「下世話」の意味とは?由来・類語や使い方も例文つきで解説

「下世話な話」とは人に聞くには下品な話という意味で使われることもありますが、実はこの使い方は誤用です。では「下世話」とは本当はどんな意味なのでしょうか。

今回は「下世話」の読み方から意味、類語や英語表現を解説して、さらには正しい使い方と誤った使い方も説明します。



「下世話」とは

「下世話」の読み方と意味

「下世話」とは「げせわ」と読み、「世間でよく話される言葉や話」または「世間話やうわさ話」の意味です。

つまり一般的に話されていること全般を「下世話」といいます。

誤用にもかかわらず「下品な」という意味合いが定着

「下世話」という言葉に「下品な」や「低俗的な」といった何かと比べて劣っているとか悪いといった意味合いは含まれていません。

にもかかわらず、この意味での使い方は一般化している現状があります。

「下世話」の「下」という字から「下品な」などの連想されやすく、また「下世話」の由来となった「下卑」という言葉からネガティブな意味がついてしまったようです。

「下世話」の誤用例文:
「下世話な話ですが、貯金はいくらお持ちですか」

「下世話」の由来は「下卑様の話」

「下世話」はもともと「下卑様の話」(げびさまのはなし)という意味の言葉から派生したのが由来です。

「下卑」(げび)とは「人柄や考え方が下品で卑しいもの」という意味です。

「下世話」の類語は「噂」「世間話」など

  • 「噂」(うわさ)

ある人の身の上などの話。
例:「人の噂をする」「噂話」

  • 「世間話」(せけんばなし)

世間の出来事など、気のおけない雑談。
例:「世間話に花が咲く」

  • 「よもやま話」(よもやまばなし)

世間のことについての雑談。とりとめのない話。
例文:「よもやま話に夜が更ける」

「下世話」は英語で「common saying」

「下世話」は英語では「common saying」です。人が話すことという意味です。

また下世話を「噂話」と捉えるなら、本当か嘘かわからないような噂話には「rumor」が、また人のうわさ話にも陰口に近いような悪い内容なら「gossip」もありますが、「下世話」という人の噂話で悪いとかいいとかという意味合いが含まれず一般的な言い方には「common saying」が適訳でしょう。

例文:
“It is a common saying that cutting nails at night might be not good.”
「下世話な話だが、爪を夜に切るのはよくないらしい」

「下世話」の正しい使い方・例文

「人から聞いた世間話」という意味で使う

「世間でよく話される話」という意味で「下世話」が使われるのが、正しい使い方です。悪い意味は含まれていないので、ただの世間話や噂話といった意味合いで使いましょう。

例文:
「下世話な話だが、もうすぐ○○さんと○○さんが結婚するらしいよ」
「下世話に言われているけど、彼の昇進は決まったようだね」
「学術的な話ばかりしていると、下世話な話が無性に恋しくなることがある」

一般的な質問の前置きとして使う

一般的な質問をするときの前置きとして「下世話」が使われることがあります。

例文:
「下世話な話になりますが、近ごろの金融業界の動向はどうなっていますか」
「下世話な質問ですが、営業では世間話って大切ですか」

「世間一般」の意味で使う

「下世話」を「世間一般の」や「庶民の間で」という意味で使うことも、「下世話」の正しい使い方です。

例文:
「下世話のことわざにも「窮鼠猫を噛む」と言うし、いじめられてきたあの子もいつか反撃してくるかもよ」

「下世話」の誤用に注意!

失礼な意味で「お金の話」に使うのは誤用

「下世話」には「下」という字が使われているため、「下品な」や「低俗な」という意味や、時には「下ネタ」という意味で使われていることがありますが、これらの使い方は誤用です。

たとえば「お金の話」の前置きとして「下世話な話ですが」のように使われることがよくありますが、その話の内容が一般論として語られるならば、この場合の「下世話」の使い方は合っています。

しかしその話の内容が相手に失礼で低俗的な内容として語られるときには、「下世話」は相応しくありません。

間違った例文:
「下世話な話になりますが、お小遣いはいくらもらってますか」
「下世話な話ですが、貯金はどれくらいありますか」

「下世話の人」は誤用

またお金の話以外にも「下世話」は間違った使い方がよくみられますが、その代表格が「下世話の(な)人」です。

「下世話」が世間話という意味である以上、「下世話の人」と言っても意味が通りません。これは「下世話」を「下品」や「低俗的な」という意味で捉えた典型的な誤用です。

また「下世話」を間違った読み方をして「下の世話」と解釈してしまうこともあるようですが、そのような意味も「下世話」には全くありません。

他にもある!間違った使い方の例文

他にもある「下世話」の間違った例文を紹介します。

  • 「下世話な話になりますが、あなたは離婚されているんですよね」
  • 「部長があんなに下世話な人だとは思わなかった。残念だ」
  • 「酒に博打って、下世話にもほどがある」
  • 「下ネタばかりで下世話。彼とはもう話をしない」
  • 「下世話な話で申し訳ないのですが、有給休暇はどれくらい取れるのですか」

まとめ

「下世話」とは「世間で話される言葉や話」、簡単にいえば「世間話」や「噂話」という意味です。「下品な」や「世俗的な」という意味はないのですが、その誤用が一般化しているのが現状です。