「早々に」の意味と読み方!ビジネスでの使い方と例文を解説

「早々に」の「そうそう」には「そうそう」と「はやばや」という読み方がありますが、日ごろの会話や文章の中でも使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に正しく「早々に」を使っていると自信をもって言えますでしょうか?そこでここでは、「早々に」の正しい使い方や読み方による違いなどを詳しく説明します。



「早々に」「早々と」の意味

「早々(そうそう)に」の意味

「早々(そうそうに)」という言葉には、「早く」や「直ちに」、「急いで」という意味があります。一般的な使い方としては「早々に」という使い方がされることが多く、「開始早々」などの「なにかの直後」という意味でも使用されている言葉になります。

「早々(はやばや)と」の意味

「早々」という言葉は、「そうそう」という読み方以外にも「はやばや」という読み方があります。実はもともとは「はやばや」と呼んで使うのが古くから一般的なことだとされていました。

「はやばや」の意味は「そうそう」と同様に、「早く」や「直ちに」、「急いで」などの意味があり、「早々(はやばや)と」と使うのが一般的です。また、「早々(はやばや)と」は、どちらかというと「早い様」や「急いでいる様」などを表すことが多いため、ビジネスシーンでよく使われる言葉は「早々(そうそう)に」のほうだと言えるでしょう。

「早々に」の類語

「早々に」の類語は、「至急」や「いち早く」、「大急ぎで」や「早急に」などになります。どの言葉も「早々に」と同じように「早く」や「直ちに」、「急いで」などの意味を持っています。

「至急」や「大急ぎで」などは一般生活で使用することの多い言葉かと思いますが、「早々に」は少々堅苦しいイメージがあるため、一般生活で使用する頻度は多くありません。どちらかというとビジネスシーンや手紙などの文面で使用することの多い言葉だと言えます。

英語での「早々に」

「早々」を英語で書くと「Early」。ご存知のとおり「早い」「早く」などの意味があります。ただし「開始早々」などの「開始直後」という意味での「早々」になると「Immediately after start」などの言葉になります。

「早々に」の使い方

「早々に」を敬語として使う

「早々に」をビジネスシーンのなかで、上司や取引先などの目上の人に使う場合、「早々に」自体の敬語表現はありませんので、「早々にいたします」や「早々にします」などの使い方になります。

また、上記のように自分の行動にたいして「早々に」を使うことには問題ありませんが、目上の人の行動に使うことは失礼にあたります。

そのため、目上の人に「早々に」を使う場合は、「早急に対応いただきまして~」や「早速対応いただきまして~」、「迅速に対応いただきまして~」という言葉を使うのが正解です。

ありがとうの気持ちを伝えるのに便利

目上の人ではなく、同等の立場の人や目下の人に「早々に」を使う場合、「早々に対応してくれてありがとう。」など、相手の迅速な仕事ぶりを表現することができます。

「対応してくれてありがとう。」と伝えるだけではなく「早々に対応してくれてありがとう。」と付け加えることで、「ありがとう」という気持ちをより強調したり、相手の仕事ぶりに感謝するという気持ちを強調することもできます。

この場合、目上の人に対する「早急に」や「早速」、「迅速に」なども同じようなことが言えます。

「早々に」の例文

「早々に」の例文には以下のようなものがあります。

  • 来月早々には、対応させていただきます。
  • 入社早々申し訳ないね。
  • 来て早々悪いんだけど、この仕事をやってくれないか。
  • 早々に対応してくれてありがとう。
  • 早々のお返事ありがとうございます。

上記はすべて「そうそうに」の例文になります。「はやばやと」と使う場合は、以下のような使われ方がされます。

  • 彼は早々と仕事を切り上げたようだ。
  • 今日は早々と店じまいされるんですね。
  • わたしは早々と席をたった。

文章での「早々に」の使い方

メールや手紙での「早々に」

メールや手紙で「早々に」という言葉を使う場合も、目上の人に対しては「早急に」や「早速」、「迅速に」などの表現を使用するようにしましょう。

もちろん、同等の立場の人や目下の人、自分自身の行動に関して「早々に」という言葉を使うのは、文章の上でも問題ありません。

年賀状での「早々に」

よく、年賀状の文面で「早々にお年賀状をいただき、誠にありがとうございます」などの文面を見かけます。この言葉からもわかるように、「早々に」とつけている時点で、相手の年賀状を受け取ってからお返しに年賀状を送ったということがわかります。

もちろん、「早々に」をつけることで「有難い」という感謝の言葉を述べているということは十分承知ですが、「律儀に返事をしてくれて有難い」と素直に感じてくれる人もいれば、「もともと私には年賀状を出すつもりがなかったのか」と失礼に感じる人がいるのも事実です。

そのため、年賀状を返信する際には、相手の性格や関係にあわせて「早々に」をつけるか、もしくは「早々に」をつけずに出すのが遅くなったということにするのかを考えなければなりません。難しいところですが……。

まとめ

「早々に」という言葉は仕事の期限が存在するビジネスシーンの上では使うことの多い言葉です。そのため、使う対象や相手の立場を考えて、使い分ける必要があるということを頭の中に入れておきましょう。