「可及的速やかに」の意味と使い方!類語「直ちに」の違いと英語も

国会の官僚答弁や政治家の発言として聞くことも多い「可及的速やかに」という言葉。ビジネスシーンで使われることもあるため、意味をしっかり理解しておきたい言葉です。今回は「可及的速やかに」の意味をわかりやすく解説します。また、使い方や「直ちに」をはじめとした類語との違い、英語表現についても説明します。



「可及的速やかに」の意味

「可及的速やかに」の意味は「可能な限り早く」

「可及的速やかに」(かきゅうてきすみやかに)は、「可能な限りすぐ」「できるだけ急いで」の意味を持つ言葉です。

「可及」は「可能な限り」の意味を持つ漢文の「可㆑及」に由来する言葉で、「可及的」「可及性」など使います。「速やかに」は「時間を空けずにすぐ」の意味をそれぞれ持っています。

「火級的速やかに」と書くのは間違い

「可及的」を「火急的」と書いている場合も見受けられますが、「火急」という言葉を使うのは間違いです。

「火急」とは「火がすぐそこまで近づいてきている」状態を例えた言葉で、「緊急」を意味しています。したがって「可能な限り」の「可及」とは使い分けが必要な言葉であり、使わないようにしましょう。

「可及的速やかに」の使い方と例文

「可及的速やかに」は日常生活では使うことがほとんどなく、国会など議会での答弁をはじめ、役所やビジネスの場において契約書や文書・会話などで使われる言葉です。「可及的速やかに」を使う場合に注意すべき点と例文を紹介します。

「可及的速やかに」は自分が行動するときに使う

「可及的速やかに」は、自分が行動するときに使う言葉です。相手から物事を依頼された場合の回答や自分が行動を起こすべき場合に、「可及的速やかに対応します」「可及的速やかに検討します」などと使います。

相手に依頼するときには使わないのが無難

「可及的速やかに」という言葉は、相手に対しては使わないほうが無難と言えます。相手に対して「可及的速やかに」を使うのは、命令や威圧的な印象を与えることになります。

「可能な限り早く」を相手に対して伝えたい場合には、後ほど紹介する「可及的速やかに」の類語や言い換え表現を使うことを、心がけてください。

物事を依頼された場合の回答にも、使わないほうが望ましい

物事を依頼された場合においては、「可及的速やかに」と回答するのではなく、「すぐ着手します」「今やっている急ぎの作業が終わり次第着手します」「○日までに対応します」など具体性を持って伝えることがおすすめです。

「可及的速やかに」という言葉は、「可能な限り早く」「できるだけ急いで」を意味する言葉で、緊急ではないもの優先順位が高いことを意味しています。しかし、「できる限り」とは曖昧さを持つために、「可及的速やかに」の言葉を受けた相手によっては、「後回し」や「すぐにやりたくない」意味の回答として捉えてしまう可能性もあります。

また、「可及的速やかに」だけでは、具体的な時期がわからないため、相手はいつ対応してくれるのか不安を覚える場合もあるでしょう。

「可及的速やかに」を使った例文

  • 万一不具合が発見された場合には、可及的速やかに対応します。
  • 今回のご提案が貴社のご要望に応えられず申し訳ございません。ご指摘を踏まえた別案を可及的速やかに検討し、再度提案の場を設定しご連絡いたします。
  • 先方から詳細についての連絡が入り次第、可及的速やかに取り掛かる心づもりです。

「可及的速やかに」の類語や類似表現

「直ちに」「なるはや」など数多くある「可及的速やかに」の類語について紹介します。

「なるはや」はビジネスでよく使う類語

「なるはや」は「なるべく早く」を省略した言葉で、「可及的速やかに」と同じ意味を持ちます。日常生活において使うことはほとんどない、ビジネスならではの言葉と言えますが、くだけた表現となるため目上の人や初対面の人には使わないほうがよいでしょう。

「直ちに」との違いは「今すぐ」であること

「直ちに」(ただちに)という言葉は、「今すぐ」を意味します。「可及的速やかに」が「可能な限り」「できるだけ」と前置きがあるのに対して、「直ちに」は、状況に関係なく「今すぐ」であることを意味します。

「至急」「早急に」は非常に急ぐ、「迅速に」は早ければよい

「至急」(しきゅう)「早急に」(さっきゅうに)は「非常に急ぐ」の意味で、「可及的速やかに」よりはより急ぎであることを表します。

「迅速に」(じんそくに)は「早く」の意味を持ち、「可及的速やかに」ほどの急ぐニュアンスは持ちません。

「取り急ぎ」はとりあえず急ぎであること

「取り急ぎ」は「可及的速やかに」とは全く異なる使い方をする言葉です。「取り急ぎ○○します」など使われ、時間がなく「とりあえず急ぎで」あることを表しています。

「可及的速やかに」の英語表現

英語では「ASAP(as soon as possible)」を使う

「可及的速やかに」を英語で表現する場合は、「ASAP」が適しています。「ASAP」は「アサップ」または「エイサップ」と読む「as soon as possible」を略した言葉で、「可能な限り早く」の意味として使うことができます。

「可及的速やかに」という言葉が自分の行動にのみ使うのに対し、「ASAP」は自分に対してだけでなく相手に対しても使えます。

ただし、「ASAP」は命令と捉えられる場合もあるため、「Please」の言葉をつけることや、省略せずに「as soon as possible」を使うことなどの配慮が必要です。

「as soon as practicable」は「自分ができる範囲で」の意味

「as soon as practicable」も、「可及的速やかに」の意味を持つ英語表現となりますが、実際に英語で使う場合には、ニュアンスを理解した上で「as soon as possible」との使い分けを行うことが必要です。

「practicable」という言葉は「実行できる」の意味を持っています。したがって「as soon practicable」は漠然とした「可能な限り」ではなく、「自分ができる範囲で可能な限り」の意味を持って使う言葉となります。

まとめ

「可及的速やかに」は「できる限り早く」を意味する言葉です。相手に対しては使わないほうが無難であること、曖昧さを含むことを念頭におきながら、どういう状況であり誰に対してかを意識しながら、類語との使い分けを行うようにしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。