「DTP」とは?DTPデザイナーとDTPオペレーターの仕事や資格を解説

求人でもよく見かける「DTP」という仕事。あまり聞き慣れない言葉だけれど、どんな仕事だろうと思ったことはないでしょうか。

「DTP」とはパソコンを使って印刷物を作成する仕事です。

そんな「DTP」について、仕事の詳細を詳しく解説。またDTPを扱う職種であるDTPデザイナーやDTPオペレーターとはどんな仕事なのかを紹介します。



「DTP」とはどんな仕事?

「DTP」とは「コンピュータを使った印刷物の作成」

「DTP」とはコンピュータを使った印刷物の作成のことです。原稿の編集からレイアウト、版下の作成や製版、そして印刷までをすべて机上で行います。

「デスクトップ・パブリッシング」(desktop publishing)の略称が「DTP」で、「卓上出版」と言われることもあります

DTP専用ソフトの普及

DTP専用ソフトは個人から出版・印刷業者まで広く使われていて、このソフトが普及したことで、チラシや冊子の印刷などが手軽にできるようになりました。

DTPソフトを使って編集して、高画質の印刷ができるプリンターで印刷すれば、今までなら印刷業者などのプロの手に預けなくてはできないような本格的な印刷物を、個人で低コストできるようになりました。

「DTP」業務の求人

DTPに関する求人は、主にDTPデザイナーとDTPオペレーターに分かれます。

DTPデザイナーとは印刷物のデザインをして、DTPオペレーターはデザイナーから受け取ったデザインを印刷用にデータを置き換えるのが仕事です。

その作業内容のほとんどがDTPソフトを使った作業になり、卓上での仕事です。

DTPデザイナーになるには?仕事内容と資格

DTPデザイナーは印刷物のデザインをする

DTPデザイナーの仕事とは、紙媒体の印刷物のデザインをすることです。用意された文章や写真、グラフやイラストなどのレイアウトを決めて、クライアントからの要望に応えたデザインを作成します。

印刷物の種類はチラシなどの広告、雑誌、書籍などあらゆる紙媒体の印刷物が対象です。

DTPデザイナーになるための資格はない

DTPデザイナーになるために必要とされる資格はありません。

しかしDTPソフトを使った印刷物のデザインをすることになりますから、グラフィックソフトや編集ソフトを使いこなせるスキルやデザイン理論、そして印刷関係の基本的な知識は必須です。

そうしたスキルや知識を身に着けるのに、個人で独学する方法や専門学校に行くことが考えられます。

ただ大手の広告代理店や印刷会社では4年制の大学卒業を入社条件に提示していることがあります。そうした大手の広告会社や印刷会社で働くことを希望するならば、4年制大学の卒業資格に合わせてデザインや印刷に関するスキルと知識を磨く必要があります。

DTPオペレーターになるには?仕事内容と資格

 

DTPオペレーターとは印刷データの作成をする人

DTPオペレーターとは、デザイナーが作った原案を、指示に従いながら印刷できるように、パソコン上でデータを作成するのが仕事です。

DTPオペレーターはレイアウトする際の基礎知識として、DTP特有のルールを覚える必要があります。文字詰めや禁則処理、フォントの知識などのDTP特有のルールに従わなくてはならないからです。

またディスプレイ上での表示と紙媒体との違いも考慮しなくてはならないため、RGB(パソコン上のカラー原則)やCMYK(紙媒体でのカラー原則)のスキルも必要です。

使用ソフトは印刷物によって異なる

チラシや雑誌など印刷する印刷物によって使用するソフトが変わってきます。

雑誌や書籍などのページ数がある印刷物にはDTPソフトが、チラシならAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)が使われることが多いです。また写真やイラストの加工・編集には、Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)がよく使われます。

DTPデザイナーに比べると事務作業的な仕事が多い傾向がありますが、実際にはデザイナーとの区別がつきにくく、デザイナーとオペレーターの仕事の両方をこなしている人が多いのが現状です。

DTPオペレーターになるにはスキルと経験が大切

DTPオペレーターになるための資格はありません。

必要とされるスキルはDTPソフトを扱えるスキルに印刷に関する知識一般が求められます。またデザイナーやコピーライター、クライアントなどからの要望を正しく理解するためのコミュニケーション能力も大切です。

こうしたスキルや知識の取得はデザイン系の専門学校や、一部のパソコンスクールでもDTPを学べるコースを主催しているので、そうしたコースに通うことになります。

その後、広告代理店や印刷会社、デザイン事務所などでアシスタントとして入社し、先輩DTPオペレーターの仕事を手伝いながら、一人前のオペレーターになるための技術と経験を身に着けていきます。

まとめ

「DTP」とはコンピューターを使った印刷物の作成のことです。おもにDTP専用ソフトを駆使しながら、印刷物のレイアウトやデザインを考えながら編集を行います。印刷物のデザインをするのが「DTPデザイナー」であり、デザイナーの作成したデザインを印刷ができるようにデータを再編集するのが「DTPオペレーター」の仕事です。