「玉石混淆」の意味とは?「玉石混交」との使い分けや類語も解説

「玉石混淆(ぎょくせきこんこう)」とは、「玉(ぎょく)=宝石」と「石」が入り混じったこと、優れたものとつまらないものが混在することを指す言葉です。常用漢字を使って「玉石混交」とも言います。

この記事では「玉石混淆」の意味や由来、使い方、類語と英語表現も解説します。

「玉石混淆」の意味とは?

「玉石混淆」の意味は「良いものと悪いものが混ざっている」

「玉石混淆」とは、「良いものと悪いものが混ざっている様子」を意味する四字熟語です。「玉石」が「価値のある玉と単なる石」を、「混淆」が「入り混じっている」という意味を持ちます。

「玉石混淆」の読み方は「ぎょくせきこんこう」

「玉石混淆」の読み方は「ぎょくせきこんこう」です。よくある間違いとして「ぎょくせきこんごう」と読むことがあるため、話し言葉で使用する場合は注意してください。

「玉石混交」は常用漢字を使った言い方で意味は同じ

「玉石混淆」は、「玉石混交(ぎょくせきこんこう)」とも表記します。意味や読み方は「玉石混淆」と同じで、「良いものと悪いものが混ざっている様子」を表しています。4つめの漢字である「淆」と「交」の違いは、常用漢字か否かです。

「淆」は常用漢字ではないため、代わりに常用漢字である「交」が当てはめられました。どちらを使用しても間違いではありませんが、公用文書や新聞など状況によっては常用漢字が使用されます。

「玉石混淆」の由来とは?

「玉石混淆」の由来は中国の書物にある

「玉石混淆」の由来は、中国の書物にあります。中国の宗教の1つである「道教(どうきょう)」を研究していた「葛洪(かっこう)」という人物が、著書『抱朴子(ほうぼくし)』に次のような文章を記しています。

「過去には書物の良し悪しを、見極められる人物が存在していたが、今の時代にはいなくなった」

これを「玉石混淆」と表していたことから、「良いものと悪いものが混じった様子」を「玉石混淆」と表すようになりました。

「玉石混淆」の使い方

「良いものと悪いものが混ざったもの」に対して使う

「玉石混淆」の使い方としては、言葉の意味のとおり「良いものと悪いものが混ざったもの」に対して使います。

身近なものの例を挙げると、インターネット上の情報は「良いもの」「悪いもの」が混ざったものだと言えます。全てが真実とは限らず、本当の情報もあれば、残念ながら嘘の情報もあります。まさにインターネットに溢れる情報は「玉石混淆」と言えます。

  • 私たちが日々触れているインターネット上の情報は、玉石混淆だ
  • よく聞くうわさ話は玉石混淆だから、あまり鵜呑みにはしないでおこう

「玉石混淆」を人に対して使う場合は要注意

「玉石混淆」を人に対して使用する場合、失礼となることがあるため注意が必要です。「良いもの」と「悪いもの」が混じっている様子を意味するため、「玉石混淆」を使うことで相手側に「悪いものもある」と伝えることになります。

特にビジネスシーンでは、取引先や目上の人に使うと「失礼だ」と捉えられる場合があるため、気を付けてください。

「玉石混合」は誤用なので使わない

言葉の音が似ていることから、よくある間違いとなっているのが「玉石混合(ぎょくせきこんごう)」です。「混合」には「混ざり合うこと」の他に、「異なる性質の物を混ぜ、均一にする」という意味が含まれています。

「混淆」は単に「入り混じっている様子」を表しているため、均一にするという意味は含みません。よって「玉石混合」というのは誤用です。

「玉石混淆」の類語

「玉石同架」は「玉石混淆」と同じ意味

「玉石混淆」の類語には、「良いものと悪いものが混ざり合う様子」を意味する「玉石同架(ぎょくせきたんか)」が当てはまります。これは「玉石混淆」と同じ状況で使用できます。

「珠玉混合」は良いものだけを指す

「珠玉混合(しゅぎょくこんごう)」は、「真珠や宝石」を意味する「珠玉(しゅぎょく)」と、「玉石混淆」が混ざって作られた言葉とされています。

「玉石」が「良いものと悪いものが混ざる様子」を意味しているのに対し、「珠玉」は「真珠と宝石」を表していることから、両方とも「良いもの」を意味します。よって悪いものを含む場合には使えません。

「玉石混淆」の英語表現

英語では「thread and thrum」

「玉石混淆」を英語で表す場合、「thread and thrum」が当てはまります。「thread and thrum」とは、「糸と糸くず」という意味をもつことわざです。「玉石混淆」は、「玉」が「良いもの」を、「石」が「悪いもの」を表しているのと同じで、「thread and thrum」では「thread(糸)」が「良いもの」を、「thrum(糸くず)」が「悪いもの」を表しています。

まとめ

「玉石混淆」という四字熟語は、「良いものと悪いものが混ざっている様子」を表す言葉で、常用漢字が使用された「玉石混交」も同じ意味をもちます。

ただし、「玉石混合」は誤った表現であるため注意しましょう。場合によっては、「玉石混淆」の類語である「玉石同架」に言い換えてみてください。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。