「アイキャッチ」の使い方とは?意味とその効果について解説

「アイキャッチ」とは「目を引きつけるもの」という意味のカタカナ語です。広告に使われる手法のひとつですが、「アイキャッチ」とはどのような手法で、どのように使われるのでしょうか。その効果をも併せて「アイキャッチ」について解説します。



アイキャッチの意味と効果

アイキャッチは「人の注意を引きつけること」という意味

「アイキャッチ」とは、「画像や映像などで見る人の注意を引きつけること」という意味で、広告業界で使われる手法のひとつです。

絵やキャラクター画像、イラスト、写真、ロゴや文字などが用いて、見る者の注意を引きつけます。たとえば文字のままではアイキャッチとしての印象が弱いため、図形と組み合わせて印象を強めたりします。

このようにアイキャッチのために使われる画像のことを「アイキャッチ画像」と呼びます。

「アイキャッチャー」はアイキャッチの別称

「アイキャッチ」には「アイキャッチャー」という別称もあります。「アイキャッチ」と「アイキャッチャー」の意味や使い方に違いはなく、どちらも人の注意を向けさせるための広告の手段です。

人の注意を向けさせるものですからインパクトがあり、見る者の共感を呼ぶようなアイキャッチ画像がいいとされています。

「アイキャッチ」の効果

「アイキャッチ」を使うことで、アイキャッチ画像で見た人の注意を引きつけます。その結果、ある商品のアイキャッチだとしたら、その商品を見た人に覚えてもらうだけでなく、購入意欲を刺激することもできます。

アイキャッチの使い方

アニメ番組の合間に流されるタイトル画面も「アイキャッチ」

テレビ番組の中盤で、CMの前後に流される本番組のタイトル画面のことも「アイキャッチ」と言います。CMのない一部の有料のテレビ局では番組と番組の合間に流されることがあります。

特にアニメ番組で使われる手法で、視聴者にCMを見てもらうように流動する効果と同時に、CM後にまだアニメ番組が続くことをわかるようにします。

ブログやWebサイトにも「アイキャッチ」

ブログやWebサイトにもアイキャッチ画像が使われています。記事本文の最初に、読者の注意を引きつけるために載せられている画像がアイキャッチ画像です。

目立つアイキャッチを使えばブログのクリック率が上がり、またWebサイトの滞在期間も長くなる可能性があります。また読者の注目を集めたブログやサイトはSNSで拡散される可能性も上がり、アイキャッチ画像を設定していないブログとはその効果が大きく変わります。

広告業界でのアイキャッチの使い方

広告にアイキャッチを効果的に使えばインパクトを与えられて、顧客の関心も集められます。

例えば店頭での商品陳列棚で、売れ筋商品やこれから店が売っていきたい商品に「今売れてます」などのPOPが表示されていることがあります。このPOPがアイキャッチであり、アイキャッチを使うことで顧客に対象となる商品に注目してもらえれば販売効果も期待できます。

効果的なアイキャッチの作り方

アイキャッチを作るときの秘訣:ターゲットを絞る

アイキャッチ画像の作成に大切なことは、見る人の注意を引きつけるインパクトがあり、見た人が共感を覚えるようなアイキャッチを作成することです。

そのようなアイキャッチ画像を作るためには、見せたい人はどのような対象で、どのような状況で見せたい人の心理状態にどのように働きかけるのかを考えてから、アイキャッチの作成を始めましょう。

アイキャッチのデザインのコツ

キャッチコピーを考えたり、一緒に添えられる写真やイラストなどの作成など、アイキャッチをデザインをするためにいくつかの工程がありますが、デザインのコツは、文字をしっかり読ませて、その背景となる画像はシンプルなものを選ぶことです。

写真を使うのならその画質にもこだわり、配色なども共感の得られるような色使いをすることを心がけます。

いろいろあるアイキャッチ画像を作るためのツール

画像を加工したり、手書きのイラストを作成するためのソフトウェアもあります。無料で使えるものから有料でダウンロードしなくてはならないもの、またダウンロードをする必要なくWeb上で操作ができるソフトウェアなどいろいろなタイプがありますので、使いやすいものを選んでみてください。

それらのツールを使えば、クリエイティブにそして他とは違う個性的なアイキャッチ画像が作りやすくなります。

「アイキャッチ」を英語で表現

「アイキャッチ」は和製英語

「アイキャッチ」は「eye catch」または「eye catching」などと英語で書くことができますが、英語表現にはない和製英語です。

「アイキャッチ画像」を英語に書き換えるのなら「an eye-catching image」や、「注目の画像」と言い換えて「featured image」です。

「attention」を使ってより英語らしく

また「アイキャッチ」をより自然な英語表現にするなら、「eye」を注意という意味の「attention」に置き換えます。そして注意を引きつけるという意味にするために「get」や「attract」などの動詞をセットにして使います。

例文:
“The image to get the reader’s attention”
「読者の注意を引きつける画像」
“The image to attract the viewer’s attention”
「視聴者の注意を引きつける画像」

まとめ

「アイキャッチ」とは広告手段のひとつで、見る者の注意を引きつけるための写真やイラストなどの画像のことです。ブログなどにも使われていて商品を宣伝したり、見る人の商品の購入意欲を高める効果があります。またテレビ局では番組のタイトルをアイキャッチとしてCMの間に流したりします。