ケアレスミスが多いのは何故?仕事やテストでの対策法を解説

仕事やテストなどの大切な場面でケアレスミスをどうしてもしてしまうという人は少ないかもしれません。改めてケアレスミスとはなんなのか、その意味や引き起こしてしまう原因を確認しておきましょう。仕事やテストでケアレスミスを防ぐ対策や対策してもどうしてもなくならない場合の可能性についても解説していきます。



ケアレスミスの意味と類語

ケアレスミスの英語と意味

ケアレスミスは英語で書くと”careless miss”となります。”careless”は「不注意な、軽率な」という意味で、”miss”は「失敗する、取り損なう、見落とす」などの意味があります。つまりケアレスミスは「不注意による失敗」「軽率な誤り」といった意味になります。

ケアレスミスの類語

ケアレスミスの「不注意による間違い」の意味を持つ類語には次のようなものがあります。「見落とし」「凡ミス」「目こぼし」「粗相」などです。

ケアレスミスをしてしまう原因

体調管理がうまくできていない

私生活でうまく体調管理ができていないことがケアレスミスを起こす原因となっているかもしれません。睡眠や休息が十分にとれていないとどうしても注意力散漫になってしまいます。集中力も続きませんので、簡単なことでミスをしてしまう可能性があります。

ある程度慣れてきた段階である

その仕事や作業にある程度慣れて要領が分かってくると、自分を過信してしまいがちです。慣れるまでは慎重に行っていた作業でプロセスを勝手に省いたり、チェックを怠ったりしてケアレスミスを引き起こしてしまします。

明確な目標がない

自分が何のためにその仕事や勉強をしているのか、明確な目標がないと意図や重要性が分からずミスを起こしてしまいがちです。仕事の流れやその勉強や仕事が何の役に立っているのかをしっかり知ることでケアレスミス軽減につながる可能性があります。

仕事でケアレスミスを防ぐ対策

見直すことを習慣化する

ケアレスミスがなくならない人には、作業が完了した後に見直すことを習慣化することがまず大切です。客観的な目線で見直すことで、それまで気付かなかった違和感や自分のミスに気づくことができます。

自分が管理する立場にある人であれば、作業完了後や書類提出時に声掛けをするのでも良いでしょう。自分でケアレスミスを減らしたいと考えている人であれば、毎回意識して見直しを習慣化できるようにしましょう。

チェックリストやメモを活用

ルーティンワークのように毎回同じ内容を行うのであれば、作業の手順や優先順位などをチェックリストにするとミスを減らすことができます。新たな内容が増えるたびにチェック項目を増やすことも忘れないようにしましょう。また、何でもメモを取ることもケアレスミス対策としては有効です。メモを書くこと自体が頭の中を整理することにもつながりますのでおすすめです。

テストでケアレスミスを防ぐ対策

何がポイントか考える

テストになるとつい焦ってしまい、問題文を読み間違えていたり思いこんだりしてしまうとそれがミスにつながります。この問題では何が解答として求められているのか、問題のポイントが何かを考えることが大切です。

例えば問題文の「○○を求めなさい」といった部分にアンダーラインを引くのはケアレスミスをなくす1つの方法です。「○文字以内で答えなさい」などの指示があれば、そちらにもアンダーラインを引きましょう。

見直しをできるだけする

テストの解答が全て終わってもまだ時間に余裕があるなら、見直しをするようにしましょう。ケアレスミスが必ずあるはずだと考えながら見直しをするのがおすすめです。短時間に全ての見直しをするのは難しいので、問題文で求められているものと合致しているか、単位の抜けはないかなど自分のミスしやすいポイントに絞ってチェックすると良いでしょう。

数学では途中式を書くようにする

数学では式変形の時につい暗算で済ませてしまうことも多いでしょうが、できるだけ細かく途中式を書くことがケアレスミス対策にはおすすめです。式を細かく単純化することでミス対策になるだけでなく、見直しの時にもチェックしやすくなります。

どうしてもケアレスミスがなくならない場合

病気を発症している可能性

うつ病が原因となって発生する病気「仮性認知症」がケアレスミスの原因となることがあります。これは、注意力や段取りなどをつかさどる脳の前頭葉の機能不全が引き起こされるものです。注意力が散漫になってケアレスミスが多くなり、睡眠障害、食欲不振、倦怠感、頭痛などの症状が出ます。ストレスが原因で発症するものですので、ストレスを軽減することが必要です。

発達障害の可能性

発達障害が原因でケアレスミスを引き落としている可能性もあります。人間は不注意や多動性、衝動性の特性を持っているのですが、その傾向を強く持っているために日常生活に支障が生じる状態を特にADHDと呼びます。

ADHDの不注意特性によるケアレスミスは、脳神経発達のかたよりが原因ですので、病気のようには治らないものです。ケアレスミスのほかに、物をよくなくす、片付けが苦手、連続する作業を持続し続けられないなどの症状もあります。その人の特性を把握して対策をとることでケアレスミスを軽減できることもあります。

まとめ

ケアレスミスの原因や対策について解説してきました。ケアレスミスはだれにでも起こりうるものです。それをいかに少なくするかは、原因となるものを排除できるか、自分に合った対策ができるかにかかっているでしょう。どんなに努力してもなくならない場合は、病気などの可能性を考えてケアレスミス以外の症状と照らし合わせてみてみましょう。