「天涯孤独」の意味とは?類語表現や保証人事情についても解説

「天涯孤独」という言葉を聞くと、寂しいというイメージが湧く人が多いかもしれません。意味は「身寄りがいないこと」を指しますが、なぜそのような意味なのか、言葉の成り立ちまで説明できるようになりたいものです。

そこで「天涯孤独」の意味や類語、英語表現と併せて、実際に天涯孤独な人に起こる不自由さとはどのようなものかを説明します。



「天涯孤独」の意味とは

「天涯孤独」の意味は「身寄りがいないこと」

「天涯孤独」は「てんがいこどく」と読み、その意味は「身寄りがひとりもいないこと」です。

また身寄りとは、同じ血筋を引いた親族のことを指すことから、両親を亡くし兄弟もいなくて、さらに身を寄せる親類もいない方のことを「天涯孤独」と言います。

「天涯孤独」には「異郷にたった一人で暮らすこと」という意味も

「天涯」とは「空の果て」または「非情に遠いところ」という意味で、「孤独」とは「心の通じ合う人や頼りにする人がいない独りぼっちで寂しいさま」という意味です。

それらの言葉の意味から分かるように「天涯孤独」には、「遠く離れた異郷にたった一人で暮らすこと」という意味もあります。

この意味から発展して現代では、「気の許せて信頼できる友人がいないこと」や「たわいのない話ができる人がいないこと」を「天涯孤独」と呼ぶことがあります。

身寄りがいても縁が切れていたら「天涯孤独」

時には、実際に親類がいるかいないかではなく、身寄りと呼べる人がいると思えるか思えないかという主観的な理由で「天涯孤独」が使われることもあります。

それは身寄りである親近者とは連絡を取り合わないケースです。

ただこの使い方には違和感を覚える方もいるようです。

「天涯孤独」の3つの類語表現

「天涯孤独」の類語1:ひとりぼっち

「ひとりぼっち」は「ひとりぽっち」とも呼ばれ肉親や仲間がいない孤独なことを指します。

「一人」ではなく「独り」という漢字があてられます。

「天涯孤独」の類語2:独り法師(ひとりぼうし)

「ひとりぼっち」の語源で、「たったひとりの法師」という意味です。

「法師」は一般的には「僧」の意味で使われますが、琵琶法師のように僧ではない俗人だけれども僧の姿を真似ている人のことを指すこともあります。

「天涯孤独」の類語3:鰥寡孤独(かんかこどく)

「身寄りのない人」という意味です。妻のない夫、夫のいない妻やみなし子などを指します。

「天涯孤独」の3つの英語表現

「天涯孤独」の英語表現1:all alone in the world

「天涯孤独」を英訳するなら「all alone in the world」で「世界でたったひとり」という意味の英語表現です。説明的ではありますが、身寄りがいなくて孤独だという状況をよく表しています。

例文:“He was left all alone in the world.”「彼は天涯孤独になった」

「天涯孤独」の英語表現2:solitude

社会的に孤立しているという意味ならば「solitude」がいいでしょう。人が孤独であることを客観的に表した言葉です。

例文:“I live in solitude.”「私は天涯孤独だ」(寂しいといった気持ちは含まれていない)

「天涯孤独」の英語表現3:loneliness

「solitude」が客観的に事実として孤独を表しているのに対して、「loneliness」には孤独のため寂しいという気持ちも含まれています。

そのため独りぼっちで寂しいといった時には「loneliness」が適しています。

例文:”I live in lineliness.”「私は天涯孤独だ」(寂しいという気持ちが含まれている)

(付録1)老後はどうなる?天涯孤独だと困る様々なケース

天涯孤独だと社会的に困ることは思ったよりもたくさんあり、特に老後となると身元保証人が見つからなくて介護施設に入所できないなどの問題が起こるケースがよくみられます。

そこで天涯孤独で困ることとはどんなことかを見ていきましょう。

天涯孤独だと身元保証人が見つからない?

「身元保証人」とは「その人の身元を保証する人物のこと」です。身元保証人がその人を社会的にも信用できる人であり安心していいですよと、その人の人柄を保証します。

身元保証人が必要となるケースは思いのほか多く、就職の際、保険に加入するときの手続き、住居の賃貸契約など契約をするときなどです。

身元保証人は本人の身元を保証とするとともに、契約内容に反する行為、例えば保険料を滞納した場合などで、本人に代わって保険料を支払います。

つまり契約した会社等が損害を被った時にその補償をする人です。

天涯孤独だと住居の賃貸契約ができない?

アパートやマンションでの賃貸契約のときに連帯保証人がいる場合が少なくありません。

連帯保証人とは家賃を滞納したときに代わりに支払ってくれる人物で、身内に限らず友人でも上司でも構いません。

しかし、連帯保証人になってくれるような知人さえいないとしたら、希少である賃貸契約時に連帯保証人を必要としない賃貸物件を探すしかありません。

天涯孤独だと病院や介護施設に入居できない?

病院や介護施設の多くが、入居予定者の身元保証人を求めてきます。

一般的な身元保証人の役割は、入院費用や施設利用料の支払いの保証や身柄の引き取りなどです。

高齢者のなかでもとくに後期高齢者は配偶者も亡くなり親類とも縁が切れていることもあり、そのような場合は病院や介護施設では身元保証人がないままな入院や入所を認めることもあります。

また成年後見制度を活用しているケースもあります。成年後見制度とは、家庭裁判所による司法判断で援助者を選任して高齢者を援助する制度です。そこで選任された援助者を身元保証人として認める例もあります。

ただし身元保証人がいないことを理由に入院や入所を認めない事例もまだまだみられることから、高齢者の孤独死を防ぐためにも早急な対処策が講じられる必要があります。

(付録2)死後はどうなる?天涯孤独のお墓事情

天涯孤独な人のお葬儀事情

身寄りがない人がなくなる場合に最も多いのが孤独死です。この場合、一般的な葬儀は行われず、火葬のみが執り行われます。

天涯孤独な人の遺骨は無縁塚に埋葬

もしも親族が見つかれば遺骨は親族に引き渡されますが、まったく身寄りがないとなると、各自治体で約5年ほど管理されて、その後、無縁塚(むえんづか)に埋葬されます。

まとめ

「天涯孤独」とは「身寄りが一人もいない人のこと」であり、また「遠く離れた異郷で一人で暮らすこと」という意味です。どちらにしても孤独であることに変わりなく、そのため保証人が見つからないなど社会的に不便が生じることがあります。