「恣意的」の意味とは?「作為的」との違いや例文・反対語も解説

「恣意的」という言葉を知っていますか?ビジネスでも「恣意的な行動を控える」「恣意的に判断しない」などのように使われることがあります。

ここでは「恣意的」の意味を中心に、使い方と例文、類語と反対語、また「恣意的」の英語表現を解説しています。混同しやすい言葉「意図的」「作為的」との違いも併せてみていきましょう。

「恣意的」の意味とは?

「恣意的」の意味は「思いつきで気ままに行動すること」

「恣意的」は「論理的な観点で必然性がないこと」また「自分勝手で気ままなさま」「思いつきな判断をすること」の意味を持ちます。読み方は「しいてき」です。

「恣」には「思うままに行動する」の意味がある

「恣意的」の「恣」には「自分の思うとおりに勝手に行動する」「やりたいままに振る舞う」という意味があり、「意」には「思い」「気持ち」「心」という意味があります。この二つの言葉が組み合わさって「自由な気持ち」「思うがままの行動」という意味へと発展しました。

ちなみに、「恣」は「し」の他に「ほしいまま」と読むことがあります。「ほしいまま」という言葉のニュアンスが伝えるように、「恣意的」が秘める「自由」「気まま」という意味はとても高いと言えるでしょう。

「恣意的」の使い方と例文

「恣意的」は気ままに判断・行動するときに使う

「恣意的」は、「心」や「気持ち」がともなう場面で用いられ、感情のある「人」や「動物」などの考えや行動に対してのみに使われることが前提となります。つまり、人が気ままに判断したり動物が自由に行動することなどが「恣意的」への適切な使い方となり、神や現象などに使われることはありません。

また、「恣意的」は「偶然に」「無作為に」という状況ではなく、「必然性がなく、理にかなっていない」という場面で使うのが正しい使い方となります。おおむね「その時の感情や思いつきで行動する」というニュアンスで使うのが適切です。

「恣意的」を使った例文

  • 取引先との商談では恣意的な判断は避けるべきである。
  • 計画を立てていたにも関わらず、同僚のAは恣意的に反対の行動に出た。
  • 恣意的な価格設定は、消費者を困惑させる可能性がある。
  • 社長の発言を恣意的に解釈してはいけない。
  • 第三者の恣意的な介入があったため、会議は一旦中段された。

「恣意的」と「作為的」「意図的」の違いは?

「作為的」の意味は「わざとらしさが目立つさま」

「恣意的」に似た言葉に「作為的」があります。意味は「故意に行なうさま」「わざとらしさが目立つさま」のことです。「作為」とは「事実であるように、わざと手を加えること」の意味があります。

たとえば「作為的なコメントがついている」というと、「事実ではない内容のコメントが、わざと書かれている」というニュアンスになります。「思いつきのまま行動すること」の恣意的とは、意味が異なることを覚えておきましょう。

「意図的」の意味は「目的を持ってわざとする」

「意図的」には「あらかじめ目的を持って行動すること」や「わざとそうすること」という意味があります。「意図的」には故意に、また作為的に行動を起こす意味があるため、目的を持たない「恣意的」とはニュアンスが異なります。

「恣意的」と「意図的」の違いは「目的の有無」

「恣意的」と「意図的」を上手に使い分けるコツは、前述にもある通り、行動に対して「あらかじめ目的があるかどうか」という点です。自由に振る舞うことを意味する「恣意的」には根本的に「目的」や「ゴール」はありません。

たとえば「意図的な振る舞い」なら、そこには目的や狙いがあるに違いありませんが、「恣意的な振る舞い」なら、その時の気ままな気持ちで自由に振る舞っているだけという一時的なニュアンスがあります。そのため「恣意的な行動」では、少なからず「意図的な判断」より失敗やミスも多いと言えるでしょう。

「恣意的」の類語と反対語

「恣意的」の類語は「任意的」「心任せ」

「恣意的」の類語には自分の気持ちを優先させることを表す「任意的」、また、自分の心に純粋に従うさまを意味する「心任せ」が挙げられます。どちらも制限を加えることなく、自由で気ままなさまを表す言葉です。

「恣意的」の反対語は「規則的」「自動的」

「恣意的」の正式な反対語は見当たりませんが、「恣意的」の逆の意味である「自由ではなく規則や基準に従って行動する」「感情に左右されず一定の行動をする」というようなニュアンスで考えれば、「規則的」「自動的」また「自動的」「普遍的」などが考えられます。

「恣意的」の英語表現

「恣意的」は英語で「arbitrary」

「恣意的」は英語で「個人の好みや判断に任せた」という意味を持つ「arbitrary(アービトゥラリ)」が最も適切な表現となります。「arbitrary」は原則や決まりに縛られることなく、任意で思いのままという意味合いを持ち、他人の意見や考えに頼らない、自分の判断で行動することを指す言葉です。

たとえば、気まぐれで自由な性格を「arbitrary character(アービトゥラリ・キャラクター)」、予想もしないような驚くべき展開(気まぐれなという展開という意)を「arbitrary expansion(アービトゥラリ・エクスパンション)」と呼んだりします。

まとめ

「恣意的」の意味は「思い付きで気ままに行動すること」です。「恣(し)」には「ほしいまま」という別の読み方もあり、まさに「恣意的」の言葉そのものを体現しているとも言えます。

ぜひ「意図的」との使い分けに気を付けて、美しくリズムのある会話を作り上げていきましょう。