「詰問」の意味や使い方は?類語や例文とともに解説

「詰問」は日常生活ではそれほど頻繁に使う言葉ではありませんが、意味や正しい使い方を知っておくとビジネスの現場などでは役に立つ言葉です。今回は「詰問」について、言葉の持つニュアンスや正しい使い方などを解説します。



「詰問」の意味は?

「詰問」は「きつもん」と読む

「詰問」は「きつもん」と読みます。「詰」に「吉」という漢字が使われていることから誤って「きちもん」と読まれる方がときどきいますが、「きつもん」が正しい読みなので注意してください。

「詰問」の意味は「厳しく問い詰めること」

「詰問」の「詰」を訓読みにすると「つめる」「つまる」「つむ」「なじる」となります。「問い詰める」という言葉からも想像できるとおり、「詰問」とは相手を責めるように厳しく質問することを意味します。相手が隠していることを白状させたり、答えたがらない質問に無理やり答えさせるような場合に使う言葉です。

「詰問」と「質問」の違い

「詰問」と「質問」は1字違いで読み方もよく似ていますが、言葉の持つニュアンスはかなり異なります。「質問」は純粋に相手に物事を尋ねることなので誰に対しても用いることができますが、「詰問」は前述のように相手に威圧的に答えを迫る場合に用います。「質問」とすべきところを誤って、「〇〇の件について先方に詰問しておいて」などと言ってしまうと大変なことになるのでくれぐれも混同しないように気を付けてください。

「詰問」の使い方と注意点

ここでは、ビジネスの現場などで「詰問」をどのように使えばよいのかをご説明します。

使う時はパワハラにならないように

「詰問」という言葉には大変威圧的な響きがあるため、使用するときはパワハラにならないように十分に注意する必要があります。例えば、「〇〇の件について、明日部下に詰問してみます」「〇〇について取引先の担当者に詰問してください」などと発言するとパワハラの加害者のように受け止められかねないため、こうした使い方は避ける方が無難です。

受け身形で使うようにする

それでは「詰問」はどのような場合に使うべきなのでしょうか。例えば、上司から厳しく何かを問いただされたときに「○○部長から詰問された」のように受身形で用いることができます。このような使い方であれば、自分がパワハラの加害者側になることはないため問題ないでしょう。

第3者の視点で使うこともできる

「詰問」は「○○部長が部下を詰問している」などのように第3者の視点で使うこともできます。ただし、こうした会話を詰問している本人に聞かれると気分を害する可能性もあります。「詰問」とはややネガティブな響きを持つ語であることは理解したうえで使うときには細心の注意を払うようにしましょう。

「詰問」を使った例文

ここでは「詰問」を使った例文をいくつか紹介します。

  • 上司から遅刻の理由について詰問された
  • お小遣いの使い道について母から詰問された
  • 〇〇部長は強引な性格のため部下に詰問ばかりしている
  • そんな風に詰問されるとかえって答えづらくなります

「詰問」の類語は?

「詰問」の類語には様々なものがあります。以下に代表的なものを簡単な解説付きで紹介します。

「尋問」「訊問」の意味

「訊問」と「尋問」はともに「じんもん」と読み、は取り調べ、裁判、訴訟などにおいて口頭で何かを質問することを意味します。半強制的に返答を迫るという点で「詰問」と近い意味を持つと言えます。

「難詰」の意味

「難詰(なんきつ)」とは相手を厳しく問い詰めたり、相手を強く批判することで、「詰問」にかなり近い意味を持ちます。動詞として「~を難詰する」のように使うこともできます。

「非難」の意味

「非難(ひなん)」は相手の過ちや欠点などを責め立てることです。何かを問いただすという意味はないため「詰問」とはやや異なりますが、相手に対して厳しい態度で臨むという点では共通しています。

「追及」の意味

「追及(ついきゅう)」は目的達成のために何かを突き詰めて行くことです。「追及」は「詰問」のように相手に対して強く答えを迫るときにも用いますが、「理想を追求する」などのように良い意味でも用いることができます。

「糾弾」の意味

「糾弾(きゅうだん)」とは相手の犯した罪を非難したり、責任を厳しく追及したりすることです。政治関連のニュースなどで使われることが多い言葉です。

「拷問」の意味

「拷問(ごうもん)」とは自白を引き出すために相手に過度の肉体的、精神的苦痛を与えることを意味するため、「詰問」よりも遥かに過激な意味になります。「○○部長のお説教はまるで拷問のようだ」などと比喩的に用いる場合が多いです。

「詰問」の英語表現は?

「詰問」はcross-examinationなど

「詰問」という名詞を英語にすると以下のように表現することができます。

  • cross‐examination
  • close questioning
  • a searching inquiry

「詰問する」はexamine~closelyなど

「詰問する」という動詞を英語にすると以下のように表現することができます。

  • examine somebody closely
  • question somebody closely
  • demand an explanation from somebody
  • cross‐examine somebody

まとめ

「詰問」は日常生活やビジネスの現場でも使う言葉ですが、使い方を誤るとパワハラになったり相手に不快感を与えかねない言葉でもあります。この記事で説明した注意点をしっかりと頭に入れ、いざというときに正しく使えるように備えておきましょう。