シンパシーの意味とは?エンパシーとの違いや類語も解説

人生100年と言われるご時世となりましたが、これから人はどれだけ多くの出会いを経験していくのでしょうか?時には、周囲のさまざまな考えや主張を目の前に「共感」したり「同情」することもあるでしょう。

ここでは「シンパシー」の意味と語源、使い方と例文、類語について紹介しています。ちょっとした会話の中で使えるカタカナ語の一つです。ぜひ、上手に取り入れていきましょう。



「シンパシー」の意味と語源は?

早速、「シンパシー」の意味と語源から解説します。

「シンパシー」の意味は「思いやり」「同情」「共感」

「シンパシー」は英語の「sympathy」のことで、基本的な意味は「思いやり」「同情」「気の毒に思うこと」、また「共感」や「共鳴」となります。

「シンパシー」は相手を哀れに思うようなニュアンスが強いですが、そのベースには「共感」「共鳴」の気持ちが多く含まれているのが特徴です。相手の状況や考えを理解し「思いやり」を持って放たれる言葉となります。

「シンパシー」の語源はギリシャ語

「シンパシー(sympathy)」はギリシャ語が語源で、「syn(一緒に)」と「pathos(苦痛)」というそれぞれの単語が組み合わさって出来た言葉となります。やはり、英語の語源には圧倒的にラテン語が多いのが特徴でしょう。

「シンパシー」の日本での意味はほぼ「共感」「共鳴」

「シンパシー」の日本での意味は、肯定的な状況で「相手の気持ちが理解できる」「相手の考えに同感する」という意味で使われることがほとんどです。たとえば、会議や講演で話し手が主張や主義を熱く語るシーンで「シンパシーを感じる」というように使われたりします。

日本での「シンパシー」は「悲しい」「辛い」という状況における「同情的な意味合い」は少ないと言えるかもしれません。良い意味でも悪い意味でもなく、日本ではもっと広い解釈で「あなたの気持ちわかります」という意味で使われることが多いです。

「シンパシー」と「エンパシー」の違いは「相手の状況」

「シンパシー」に似た言葉に「エンパシー(empathy)」があります。「エンパシー」も「シンパシー」と同様に「共感」「共鳴」「人の気持ちを理解する」という意味がありますが、明らかに異なる点は相手を気の毒に思う「同情」というニュアンスが「エンパシー」にはあまり含まれていないことです。

「エンパシー」には「感情移入」という意味もあり「哲学」や「心理学」、また自己の感情を表現する「美術学」の世界で用いられる言葉です。たとえば「共感が芽生える」「共感が湧く」というポジティブな状況においての熟語表現では「シンパシー」ではなく、むしろ「エンパシー」の方が適切でしょう。

「シンパシー」と「テレパシー」の違いは「五官の使用」

「シンパシー」と混同してしまいがちな言葉に「テレパシー」がありますが、テレパシーとは五官を使わずに、相手の心のうちが伝達する「精神反応」のことです。「相手の気持ちや考えを理解する」という点では「シンパシー」や「エンパシー」と重なる分もありますが、「テレパシー」は時間や物理的な空間を超えた「超次元的な表現」となるため、両者の使い分けには気を付けましょう。

「シンパシー」の使い方の注意点と例文

続いて「シンパシー」の使い方で気を付けたい点と例文について解説します。

「シンパシー」は「相手の状況が良好ではない」時に使われる

「シンパシー」には「共感」や「共鳴」といった意味合いも含まれていますが、言葉を使う時は相手の状況や状態が「あまり良くない時」に使うのが一般的です。

つまり、「シンパシー」は相手がハッピーであり、何の不安もなく迷いのない状況に対しては「シンパシー」ほとんど使われず、むしろ、同じ「共感」でも、この時は「エンパシー」の方が適切であると言えるでしょう。

「シンパシーー」は相手が悩みや疑問を抱え、心の状態が良好ではない時に、相手の心情や気持ちを察し、共感をベースに「同情」の要素が強いことが特徴的です。

「シンパシー」は「政治的な考えを支持する」時にも使われる

もう一つ、「シンパシー」は、政治的な背景のある「演説」や「講演」などで聞く主張や考え、計画や予定などを支持する時にも適切な表現となります。意味的には「同意」や「納得」、また「賛成」や「理解」の意が強いため、「考えや主張が、自分にも通じる部分がある」というニュアンスで使うと良いでしょう。

英語圏では「シンパシー」は「お悔み」の時に使われる

英語圏で「シンパシー」が最も使われるのが「お悔み」をはじめ、悲しく辛い出来事があった時です。事故に遭ったり、思わぬトラブルで怪我を負った時にも、相手へを「気の毒」に思う気持ちを「シンパシー」を使って表現します。ちなみに、日本では「お悔み」で使うことはほとんどありません。

「シンパシー」を使った例文

  • 熟読した小説の主人公に、ある種のシンパシーを感じた。
  • 今まで賛同していなかったが、今回、代表が熱く語った主義・主張にはシンパシーを覚えた。
  • シンパシーを感じたのは、彼女と趣味が同じであったからだろう。
  • 会議の席で主張したAさんの考えに、シンパシーを感じずにはいられなかった。

「シンパシー」の類語と対義語は?

最後に「シンパシー」の類語と対義語について紹介します。

「シンパシー」の類語は「同調」「意気統合」

「シンパシー」の類語には相手との親近感や調和の意味を持つ「同調」や「意気投合」、また「以心伝心」などが挙げられます。「同情」の意味で考えれば「同情心」「弔意」「弔慰」などが類語であると言えるでしょう。

「シンパシー」の対義語は「反感」「反発」

「シンパシー」の対義語にあたる言葉は「反感」「反発」です。「シンパシー」には共感や共鳴の意味があるため、対義語は相手の考えや気持ちに同意しない、賛同できないということになります。ちなみに、英語で「反感」は「アンティパシー(antipathy)=反感」です。

まとめ

「シンパシー」は「共感」「共鳴」「同情」という意味のある言葉ですが、日本ではほぼ「相手の気持ちがわかる、理解できる」という意味を持つ「共感」や「理解」での解釈で使われています。しかし、英語圏では「同情」や「気の毒に思う」という意味合いが強いため、国際環境においては「シンパシー」を使い過ぎると「同情なんてしなくてもいいのに…」と勘違いをされてしまうことがあります。

ぜひ、使い方や使う環境に気を付けるようにして、誤解のないスムーズなコミュニケーションを図るようにしていきましょう。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。