「新天地でのご活躍」は目上に使える?正しい使い方と例文を紹介

ビジネスシーンにおいて、転職・退職・異動・転勤などで現在の職場を離れる人に、お別れの言葉の挨拶、お手紙を送る事があります。そんな時「新天地でのご活躍」という言葉をよく見聞きすると思いますが、実はこの言葉、使って良い時と悪い時があったんです!今回は「新天地でのご活躍」の意味と正しい使い方、また言い回し表現を、類語や例文と併せてみていきましょう。



 「新天地でのご活躍」の正しい意味は

「新天地でのご活躍」の意味

「新天地でご活躍」の「新天地」という部分は、「新しい世界」や「新しい環境」を指す意味です。天と地が世界を表すことにより「今までに無かった新しい世界・様子」を「新しい天地」すなわち「新天地」という言葉で表しています。この「新天地」に行って活躍するという意味で、「新天地でのご活躍」という表現になっているのです。この後に続く文として、「新天地でのご活躍」をどうするのか?という内容を後ろに付けて、挨拶や送る言葉としての意味が完成します。

「新天地でのご活躍」を使う場面

ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」を使う場面は、新しい世界で活躍する人、今の場所から離れ行て行く人、つまり転勤や転職、異動などによって現在の職場を離れて行く人に送る言葉として使われます。見送る側からのお別れの挨拶として使うのが一般的です。

「新天地でのご活躍」を使って良い時と悪い時

「新天地でのご活躍」を使っても良い時

ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」は、転勤や転職、異動の際に送る言葉として使われますが、次の異動先や、転職先などはっきりと行き先が決まっている人に対して使う事ができる表現です。稀に結婚や出産を機に家庭に入るために退職される方がいます。この場合も新しい生活という意味で「新天地でのご活躍」という表現を使う事ができます。ポイントとしては「前向きな理由」「行き先が決まっている人」に対して使う表現として覚えておきましょう。

「新天地でのご活躍」を使ってはいけない時

それでは、「新天地でのご活躍」を使ってはいけない場合はどのような時なのでしょうか。退職後のはっきりとした行き先が決まっていない場合や、ケガや病気による退職の場合などには「新天地でのご活躍」を使うのはタブーです。また左遷や更迭に伴う異動などが明確に周知されている場合には、「新天地でのご活躍」は避けるべき表現です。

「新天地でのご活躍」を目上(上司)に使う場合の注意点

「新天地でのご活躍」という表現は目上に使える

まず「新天地」に関しては「新しい世界」という意味なので問題はありません。「ご活躍」に関しても敬語表現なので問題はないでしょう。「新天地でのご活躍」という表現自体は、目上の方や先輩に対して使うのには問題はない事がわかります。

「新天地でのご活躍」の後に付ける表現が重要

目上の方や先輩に対して使う場合に注意が必要なのは「新天地でのご活躍」の後に付ける、自分の気持ちを表現する文章にあります。例えば「新天地でのご活躍を期待します」という表現では、「活躍を期待する」つまり「成果を出すことを期待する」という意味になります。目上の方に対して「成果を出すことを期待する」という表現は失礼にあたるので使う事はできません。

「お祈り」や「ご祈念」を使って適切に表現する

目上の人に対して「新天地でのご活躍」の後に付ける適切な表現としては、「お祈り」や「ご祈念」などを使うと失礼に当たらずに気持ちを表す事ができます。「新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます」という表現にすると、「心から」の部分で気持ちが伝わりやすくなり、更に「申し上げます」という謙譲語を付け加える事で、目上の方や先輩に対して使う適切な表現となります。

「新天地でのご活躍」の例文

同僚や目下の人に使う場合

  • 新世界でのご活躍を期待します
  • 新世界でのご活躍をお祈り致します
  • 新世界でのご活躍をご祈念致します

目上の人に使う場合

  • 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます
  • 新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます
  • 新天地でのご活躍ををご祈念申し上げます
  • 新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます

「新天地でのご活躍」の類語

「新天地でのご活躍」の色々な表現の仕方

  • 新しい環境でも必ず活躍すると期待しています
  • 新しい職場でも頑張ってください
  • 新たな勤務地でも活躍されることを願っております
  • 新任地でも頑張ってください
  • 新境地での活躍を期待しております

「新天地でのご活躍」目上の人に使う場合の言い回し

  • 新天地でのご発展をお祈り致します
  • 新しい環境での益々のご健勝とご発展をお祈り申しげます
  • 新任地でのご活躍とご発展を祈念致します
  • 新たな勤務地でのご活躍をお祈り申し上げます

自分が異動する場合に使う応用の仕方

送る側としてではなく、送られる側として挨拶をする場合にも「新天地でご活躍」を応用する事ができます。お別れの場の挨拶の際や、感謝のお礼状、送られた翌年の年賀状などにも使えるので覚えておくと便利です。

  • 新天地でも頑張ります
  • 新天地でも活躍できるよう頑張ります
  • 新天地での活躍の応援をよろしくお願いします
  • 新天地で頑張っています
  • お陰様で新天地での活躍の場をいただきました

まとめ

「新天地でのご活躍」の正しい使い方や言い回しをみてきました。使って良い時と悪い時の区別としては、転勤や転職など「前向きな理由で行き先が決まっている人」に対して使うという事がポイントです。目上の方や先輩に対して使う場合や、同僚や部下などに使う場合には「新天地でのご活躍」の後に続く文章に注意して使い分けをしなければいけません。一方自分が送られる側としても、挨拶やお礼状、年賀状などに応用できる言葉として使えます。

このように「新天地でのご活躍」を使う場合は、送る人の立場、行き先、異動理由を考えて適切に使わなければいけないという事がわかりました。社会人にとって挨拶は最も重要な仕事の一つです。適切な表現を適切な場面で使いこなせるよう、日々知識を広げる努力を続けましょう。