「DTP」の意味とは?DTPソフトやDTPデザイナー・オペレーターも解説

印刷業界でよく見かける「DTP」という言葉。これは「desktop publishing(デスクトップ・パブリッシング)」の略であることはご存知でしょうか。

この記事では「DTP」について、言葉の意味や「DTPソフト」という専用ソフトの解説、また「DTPオペレーター」「DTPデザイナー」などの仕事や資格・なり方までご紹介していきます。



「DTP」の意味とは?

「DTP」とは「コンピュータを使った印刷物の作成」

「DTP」とは、「デスクトップ・パブリッシング」(desktop publishing)の略称です。日本語で「卓上出版」と言われることもあります。

DTPとは、コンピュータを使った印刷物の作成を指しています。これは原稿の編集からレイアウト、版下の作成や製版、そして印刷までをすべて机上で行うことです。従来の出版業界では、「組版」や「製版」などは職人によって行われていた工程だったため、コンピュータが代替することは大変画期的なことでした。

「DTPソフト」とは「DTPを実現するためのアプリケーションソフト」

「DTPソフト」とは、DTP(卓上出版)を実現するために用いられているアプリケーションソフトです。例を挙げると、QuarkXPress(クォークエクスプレス)やAdobe InDesign(アドビインデザイン)などがあります。

これらのDTPソフトは、紙の出版物を制作・編集する際にはもちろんのこと、近年では電子書籍のために「書籍のデータ化」にも用いられています。作業効率を上げるために、テンプレートなど便利な機能が用意されていることも特徴です。

「DTP」の仕事とは?どんな求人がある?

DTP業界の仕事には「DTPデザイナー」と「DTPオペレーター」がある

DTPに関する求人は、主にDTPデザイナーとDTPオペレーターに分かれます。その作業内容のほとんどがDTPソフトを使った作業になり、卓上での仕事です。

DTPデザイナーとは「印刷物のデザインをする仕事」

DTPデザイナーの仕事とは、紙媒体の印刷物のデザインをすることです。用意された文章や写真、グラフやイラストなどのレイアウトを決めて、クライアントからの要望に応えたデザインを作成します。

印刷物の種類はチラシなどの広告、雑誌、書籍などあらゆる紙媒体の印刷物が対象です。

DTPデザイナーになるための資格取得は必須ではないが、スキルや知識は必要

DTPデザイナーになるために必須となる国家資格はありませんが、任意で取得できる民間資格は複数存在します。資格の有無が就職・転職活動に影響する部分もありますが、いずれにしてもDTPソフトを使いこなせるスキルやデザイン理論、そして印刷関係の知識は必要です。

こうしたクリエイティブなスキルや知識を身につけるために、個人で独学する方法や専門学校、デザイン系の大学に行く方法が考えられます。

大手広告代理店や印刷会社では「4年制の大学卒業」が条件に

大手の広告代理店や印刷会社では、4年制の大学卒業を入社条件に提示していることがあります。大手企業で働くことを希望するならば、4年制大学の卒業資格は当然のこと、デザインや印刷に関するスキルと知識を磨く必要があります。

DTPオペレーターとは「印刷データを作成する人」

DTPオペレーターとは、デザイナーが作った原案を、指示に従いながら印刷できるように、パソコン上でデータを作成するのが仕事です。

DTPオペレーターはレイアウトする際の基礎知識として、DTP特有のルールを覚える必要があります。文字詰めや禁則処理、フォントの知識などのDTP特有のルールに従わなくてはならないからです。

また、ディスプレイ上での表示と紙媒体との違いも考慮しなくてはならないため、RGB(パソコン上のカラー原則)やCMYK(紙媒体でのカラー原則)の知識も必要です。

DTPオペレーターになるためには、DTPソフトを扱えるスキルは習得必須

DTPオペレーターに必要とされるのは、DTPソフトを扱えるスキル、印刷に関する知識一般です。印刷物の元になるデータを作ることが仕事ですから、そのためにDTPソフトを操作できなければなりません。

また、デザイナーやコピーライター、クライアントなどからの要望を正しく理解するためのコミュニケーション能力も大切です。

アシスタントとして入社後に一人前のDTPオペレーターへ

DTPオペレーターになるためのスキルや知識を習得するには、デザイン系の専門学校や、一部のパソコンスクールで実施されているDTPコースに通うことになります。

その後、広告代理店や印刷会社、デザイン事務所などでアシスタントとして入社し、先輩DTPオペレーターの仕事を手伝いながら、一人前のオペレーターになるための技術と経験を身に着けていきます。

DTPデザイナーとDTPオペレーターを兼ねる人も多い

DTPデザイナーに比べると、DTPオペレーターは事務作業的な仕事が多い傾向があります。しかし、実際にはデザイナーとオペレーターの区別はつきにくく、両方の仕事をこなしている人が多いのが現状です。

まとめ

「DTP」とはコンピューターを使った印刷物の作成のことです。主にDTP専用ソフトを駆使しながら、印刷物のレイアウトやデザインを考えながら編集を行います。印刷物のデザインをするのが「DTPデザイナー」であり、デザイナーの作成したデザインを印刷ができるようにデータを再編集するのが「DTPオペレーター」の仕事です。