「お目にかかる」の意味とは?類語と正しい敬語表現での使い方

「会う」を意味する「お目にかかる」という言葉。相手に「会いたい」や「会うことを楽しみにしている」と伝えたい場合、どのように使用すればいいのでしょうか?「お目にかかる」の意味と類語に加えて、正しい敬語表現での使い方を紹介します。



「お目にかかる」の意味と類語

「会う」を意味する「お目にかかる」

「お目にかかる」とは「会う」を意味する言葉です。自分をへりくだらせた謙譲表現であるため、目上の相手に「会う」シーンで使われます。相手の「目」に接頭語の「御(お)」が付けられており、「かかる」は「見られる」を意味しています。

類語「お会いする」

「お目にかかる」の類語には、同じく「会う」を意味する「お会いする」が当てはまります。「お会いする」も謙譲表現であり、接頭語が付いた丁寧な表現なため目上の人へ適した言葉と言えます。「お目にかかる」よりも砕けた表現となるため、状況によって使い分けましょう。

漢字表記より平仮名表記が一般的

「お目にかかる」を漢字で表すと、「お目に掛かる」となります。しかし、書き言葉で表す場合、一般的には平仮名で「お目にかかる」と表記されます。もし、漢字で表記する場合は「係る」や「懸かる」と間違えないよう注意してください。

「お目にかかる」の正しい敬語表現

失礼と捉えられる場合がある「お目にかかりましょう」

「会いましょう」を意味する「お目にかかりましょう」という言葉。丁寧語が語尾に加わった敬語表現ではありますが、「○○しましょう」という言い回しが上から目線と捉える人もいるため、注意が必要です。

例えば、また会いたいことを目上の相手に伝える場合、「また、お目にかかりましょう」ではなく、「また、お目にかかりたいと存じます」などと言い換えると良いでしょう。

似た表現「お目にかける」は「見せる」という意味

「お目にかかる」と似た「お目にかける」という言葉。言葉の響きから、同じ意味と捉えられがちですが、「お目にかける」は「見せる」を意味する言葉です。接頭語の付いた丁寧な言葉で、謙譲語に当てはまるため、目上の相手に何かを見せるシーンで使えます。

例えば、「私の作品をお目にかけたいので、次回の個展には是非いらしてください」という例文では「作品を見せたいため、次回の個展に来てください」という意味になります。似た言葉ではありますが、「会う」と「見せる」では意味が異なるため、使い分けてください。

「会いたい」を意味する「お目にかかりたいと存じます」

目上に「会いたい」と希望を伝えるシーンで使われるのが、「お目にかかりたいと存じます」です。希望の助動詞「~たい」が加えられた表現で、「存じます」は「思います」を意味しています。

例えば、「お噂はかねがね聞いておりますゆえ、是非ともお目にかかりたいと存じております」という例文だと「噂は前から聞いているため、是非とも会いたい」という意味になります。

初対面で使える「初めてお目にかかります」

目上の相手が初対面だった場合に使えるのが、「初めてお目にかかります」という言葉です。ビジネスシーン以外でも、丁寧な挨拶として使われます。類語に「お初にお目にかかります」という言葉があり、「初めてお目にかかります」よりも丁寧な表現であるため、相手によって使い分けてください。

「お目にかかる」を使った例文

会いたい様子を表す「お目にかかれれば幸いです」

「会いたい」様子を伝えるシーンで使えるのが「お目にかかれれば幸いです」という言葉です。「幸いです」は「そうしてもらえると嬉しい」を意味する丁寧な表現であるため、目上の相手に適しています。

例えば、「かねてからご挨拶をと考えておりましたので、1度お目にかかれれば幸いです」という例文だと、「以前から挨拶をしたいと考えていたため、1度会えると嬉しい」という意味になります。

会うことが楽しみである「お目にかかれるのを心待ちにしております」

会うことを楽しみにしている様子を表すのが、「お目にかかれるのを心待ちにしております」という言葉です。「会うことを待ち望んでいる」を意味しており、相手に会う前に使えます。

例えば、「式当日、お久しぶりにお目にかかれるのを心待ちにしております」と使えます。

会った時に使う「お目にかかれて光栄です」

目上の相手に会った状況で使えるのが「お目にかかれて光栄です」という言葉です。「光栄です」は「名誉に思うこと」を意味しており、相手に敬意を表す言葉として適しています。

例えば、「政界で有名な○○先生に、お目にかかれて光栄です」という文章だと、「政界で有名な○○先生に会えて、名誉に思えます」という意味になります。

まとめ

「会う」を意味する「お目にかかる」という言葉。接頭語と謙譲語が加わった丁寧な敬語表現であるため、堅苦しいと感じるシーンでは類語の「お会いする」が適しています。使い方の1つ「お目にかかりましょう」は、敬語表現ではあるものの失礼と捉えられる場合があるため、注意してください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。