「甲斐性」の意味とは?「甲斐性なし」や語源・類語についても解説

「甲斐性」という言葉が持つ本当の意味を知っている、という人は多くないかもしれません。今回は「甲斐性」の意味や読み方、由来や類語について解説します。「甲斐性がない」とはどういう意味なのか、「甲斐性がある男・女」とはどういう人のことを指しているのか、などについてもお伝えしますので、参考にしてください。



「甲斐性」の意味と読み方

「甲斐性」は「かいしょう」と読む

「甲斐性」の読み方は2つあります。「かいしょう」と「かいしょ」です。主には「かいしょう」と読みます。

「かいしょ」という読み方は正式なものではないため、パソコンの漢字変換などでも「甲斐性」とすることはできません。「かいしょう」という読み方の、最後の「う」が聞こえにくかったり、消えたりすることが多く「かいしょ」でも通じるようになったと言われています。

「甲斐性」とは「やる気にあふれた性質」

「甲斐性」という言葉は、意味を知らなければどんな意味なのか見当もつかないかもしれません。「甲斐性」とは「やる気にあふれた性質」「健気な様子」という意味です。これは「甲斐性」の意味を既にある程度認識している人にとっては、少し意外なことかもしれません。

「甲斐性」という言葉は「甲斐性がある」「甲斐性がない」などと使われることが多く、いずれの場合も「その人がやるべき役割を果たす力」というニュアンスで用いられます。しかし、この「その人がやるべき役割を果たす力」は、本人にやる気がなければ出すことができませんし、自分がやろうという健気な気持ちがなければ全うすることができません。

つまり、「甲斐性」という言葉の本来の意味である「やる気にあふれた性質」「健気な様子」というのは、その人のお金や仕事、異性関係などへの接し方を表す、根本的な性質のことを指しています。

「甲斐性」の使い方と例文

「甲斐性なし」「甲斐性がない」はお金にだらしない様子

「甲斐性」という言葉を使った表現はさまざまありますが、中でも頻繁に耳にするのは「甲斐性なし」「甲斐性がない」でしょう。

「甲斐性なし」「甲斐性がない」はいずれも、主に「お金にだらしがない様子」を指しています。「甲斐性」の意味である「やる気にあふれた性質」や「健気な様子」がないことによって、生活に必要なお金が足りなくなったり、生活のために一生懸命働かない人を「甲斐性なし」「甲斐性がない人」と言います。

お金以外の「仕事」や「異性関係」などについても「甲斐性なし」「甲斐性がない」は使われ、いずれも「だらしがない」という意味です。

  • 「彼には家族を養うような甲斐性がないんだよ」
  • 「甲斐性なしと結婚したことが不運の始まりだった」
  • 「彼は仕事も異性関係も甲斐性がないから困る」

「甲斐性のある男・甲斐性のある女」とは責任感がある人

「甲斐性」という言葉を使って、男性の責任感や器の大きさを表すこともあります。「甲斐性のある男」と言えば、仕事や家庭に対して責任感が強い人、器の大きな人、という意味です。

「甲斐性のある女」という表現もないことはなく、同じように責任感が強く、人としての器が大きな女性を表すこともできます。しかし、「甲斐性のある女」という言葉は「甲斐性のある男」に比べると、これまで使われてきた機会が少ないため、補足として言葉を添えなければ、相手に意味を理解してもらえないかもしれません。

  • 「彼は甲斐性のある男だから、どんな仕事も安心して任せられるよ」
  • 「君は毎日忙しいのに、家庭のこともきちんと顧みて、本当に甲斐性のある男だね」
  • 「彼女は家事も仕事もきちんとこなすし、お金の管理も上手で、甲斐性のある女だよ」

「甲斐性」の由来・語源

「甲斐性」の由来は諸説ある

「甲斐性」に限らず、現代使われている言葉にはそれぞれの由来や語源があります。しかし、古くから使われている言葉ほど、正確な由来や語源は諸説あり、これが由来と決定づけることが難しいものです。

「甲斐性」の由来・語源もその一つで、現代で「甲斐性の由来」と言われている説はいくつも存在しています。

中でも「甲斐の国(現在の山梨県)で質の良い金が産出されていたことから、お金に余裕がある様子を甲斐性と言った」「亀の甲羅の模様のように、規則正しい生活をできることから甲斐性と言った」「甲斐性は”買う”から来ていて、お金を出して買うほど値打ちがあるものを甲斐性と言った」、この3つが有力と言われているようです。

どの説も「お金」にまつわっていることから、現代でも「甲斐性」は主に「お金に対しての姿勢」という意味で使われているようです。

「甲斐性」の類語と対義語

「甲斐性」の類語は「根性」「心根」

「甲斐性」と似た意味を持つ言葉はいくつかありますが、中でも言い換えに使いやすいのは「根性」「心根(こころね)」などです。

「根性」は比較的身近な言葉で、意味の把握をしやすいでしょう。「根性がある、根性がない」など、「甲斐性」と同じように「ある・ない」で程度を表すことができます。「根性がある」と言えば、頼りがいがあり、頼もしい様子、「根性がない」はその逆です。

「心根」は、その人が持つ気持ちの根底の部分を指す言葉で、「心根が優しい」「心根が良くない」などと使います。「心根」には「本当はこういう人」というニュアンスがあり、普段のその人の振る舞いからは、想像できない性質を表すときにも使われます。

「甲斐性」の対義語は「人任せ」「傲慢」

「甲斐性」という言葉は、後に続く言葉次第で良い意味にも、悪い意味にもなるため、反対語や対義語と言いきれるものは見当たりません。

しかし、「甲斐性」が持つ意味の対義語という意味であれば「人任せ」「傲慢」などを挙げることができます。「甲斐性」の「やる気にあふれた性質」という面の対義語は「人任せ」です。本人にやる気が感じられず、何でも人に任せてしまう様子を表すことができます。

「健気な様子」という面の対義語は「傲慢」です。自分がやろう、という気持ちがなく、人を見下して、誰かにやらせたり、押し付けたりする様子を表すことができます。

「甲斐性」の英語表現

「甲斐性」は英語で「resourcefulness」

「甲斐性」という言葉をそのまま英語にすることはできませんが、「甲斐性」の有無の要因となる「性質」「能力」ということであれば、英語にすることができます。

日本語の「甲斐性」にあたる「性質」や「能力」のことを「resourcefulness」と言います。「a man of great resourcefulness」とすれば「その人は能力に富んでいる」という意味となります。

他にも「feckless」という言い方もあり、「うだつが上がらない」という意味で「甲斐性がない」に近づけることもできます。「She is a feckless character」とすれば「彼女はうだつが上がらない性格」となります。

まとめ

「甲斐性」は、その人の性質を包括的に表現することができる言葉です。特に「甲斐性がない」という言葉は、ネガティブな要素を一つひとつ挙げて行かなくても、その人の特徴をある程度の大枠で伝えられるので、知っておくととても便利です。ぜひこの機会に「甲斐性」という言葉を覚えて、自分や誰かのことを「甲斐性」という言葉を使って表してみましょう。