「生殺与奪」の意味とは?類語や上司として理解すべきことも解説

「生きる」と「殺す」という相反する意味を持つ言葉を使った四字熟語に「生殺与奪」があります。人間の権利に関する言葉でもあることもあり、経営者や人事担当者、また部下を持つ立場の人は意味を理解しておくことが大切です。

ここでは「生殺与奪」の読み方と意味、英語と類語、言葉を使う時の注意点を紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。



「生殺与奪」とは?

はじめに「生殺与奪」の読み方と意味を英語表現と含めてみていきましょう。

「生殺与奪」の読み方は「せいさつよだつ」

「生殺与奪」という四字熟語の読み方は「せいさつよだつ」となります。「生殺」の部分を「しょうさつ」「きさつ」などと読まないように気を付けましょう。

「生殺与奪」の意味は「他人を自分の思い通りにすること」

「生殺与奪」は「他人を自分の思い通りにする」という意味を持ちます。「生殺与奪」という言葉からも読み取れるように「人を生かしたり殺したり、また与えたり奪い取ったりする」ことを指す言葉です。

「生殺与奪」は自分の思うがままに、どうしようと自分の意のままにするという「身勝手」な言動そのものを意味しています。

「生殺与奪」は英語で「power of life or death」

英語圏では人の命や人権に対する表現に非常にシビアです。そのため、英語で「生殺与奪」を表現する時は、使う相手や状況を選んで使うようにして下さい。第三者的に会話で「生殺与奪」という言葉を使う場合は「power of life or death」となります。

「生殺与奪」の類語は?

続いて「生殺与奪」の類語を見てみましょう。

言い換えできる類語は「手玉に取る」「活殺自在」

「生殺与奪」と言い換えのできる類語は「手玉に取る」「活殺自在(かっさつじざい)」、また「生かすも殺すも思いのまま」などになります。

「手玉に取る」は会話でもよく使われる表現で「相手を思いの通りにする」、また「活殺自在」は「自分が相手より優れていることで、思いのままに勝ち負けが決定できる状況のこと」を意味する言葉です。

「舵を取る」「カギを握る」なども似た表現

「舵を取る」は「ものごとの取り決める際に主導権を持つこと」という意味があり、「相手を生死を自分の意思に委ねる」というニュアンスがあります。

また「カギを握る」「行方を握る」「運命を決める」なども、「カギを握る」と同じような意味でよく使われますが、「生殺与奪」よりも言葉の意味合いがやわらかく、会話の中で好んで使われるのが特徴です。

「生殺与奪」は上司が理解しておくべき言葉?

職場で人の上に立つ上司やリーダーは、部下を指導する際、「生殺与奪」の意味を踏まえて行動することが求められています。

「生殺与奪」は人間の権利に関係する言葉でもある

「生殺与奪」は「生殺与奪の権を握る」というように、人間の権利に関係する言葉でもあります。

また「生殺与奪」は言ってみれば「支配」「コントロール」という言葉と深い結びつきがあるとも言えるでしょう。そのため、職場をはじめ、あらゆる社会生活など人間関係が存在するシーンでは「生殺与奪」の状況を生まないようにすることが大切です。

上司として「生殺与奪」の意味を理解する

「部下」を持つ上司にとっては、生活環境や考え方の異なる部下に対し、個人の感情を全く抜きにして接してくことは簡単なことではないでしょう。

部下の成果によっても評価される立場にある「上司」や「チームリーダー」は、焦りが加速して「部下」の意思や考えや尊重せず、攻撃的に支配してしまうことがあるかもしれません。つまり、上司が部下に対して「お前をどうにでもできる」と威圧的な態度で接したり、条件を掲げてノーと言えない状況に追いやったりすることです。

しかし「生殺与奪」の言葉からも学べるように、部下を自分の意のままに支配することは、業務管理者として適切な姿ではないと言えます。

「生殺与奪」を使う時は相手に気を付ける

「生殺与奪」は権利や権限を主張する内容の言葉であるため、相手に対しかなり攻撃的なニュアンスを与えてしまうことがあります。

「生殺与奪」という言葉を使う時は、相手との良好な関係を崩してしまうことが考えらえれるため、権利や権限を著しく奪われてしまったり、人権を侵害されてしまった際など、よほどの事情が絡む時のみに使うようにして下さい。

ちなみに、普段の生活で「生殺与奪」を使った会話をすることは少ないでしょう。

まとめ

「生殺与奪」は「他人を生きるも殺すも思いのままにすること」「第三者の権利や権限を与えたり奪ったりすること」を意味し、総じて「人を意のままに支配する」ことを指す言葉です。

職場では労働の権利や休暇を取得するさまざまな「権利」の他、部下に指示をしたり命令をしたりするさまざまな権限が数多く存在しています。管理職はもちろん、上司やリーダーである立場の人は部下それぞれが持つ状況や考えを理解し、公平な職場環境で働けるよう心がけていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。