「天地無用」の正しい意味は?なぜ「無用」なのかについても解説

宅配便などで目にする「天地無用」にはどんな意味があるのでしょうか。「無用」という言葉が邪魔して、スムーズに理解できないという方は多いかもしれません。今回は「天地無用」の意味や使い方、語源などについて解説します。「天地」とは何か、なぜ「無用」なのか、ということがわかればすっきりと理解することができますよ。



「天地無用」の意味と読み方とは

「天地無用」は上下を逆にしてはいけない

「天地無用」は「てんちむよう」と読みます。「天地無用」には「上と下を逆さまにしてはいけない」という意味があり、主に荷物の外箱などに記載されています。

「天地無用」の「天地」とは上下を意味しています。上が「天」で下が「地」です。この場合の「無用」は「してはいけないこと」という意味で、「無用」が持つもう一つの意味の「必要ない」という解釈はしません。

語源は「天地混同無用」

「天地無用」の語源は明確ではありませんが、最初から配送関連用語として使われていた可能性が高いと言われています。「天地無用」の元となったと考えられる言葉には「天地混同無用」があり、意味は現在の「天地無用」と同じです。

「天地混同無用」の「混同」は、「公私混同」などにも使われる言葉で、「異なるものを一緒くたにする」という意味です。「天地混同無用」は「天と地を一緒くたにしてはならない」という意味があり、「天地無用」と同じと考えることができます。

「天地無用」の使い方

宅配の荷物に貼るシールやマークとして使う

宅配の荷物の中には上下を逆にすると、中身が崩れてしまうものや、壊れてしまうものがあるので、「天地無用」と記載をして、宅配中の注意を促しています。「天地無用」と手書きで書かれているものや、シールやマークを使って示しているものもあります。

「天地無用」の文字は、配送員や受け取る人の目に触れなければならないので、赤文字や太字など、目立つ書き方をするのが通常です。配送会社などへ「天地無用でお願いします」と依頼すれば、注意書きをしてくれたり、シールやマークを貼って発送してもらうことができます。

「天地無用」を使った例文

  • 「大切な作品なので、配送は天地無用でお願いします」
  • 「今回の荷物の中に破損が見受けられました。次回より天地無用としてください」
  • 「製品の安全のために、天地無用で出荷しました」
  • 「天地無用の荷物から順におろしてください」
  • 「前回の天地無用の荷物の中に、その商品が入っているはずです」

「天地無用」の類語

意味は知っておきたい「天地反転無用」

「天地無用」の意味を持つ言葉はいくつかあります。元となっている「天地混同無用」と似た言葉であれば「天地反転無用」です。「天地反転無用」も「天地無用」と同じで、「上下を逆さまにしてはならない」という意味で使うことができます。

荷物を逆さにしてはならない、という注意はほぼ「天地無用」で済ませることができますが、企業によっては自社の規定で「天地反転無用」と記載することになっている、という場合もあるので、意味はわかるようになっておいた方が良いでしょう。

事前資料などに記載される「天を地に用いることを禁ずる」

現代では「天地無用」は四字熟語の一つとして広く認識されています。その「天地無用」を、少しかみ砕いた言葉にしたものが「天を地に用いることを禁ずる」というものです。

この言葉が荷物の外箱などに書かれていることはあまりありませんが、荷物についての事前のやりとりなどで「ただし、荷物は天を地に用いることを禁ずる」などの記載がされていることもあります。

「天を地に用いる」とは「上と下を逆さにする」ということなので、意味は「天地無用」とまったく同じです。

もっとも身近な天地無用は「われもの注意」

「天地無用」という言葉にあまり馴染みがない、という方も多いでしょう。しかし「われもの注意」という表示なら見たことがあるのではないでしょうか。

「われもの注意」は、文字通り「この荷物は割れ物が入っているので、丁寧に扱ってください」という意味の注意書きです。中身が割れ物で丁寧に扱う、ということは、つまり上と下を逆さにしないということも含まれます。

荷物を出荷するときに、中身が割れ物であれば「われもの注意」の記載をしたり、シールやマークを貼り付けてもらいます。割れ物でなくても丁寧に扱ってもらわなければならない品であれば配送会社の判断で「われもの注意」の記載がが使われることもあるようです。

「天地無用」の英語

「天地無用」は英語で「This side up」

「天地無用」という概念は日本だけでなく、諸外国にも存在しています。「天地無用」という言葉を英語にすると「This side up」または「Do not turn over」となり、「この面を上にしてください」「このまま倒したりしないように注意してください」ということを示します。

海外の配送物などでも、日本と同じように「天地無用」を表すシールやマークが使われていることがあり、それらでは「UP」の文字と、上にしてほしい方向を示した矢印が一緒に書かれていることが多いでしょう。

まとめ

「天地無用」という言葉は、普段配送に関わらない人にとっては意味がわかりにくいものです。しかし「天地無用」という言葉は短いのにインパクトもあり、目につきやすいという特徴もあります。たくさんの荷物を配送する配送会社の人が、一目見て「逆さにしてはいけない荷物」と判断するためには「天地無用」の表示が必要なのかもしれません。