「妙齢」の意味とは?定義や正しい使い方・よくある間違いを解説

「妙齢のご婦人」「妙齢になる」などというように「妙齢」という言葉を使うことがありますが、一体何歳くらいの人を指しているのでしょうか?会話の中で聞くことはあっても、どのくらいの年齢のことなのか知っている人は少ないかもしれません。

ここでは「妙齢(みょうれい)」について、意味と定義、使い方と例文、また類語と英語表現を含めて解説をしています。早速、美しい言葉の意味と使い方に注目してみましょう。



「妙齢」の意味と定義は?

最初に「妙齢」の意味と言葉の定義から解説していきましょう。

「妙齢」の意味は「女性の一番美しい年齢のこと」

「妙齢」は「女性のうら若い年頃」「女性が一番美しい年齢」という意味を持つ言葉です。つまり「妙齢」とは「若く美しく可憐な女性」や「結婚適齢期の女性」を指しています。

「妙齢」の「妙」という漢字の意味には「甚だ優れているさま、非常に巧みなこと、また、とても美しいこと」という意味があります。加えて「妙」は左側に「女」、右側に「少」を組み合わせた言葉で、「少女」という意味も含まれている言葉です。これらの意味合いを総合しても「素晴らしく美しい女性(少女)」と解釈ができるでしょう。

「妙齢」が何歳かという定義は難しい

「妙齢」が何歳から何歳までかという「定義」は難しいと考えられます。「妙齢」に関してはっきりした年齢の枠は定められていないため、個人のイメージや主観、考え方で異なると言えます。

おおむね「妙齢」は10代の後半から20代前半くらいの結婚適齢期の女性を指すことが多いですが、現代ではライフスタイルが変化し、20代後半、30代、40代の方でも「妙齢」と表現することもあるようです。

現代ではキャリ派や、仕事に趣味にと活発に活動する女性が増えていることから、女性の晩婚化傾向も見られ始めています。年齢に関係なく華麗にかつ美しく、若々しく活躍する女性が増えていることで「妙齢」への認識も変わり始めていると言えるでしょう。

「妙齢」の使い方で気を付けたい点と例文

続いて「妙齢」の使いかで気を付けたい点と「妙齢」を使った例文を挙げてみます。

「妙齢」を「高齢」と間違えないようにする

「妙齢」は「女性の最も美しい年齢」を表す言葉ですが、「妙」には「甚だしく巧みなさま」という意味があるため、熟練した経験のある女性と解釈してしまうこともあるようです。そういった女性のイメージから「妙齢」が「高齢」であると誤った認識をしてしまうことも考えられます。「妙齢=高齢」は間違った解釈となるため注意が必要です。

「妙齢」は基本的に男性には使わない

「妙齢」は一般的には若い美しい女性のことを指すのが言葉であるため、男性に対して使うことはありません。しかしながら、かつては「若い男性」「結婚適齢期の男性」を「妙齢の男性」と表現していたこともあると言われます。

現代においても「結婚適齢期の女性」を「妙齢」と呼ぶことに対して「妙齢の男性」と呼ぶ風潮が戻りつつあると言われていますが、基本的には「女性」に対して使われるのが通常だということを留意しておきましょう。

「妙齢の婦人」「妙齢の美人」などと使う

「妙齢」という言葉を使った熟語で最も使われるのは、「妙齢の婦人(美しい成人の未婚女性)」や「妙齢の美人(容姿端麗なうら若き女性)」などです。また、年頃の女性に成長した人を「妙齢になる」「妙齢になった」というように表現することもあります。

「妙齢」を使った例文

「妙齢」を使った例文を5つ挙げてみましょう。

  • 妙齢の美人をオフィスで見かけた。
  • 社長のお嬢さんは、まさに妙齢の美人である。
  • 妙齢の婦人とは、結婚適齢期にある成人した女性のことを指す言葉である。
  • 最近は女子会、大人女子などにあやかって、「妙齢女子」という言葉も使われ始めた。
  • 部長は妙齢の新人社員と話す時、顔が真っ赤になってしまう。

「妙齢」の類語と英語表現

最後に「妙齢」の類語と英語表現についてまとめてみます。

「妙齢」の類語は「女盛りの」「結婚盛りの」

「妙齢」の類語には「女盛りの」「結婚盛りの」「年頃の」「婚姻適齢の」などが挙げられます。どの類語も「女性が最も美しく、若々しく輝いている年齢」のことを意味しますが、文脈や相手に合わせて使い分けをするようにするとよいでしょう。

「妙齢」は英語で「young lady」

「妙齢」を英語で表現する時は、シンプルに「young lady」を使うのがベストです。英語圏でも20代、30代、40代くらいまでの若々しく元気な女性を、尊敬の意を込めて「young lady」と呼ぶことがあります。年齢や既婚・未婚に限らず、世代に負けない美しさや輝きを持つ女性に対しては「young lady」という表現を使いましょう。

まとめ

「妙齢」は「結婚適齢期のうら若き女性」を指す言葉です。最近ではキャリア志向派が増え、晩婚化の傾向が見られることから、「妙齢」の年齢も20代、30代、40代と幅を広げているのが実情でしょう。

また、基本的には女性に対して使われる言葉ですが、まれに「妙齢の男性」というように使うこともあるようです。しかし、一般的には「女性に使われる表現」として浸透しているため、意味や使い方を理解してから、相手に誤解を与えないように会話に取り入れるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。