「当社」と「弊社」の使い分け方とは?注意点も解説(例文付き)

同じ意味なのに、なんとなくイメージが変わる「当社」と「弊社」。正しい使い分け方をご存知でしょうか。間違えると、使う場面によっては相手に失礼になってしまうこともあります。今回は、正しい「当社」と「弊社」の使い分け方や注意点を紹介します。「当社」と「弊社」の違いを理解して使いこなせるようになりましょう。

「当社」と「弊社」の違いと使い分け方

「当社」と「弊社」の意味はどちらも「自分の会社」

「当社」と「弊社」は、どちらも「自分の会社」という同じ意味の言葉です。「当」には「道理にかなっている」という意味があり、「弊」には「悪い習慣」などのネガティブな意味があります。

「当社」と「弊社」は、同じく自分の会社を表していますが、まったく違う意味の漢字を使っており、伝えるニュアンスが異なります。場面にあわせて使い分けましょう。

「当社」は丁寧語で「弊社」は謙譲語

「当社」は、「自分の会社」を丁寧に表現した言葉です。これに対して「弊社」は、「自分の会社」をへりくだって表現する言葉です。

敬語にあてはめると、「当社」は丁寧に伝える丁寧語で、「弊社」は、自分がへりくだることで相手をもちあげる謙譲語と考えられます。一般的な敬語の使い分けと同じく、丁寧語を使うべき場面か、謙譲語を使うべき場面かで、「当社」を使うか、「弊社」を使うかを決めます。

「当社」は身内、「弊社」は社外で使うことが多い

「当社」を使うべきか、へりくだった表現の「弊社」を使うべきかについては、相手との関係性や、その時の会話で決まります。

社外の方との会話では、より丁寧に「弊社」を使って会話することが多いです。特に謝罪などの場面では、「弊社」を使わなければ失礼に受け取られることもあります。

これに対して、「当社」は身内との会話で使われます。また、自分の会社が、責任を持ってしっかりと仕事をしているというアピールをする場面など、へりくだるべきではない場面では「当社」を使います。

「当社」と「弊社」を使い分ける際の注意点

「当社」と「弊社」は文書でも会話でも使う

「当社」と「弊社」は、文書でも会話でも使える言葉です。ビジネスシーンでは、文書と会話で言い方が変わる言葉がありますが、「当社」と「弊社」は含まれません。

文書と会話で言い方が変わる言葉として代表的なのは「貴社」と「御社」です。「貴社」と「御社」は、どちらも「あなたの会社」という意味ですが、「貴社」が文書で使う言葉で、「御社」が会話で使う言葉です。

「当社」や「弊社」と同じく、会社を表す言葉のため、混同されることが多いので、気をつけましょう。

ホームページや会社案内では「当社」が多い

ホームページや会社案内など、自分の会社を説明する場面では「当社」が使われることが多いです。

自分の会社を説明する場面というのは、基本的には、お客様が安心して仕事の依頼ができるように、自社のアピールをする機会です。自分の会社の説明でへりくだってしまうと、お客様が不安になってしまう可能性もありますので、毅然とした態度が必要です。

ホームページや会社案内などの、毅然とした態度が必要な場面では、へりくだった表現の「弊社」ではなく、「当社」を使いましょう。

「当社」と「弊社」を使った例文

「当社」を使った例文

  • 当社の来期の売上目標は〇円です。皆さんで目標達成に向けて頑張りましょう。
  • 当社の製品は、これまでにない新しい機能を備えています。
  • そちらのご意見については、事実と相違がございましたので、当社としては同意いたしかねます。

「弊社」を使った例文

  • 今後とも、弊社への変わらぬご愛顧をいただけますよう、お願い申し上げます。
  • この度は、弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
  • 弊社の不手際により、お客様に多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

「当社」と「弊社」の類語と言い換えの注意点

ここでは「当社」や「弊社」と同じく、「自分の会社」という意味の言葉を紹介します。また、言い換えるときの注意点も紹介していますので、間違えないように使い分けましょう。

「自社」は、より身近な人との表現

「自社」は、「当社」よりも丁寧さの劣る表現です。社内でも、ごく身近な人との会話に使いましょう。例えば、以下のように使います。

  • ここの棚には自社製品を並べている。
  • 自社のサービスには、欠点がいくつかある。

「わが社」は、役職が上の人が使う

「わが社」は、「当社」や「自社」に比べて「自分が所属している」という意味が強い言葉です。一般的には役員の方が、社内の人に対して使うことが多いため、使う時には注意が必要です。

「私たち」「私ども」と言い換えると親近感のある表現に

「当社」は、丁寧な言葉ですが、毅然とした印象を与えることもあります。会話をする相手との距離感によっては、ソフトな印象を与えた方がよい場合もあるでしょう。

「当社」や「弊社」を、「私たち」や「私ども」と言い換えると、親近感のある表現になります。場合によっては社内の結束が強いようなイメージを与えることもできるでしょう。

まとめ

「当社」と「弊社」は、どちらも「自分の会社」という意味の言葉ですが、会話をする相手や場面によって、使い分けが必要です。「当社」は自分の会社を丁寧に表現した言葉ですが、「弊社」は自分の会社がへりくだることで、相手を高める謙譲語です。一般的には社外の人に対しては「弊社」を使うことが多いですが、毅然とした態度を表す場合などは「当社」を使います。相手に失礼のないように使い分けましょう。