メールの「CC」「BCC」の使い方と書き方!意味や違いも解説

メールの宛先には「TO」の他に「CC」「BCC」があります。それぞれの意味や機能の違いを知らずに使っていると、思わぬトラブルになることもあります。ここでは「CC」「BCC」の使い方や使い分け、返信の書き方のマナーなど、知っておくべきポイントを説明します。



「CC」「BCC」の意味と機能の違いとは?

まずはじめに、「CC」と「BCC」の意味と機能の違いを説明します。「TO」で送ったメールと同じメールが届くことはどちらも共通していますが、入力したメールアドレスが表示されるかされないかの違いがあります。

「CC」は「メールの写し」を情報共有のために送る機能

「CC」(Carbon Copy)とは、「メールの写し」という意味です。「TO」で指定した当事者以外に、情報を共有したい人がいる場合に「CC」にアドレスを入力します。

※CCに入力したメールアドレスはメールを受け取った人に表示されます。

「BCC」は「メールの写し」を秘密に送る機能

「BCC」(Blind Carbon Copy)とは、秘密のメールの写しという意味です。「TO」や「CC」で指定したメールアドレスの受信者に知らせずに、同じメールを送りたい時に「BCC」にアドレスを入力します。

※BCCに入力したメールアドレスはメールを受け取った人に表示されません。

「CC」の使い方とは?

次に「CC」の使い方を紹介します。

確認や参考のためにメールのコピーを送りたい時に使う

「CC」は、「TO」でメールを送る当事者以外にも、同じメールを確認してほしい相手がいる時に使います。例えばチームの成果を上司へ報告する時に、チームメンバーをCCに入れて情報共有を行うなどです。

「CC」に入れた人の名前もメールの冒頭の宛名に書く

メールの冒頭に記す当事者の名前の下に、「CC」で指定した人の名前も「CC:〇〇様」と記入します。誰がCCでメールを受け取っているのかということを明らかにすることで、メールの意図や目的を明らかにし、トラブルを防ぎます。

<書き出しの例>

件名:△△チーム成果のご報告

〇〇部長
CC:チームメンバー各位

お疲れさまです。

「CC」のみでは使用しないのが無難

「TO」にメールアドレスを入力せずに「CC」だけに入力してメールを送ることは一般的なメーラーやウェブメールでは可能であることが多いようです。但し迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性もありますので、おすすめできません。

「CCメール」の返信は基本的には全員に返信する

「CC」で受け取ったメールに返信する必要がある時は、情報共有が目的であれば、基本的に全員に返信します。複数の人が個別にメールの返信をしてしまうと、共有する情報がばらばらになってしまうためです。

但し、あくまでも参考のために送られてきた「CC」メールの場合は、基本的には当事者のやりとりを静観する立場となります。そのような立場の時に返信したい場合は、送信者のみへの返信とした方がよいケースもありますので、メールの目的に応じて判断しましょう。

「BCC」の使い方とは?

次に「BCC」の使い方を紹介します。

受信者に伏せてコピーメールを送りたい時に使う

「BCC」は、「TO」と「CC」で送る人に知られないように同じメールのコピーを送りたい時に利用します。例えば、取引先にメールを入れる時に、BCCで上司にも同じメールを送って情報共有を行うなどです。

メールアドレスをお互いに知らせたくない時に使う

プライバシー保護の目的で、メールアドレスを表示させずに複数の人に同じメールを送りたい時に「BCC」を使います。例えば、お互い面識のない人が同じ会議に出席する時の連絡メールなどです。

その他、TOで送る相手に知らせたくない自分の他のメールアドレスにコピーを送ったりする時に使うこともできます。

メールアドレスを知らせたくない場合にBCCを使う時は、誤ってCCに入力しないように気をつけましょう。CCに指定したメールアドレスは受信者に表示されてしまいます。

「BCC」のみでは使用しないのが無難

「TO」にメールアドレスを入力せずに「BCC」だけに入力してメールを送ることは一般的なメーラーやウェブメールでは可能であることが多いようです。但し迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性もありますので、おすすめできません。

「BCCメール」の返信は送信者のみに返信する

BCCで送られてきたメールを「全員に返信」すると、自分以外でBCCに入っていた人には返信されませんが、「TO」に加えて「CC」の人にも返信されます。メールを送った人が「TO」や「CC」の人には伏せて「BCC」メールを送っている場合、トラブルとなることがあります。「BCC」メールの返信は基本的には送信者のみに返信するのがマナーです。

まとめ

「TO」と「BCC」の大きな違いは、「TO」で指定したメールアドレスは受信者に表示されますが、「BCC」で指定したメールアドレスは受信者に表示されないことです。「CC」は受信者にコピーメールを送っていることを知らせた上での情報共有を目的として使い、「BCC」は秘密にコピーメールを送ったり、メールアドレスを知らせないようにしてメールを送ることを目的に使います。

「CC」や「BCC」で受け取ったメールに返信する時は、メールの他の受信者やメールの目的を理解した上で慎重に行いましょう。