「誠に勝手ながら」の意味や使い方は?類語や例文つきで解説

「誠に勝手ながら」はビジネス文書やメール、日常会話など幅広い場面で用いることのできる便利な言葉ですが、その反面で正しい使い方を身に着けていない方が多い言葉でもあります。相手の意に反して自分の要望を押し通すときなどに使う言葉のため、使用する際は失礼にならないように十分に注意する必要があります。



「誠に勝手ながら」の意味

 

「誠に勝手ながら」の意味

「誠に勝手ながら」とは読んで字のごとく、「非常に勝手ではありますが」という意味になります。「誠に」を言い換えると「本当に」、「非常に」、「実に」などとなり、後ろに来る言葉を強調する副詞としての役割を果たしています。

「誠に勝手ながら」はクッション言葉

「誠に勝手ながら」はクッション言葉として用いられます。クッション言葉とは相手に言いにくいことなどを伝えるときに、その言葉の持つ響きを和らげて、できるだけ相手の気分を害さないようにするために用いる言葉です。

クッション言葉はビジネスの世界では非常に重要な言葉で、できるビジネスマンであれば誰もが身に付けています。中でも「誠に勝手ながら」は様々な場面で使われる代表的なクッション言葉の一つです。

ビジネスで使えるクッション言葉の例

せっかくクッション言葉の説明をしたので、ここでは「誠に勝手ながら」以外のクッション言葉についても以下にいくつかご紹介します。いずれもビジネスの現場でよく用いるものなので覚えておくことをお勧めします。

  • 申し訳ありませんが~
  • 突然ではございますが~
  • 早速ですが~
  • 大変恐縮ですが、~
  • もしよろしければ~
  • ご面倒をおかけしますが~
  • 大変申し上げにくいのですが

「誠に勝手ながら」の正しい使い方

目上の人に使っても問題なし

「誠に勝手ながら」は「勝手」という言葉が含まれているせいか、目上の人には用いることができないと思っている方もいますが、そのようなことはありません。「誠に勝手ながら」の「誠」は誠心誠意の「誠」であり、真心を表す言葉として用いられます。このため、上司や取引先の相手に対して用いても失礼に当たることはありません。むしろ、相手に対してへりくだっている印象を与えることができるので、好感を持って受け止められる場合が多いです。

頼みごとをしたいときに便利に使える

相手にものをお願いするのは時としてなかなか勇気が要ります。ましてその相手が上司などの目上の人であればなおさらです。そんなときに「誠に勝手ながら」をうまくクッション言葉として活用することで頼みにくい事柄でも比較的すんなり口にできることもあります。

使い方としては、「誠に勝手ながら〇〇をお願いしたく思います」などとすればよく、丁寧でへりくだった印象を与えることができるので相手にもお願いを受け入れてもらいやすくなります。

「誠に勝手ながら」を使った例文

ここでは、「誠に勝手ながら」を用いた例文をいくつか紹介したいと思います。基本的な使い方のパターンをしっかりと頭に入れ、ビジネスの現場などで臨機応変にご活用いただければ幸いです。

  • 誠に勝手ながら、本日の営業は終了させていただきます。
  • 誠に勝手ながら、本件について弊社は辞退させていただきます。
  • 誠に勝手ながら、至急当社までお越しいただきたく、お願い申し上げます。
  • 誠に勝手ながら、明日より1週間休業させていただきます。
  • 誠に勝手ながら、本日は休ませていただきます。
  • 誠に勝手ながら、年末年始は営業日程を変更させていただきます。

「誠に勝手ながら」の類語や言い換え

「誠に勝手ながら」にはたくさんの類語表現があります。「誠に勝手ながら」とこれらを交互に使うことで表現の幅がグッと広がりますので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

相手にお願いをする場合

相手に何かをお願いをする場合は、「誠に勝手ながら」の代わりに以下のような表現を使うことができます。

  • 誠に恐れ入りますが~
  • お手数をおかけしますが~
  • ご面倒をおかけしますが~

自分の我がままを許してもらう場合

自分の我がままな行動について相手の理解を求める場合は、「誠に勝手ながら」に代わって以下のような表現を使うことができます。

  • ご無礼を承知のうえで~
  • 勝手とは存じますが~
  • ~についてご了承いただきたく思います

「誠に勝手ながら」の英語表現

「誠に勝手ながら」に相当する英語表現には以下のようなものがあります。

  • I’m afraid that ~
  • I am sorry to trouble you, but ~

いずれもシンプルな単語で構成された表現なので英文のビジネスメールなどでぜひお使いください。

まとめ

「誠に勝手ながら」はクッション言葉の代表格であり、相手の意にそぐわない要望を率直に伝えたいときに大変重宝する言葉です。条件交渉時などビジネスの世界では頻繁に使うことのできる言葉なので、この機会にしっかりとマスターしておくと良いでしょう。