「諸々」は「色々」とは違う?敬語の使い方も例文で解説

「諸々ありがとうございます」「諸々の事情により…」という表現を何気なく使っているかと思いますが、使い方にいまひとつ自信が無いという人もいるのではないでしょうか。ビジネスシーンにおいてよく使用する「諸々」の使い方について、例文もまじえて解説します。



「諸々」の読み方と意味

「諸々」は「もろもろ」と読み、「しょしょ」ではありません。意味は「多くのもの、いろいろ、さまざまなもの」となり、「諸々の出来事」「諸々の説」などと用います。「諸々」のうしろにつける事柄についてさまざまなものがある、ということを示します。

「諸」と単独で用いる場合は「しょ」と読み、「同類のものについて、いくつか(いくつも)有ること」という意味となり、「諸国」「諸問題」「諸事情」というように他の名詞と合体した複合名詞として用います。

「諸々の事情」も「諸事情」も意味としては同じですが、単独の名詞として使用する場合と、複合名詞として使用する場合の違いとなり、前後の文脈や状況により、適宜使い分けます。

ビジネス用語としての使い方と注意点

日常の会話の中でというよりも、ビジネスシーンで使用されることが多い言葉ですが、使い方に気を付けるべきポイントはあるのでしょうか?使い方と注意点を説明します。

「諸々」の使い方

ビジネスの場面では、依頼、承諾、受領など様々な連絡の場面で活用できます。

  • その他諸々の件、よろしくお願いいたします。
  • 諸々、了解いたしました。
  • 諸々の方法を検討します。
  • 諸々ありがとうございます。
  • 諸々資料をお渡しいたします。

以上のように、「諸々」は「さまざまなもの」を表しますが、「その他いろいろ」というような曖昧な意味合いも含まれています。そのため、詳しい説明を省いて短い文章や言葉でやりとりができることから、ビジネスの場面では便利な言葉としてよく用いられます。

「諸々」の注意点

逆にそのような性質から、謝罪の場面やそれほど親しくない相手などに対して使用すると、使い方によっては失礼な印象を与えることがあります。特に説明を尽くす必要が求められる場面においては、「諸々」は省略する言葉であるため、不適切な言葉となります。

例えば一般的な事柄について「さまざまに」という意味で使用する場合の「諸々の法律によって規定されています」というような場合は問題ありませんが、「その他いろいろ」という曖昧さを含んだ意味合いで説明を省略してしまうことは避けましょう。「諸々の事情が重なり、このような結果を招いてしまいました」などです。

また、いろいろあるものが何なのか、をはっきりさせると丁寧な印象を与えることができます。複数の事柄に対してお礼を述べたいような場合、「諸々ありがとうございます」だけでなく、「〇〇の手配や〇〇の準備など、諸々のご配慮をいただきましてありがとうございます」などといくつかを具体的に挙げることにより、より一層感謝の気持ちが伝わります。逆にすべてを「諸々」だけでまとめてしまうと、投げやりな印象を与えてしまう場合があるので注意しましょう。

「諸々」の類語

「多数のものごと」を表す類語は「種々」「色々」があり、「種類がたくさんあること」を表す類語は「諸般」「多彩」「様々」などがあります。

「色々」と「諸々」の違い

「色々」は意味としては「諸々」と同じように使えますが、「色々」は話し言葉のため、ビジネス文書や目上の人に対する手紙などで用いるのは失礼になります。「色々」と書きたい場合は「諸々」と置き換えるようにしましょう。「色々と(な)ご配慮をいただき、ありがとうございます」の話し言葉は「諸々のご配慮をいただき、ありがとうございます」となります。「諸々」のあとには「諸々と」や「諸々な」ではなく、「諸々の」と「の」をつけるため、「色々」とは違うので注意しましょう。

「諸般」と「諸々」の違い

「諸般」は「いろいろの」という意味とともに「あれこれ考え合わせられる」という意味があります。「諸般の事情により…」という言い回しでよく用いられます。「諸般の事情により中止といたします」「諸般の事情により辞退いたします」などと、いろいろな事情を考えあわせた結果こうなった、という理由の説明として用いられ、その理由を特定したくない場合や、明らかにしたくない場合など、曖昧にしたい時の表現です。「諸々」よりもより一層曖昧さを含ませたい時に使用するため、結果がネガティブな事柄になるときに使う場面が多いのが「諸般」です。

まとめ

「諸々」は説明をコンパクトにできる便利な言葉でした。ただし、使い方によってはまとめる表現が失礼になる場合があるので、状況をよく考えて使用するようにしましょう。とはいえ、無駄な言葉を省いて連絡をスピーディーに行えることもビジネスマンとして必須のスキルです。「諸々」をうまく使いこなし、こなれたビジネス文書が作成できるようになりましょう。