「因果応報」の意味とは?本当の由来や類語・使い方の実例も解説

「因果応報」という言葉をどのような意味で使っていますか?何となく悪い意味で使っている、という方は多いかもしれません。今回は「因果応報」の意味や由来、使い方などについて解説します。知っておくと何かと便利な「因果応報」の類語のほか、「因果応報」と似た「自業自得」についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。



「因果応報」の意味と読み方

辞書や辞典では「どんな行いも自分に戻る」の意味

「因果応報」は「いんがおうほう」と読みます。辞書や辞典で調べると「過去や前世の行いに応じて現在の状況が生ずること」と書かれています。現代で使われる四字熟語の「因果応報」は、「過去の行い」の良し悪しが、今の自分に返ってくる、という意味で使われることがほとんどです。あまり前世での行いについては考慮されない傾向があります。

過去の自分が良い行いをしていれば、今度は自分に良いことが起こり、過去の自分が後ろめたいような、悪いことをしていれば、今度は自分に悪いことが起こる、ということです。

「因果応報」の本当の由来は仏教

「因果応報」という言葉は日本で昔から使われている四字熟語です。「因果」とは「因縁と果報」を示しています。

「因縁」とは「物事が生じた原因」、のことで「果報」とは「報い(むくい)」「結果」という意味です。「応報」は「影響」という意味なので、つまりは「物事が生じた原因の報いが自分に影響する」と読み解くことができます。

この「因果応報」は、元々仏教の教えで「前世での行いは自分の業(ごう)となって自分に返ってくる」という意味で使われていました。現代でも仏教では同じ意味で「因果応報」を使うことが多いようです。一般的な会話で使う「因果応報」より「さらに昔(前世)での自分の行い」というニュアンスで使われることが多いでしょう。

「因果応報」は本当にある・ないと意見が分かれる

「因果応報」という言葉の解釈は、人によって違うことがあります。「因果応報はある」と考える人は、自分に起ったできごとを、過去の自分に照らし合わせて「やっぱり因果応報はある」と考えます。一方、「因果応報はない」と考える人は、自分に起きるできごとを「偶然」「たまたま」と受け止める傾向があります。

「因果応報」が本当にあるのかどうか、という点については人それぞれの受け取り方があるようです。

「因果応報」の使い方

「因果応報」は良い意味にも使える

四字熟語の中には、良い意味または悪い意味でしか使われない言葉と、どちらの意味も持っている言葉に分かれます。「因果応報」は後者です。自分が過去にした良い行いが、自分に返ってくる、という良い意味でも使われますし、反対の意味でも使うことができます。

しかし、現代の日本では主に「過去の悪い行いが自分に返ってくる」という意味で使われています。そのため「因果応報」という言葉を出すだけで、ネガティブなイメージを思い描く人は多いかもしれません。

実際には良い意味としても使えるので、過去のその人の良い行いが当人に返ってくる、という状況も「因果応報」です。

「因果応報」は実例や実話のまとめとしても使う

四字熟語の多くは、何らかのできごとを人に伝えるときに「つまりこういうこと」という、まとめの意味として使われます。「因果応報」も同じで、自分や他人についてのエピソードを話すときや、人への教えとして話したときのまとめとしても使いやすい言葉です。

相手にできごとを伝えるときに、実例や実話が取り上げられることは多く、それだけでも意味や意図は伝わりやすくなります。そこでさらに「因果応報」などの四字熟語を使うことで、より相手の中でまとまりのある話として理解してもらうことができます。

「因果応報」の例文(使い方の実例)

  • 「彼はこれまでにも散々周囲にひどいことを言ってきたから、ピンチに助けてくれる人がいないのも因果応報だ」
  • 「彼はいつも人を気遣っているから、彼が困ったときにはみんなが助けてくれる、これも因果応報と言えるだろう」
  • 「課長の立場が危うくなったのも因果応報で、普段の振る舞いが原因だ」
  • 「部長だけが騙されなかったのは因果応報だ、いつも誰に対しても親切な人だから」
  • 「欲張って一人でたくさん食べて体調を崩したなんて、まさに因果応報だね」

「因果応報」の類語

「因果応報」の類語は「自業自得」や「善因善果」など

「因果応報」の意味を持つ四字熟語はいくつかあります。中でも、特に意味が近いのは「自業自得」や「善因善果(ぜんいんぜんか)」「悪因悪果(あくいんあっか)」「自因自果(じいんじか)」などでしょう。

「自業自得」は大変メジャーな四字熟語で、日常会話などでも良く使われています。「自業」とは「自分がした行い」という意味で、「自得」は「自分が得るもの」という意味があります。つまり「自分がした行いが自分に返ってくる」という意味で、「因果応報」と同じ意味と考えて良いでしょう。なお、「自業自得」は通常悪い行いについて用いられることが多いですが、「自業自得」という言葉は良い行い、良い結果にも使うことができます。その点でも「因果応報」と同じです。

「善因善果」とは「良い行いは良い結果をもたらす」、「悪因悪果」は「悪い行いは悪い結果をもたらす」という意味があります。「自因自果」は「自分がした行いは自分に返ってくる」という意味で、「因果応報」とほぼ同じ意味として使うことができます。

ことわざでは「身から出た錆」が類語

「因果応報」と似た意味を持つ言葉がことわざの中にもあります。「身から出た錆(さび)」ということわざです。「身から出た錆」とは、「自分の悪い行いが招いた災い」という意味で、「因果応報」を悪い意味として捉えた場合に、同じ意味として使うことができます。

ただし、「身から出た錆」ということわざは、良い意味で使われることはなく、悪い行いによって得た悪い結果という意味でしか使われません。この点は「因果応報」と異なります。

「因果応報」の英語表現

「因果応報」の英語表現は「What goes around, comes around」

「因果応報」という言葉は、日本語なので英語圏の人にその意味を伝えたい場合は英訳しなくてはなりません。「因果応報」を英語にすると「What goes around, comes around」となり、「自分の行いはいずれ自分に戻ってくる」という意味です。

他にも英語では「karma(カルマ)」という単語だけで「因果応報」を表すこともできます。カルマはインドで言う「業」のことです。karmaは「因果応報」と同じで「自分がしたことは自分に戻ってくる」という意味として使えますが、どちらかと言うと「前世の行いが自分に戻って来る」という、仏教の教えとしてのニュアンスが強い言葉です。

まとめ

「因果応報」とは、良い意味でも悪い意味でも使える言葉です。一般的には悪い意味で使われがちですが、良い意味にも使えるということがわかれば、これまでよりも「因果応報」という言葉を使う機会が増えて来そうですね。類語と合わせて覚えておくと、内容や状況によって上手く使い分けられるかもしれません。