ご清祥のことと存じます。
師走の慌ただしい季節となりましたが
いよいよ年の瀬も押し詰まり、お忙しいことと存じます。
年の瀬を迎えご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。
いよいよ今年も年の瀬を迎え、気ぜわしい毎日をお過ごしのことと存じます。

感謝の気持ちを表す言葉

本年一年間お力添えを賜り、心から感謝申し上げます。
本年も格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。
今年一年、多大なご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
いつも一方ならぬお心づかいをいただき、深謝申し上げます。
日ごろはお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

健康・繁栄を気遣う言葉/結びの言葉

来る年の貴社の繁栄と皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。
貴社のご繁栄と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
お元気でよい年をお迎えください。
来年も変わらぬご指導(ご愛顧)を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
来年も何かとお世話になることと存じますが、よろしくお願い申し上げます。
引き続きご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※「時候の挨拶」を取り入れたビジネスレターの書き方は、以下の記事で紹介しています。メールの文面にもアレンジして取り入れてみてください。
【時候の挨拶】12月 ビジネス文例と結び!お礼状や季語の例文も

まとめ

年末の挨拶は、一年の感謝の気持ちと来年の抱負を述べ、結びの言葉として繁栄を祈る言葉や来年のおつきあいのお願いを記します。取引先やお客様に向けて出す場合には、年末年始の営業予定をわかりやすく記入します。長く書く必要はなく、簡潔に記すのがポイントです。

社内への挨拶は基本的に直接行うのが望ましいですが、予定が合わなかったり、相手への負担を配慮したりする場合はメールで送ることもあります。その場合は、メールで失礼しますと一言添えるようにしましょう。