「鬼が出るか蛇が出るか」の意味とは?語源・由来と類語も解説

人生における前途や次に起こることが予測できないことを「鬼が出るか蛇が出るか」という言葉で表現することがあります。ところで、語源や意味をご存知でしょうか?

ここでは「鬼が出るか蛇が出るか」の語源と意味をはじめ、使い方や類語と対義語、英語表現について解説をしています。賽の目を待つ心境にも似た言葉についてみてみましょう。



「鬼が出るか蛇が出るか」の意味と語源・由来は?

「鬼が出るか蛇が出るか」という言葉が一体どこからきたのか、意味とあわせて解説します。

「鬼が出るか蛇が出るか」の意味は「前途の運命を予測することは難しい」

「鬼が出るか蛇が出るか」とは、上記の由来でお話したように「中の見えない人形箱から、果たして鬼が出るのか、蛇が出るのかわからない」ということから、「前途の運命を予測することは難しい」また「次に起こり得る事態が何なのか、どのようなものなのかは予想しがたい」というような意味になります。

「鬼が出るか蛇が出るか」の由来は「傀儡師のセリフ」

「鬼が出るか蛇が出るか」は「からくり人形を操る傀儡師(かいらいし)が、箱に入った人形を出す時に言ったセリフ」で、「さて、鬼か蛇か?一体どちらが出るでしょう」という意で、観客の注目を集めるために放った決め言葉です。

「鬼=災い、良からぬこと」、「蛇=仏、良いこと」を人生の舞台にたとえ、比喩的に使うようになったことが由来とされています。

「鬼が出るか蛇が出るか」の使い方と例文

それでは「鬼が出るか蛇が出るか」はどのようなシーンで多く使われるのでしょうか?使い方と例文を紹介します。

ビジネスの駆け引きで使われることも

「鬼が出るか蛇が出るか」は「鬼」と「蛇」という二つの強烈なアイコンが登場することわざですが、日常生活よりもビジネスシーンで使われることが多いようです。

たとえば、過酷なビジネスシーンで勝ち抜くためには目新しく奇抜な商品を発表して、顧客の興味を引くような駆け引きをしかけることもあります。果たして、商品が当たるか当たらないか、前途の予測がつかないオッズに「鬼が出るか蛇が出るか」という表現することもできるでしょう。

返事待ちや会議の行方に対しても使える

たとえば、商談や契約などのシーンで「Yes、No」の返事を待っている時、相手の反応や態度からは答えの予測がつかず、一体どちらに転ぶかわからないこがあります。また、難航する会議の中で、話し合いの行方がどうなるか見当がつかない時もあるでしょう。

このように、ものごとに対して結果や答えを待っている時や、前途の状況がどちらにもなり得る可能性がある時に、期待と不安が入り混じった感情を持って使われる言葉が「鬼が出るか蛇が出るか」となります。

コミック・アニメのタイトルにも使われるほど

「鬼が出るか蛇が出るか」は、人気のコミックやアニメのタイトルにも使われるほど、インパクトのあることわざです。ドラマや小説などを含め、構成の要素に「次の展開の予想がつかない」ことを含めるのは必須でしょう。コミックやアニメなどにタイトルとして使えば「一体何が起こるのだろう」と読者の興味を引くパンチラインともなることが期待されます。

「鬼が出るか蛇が出るか」を使った例文

実際に「鬼が出るか蛇が出るか」を使って、文章を作ってみます。

  • 鬼が出るか蛇が出るか、契約更新の返事は明日来る予定だ。
  • 反対が多かった新商品だが、鬼が出るか蛇が出るか、来月の売上結果が楽しみだ。
  • 担当者は強面のA部長か、優しいBさんか。まさに鬼が出るか蛇が出るかといったところか?

「鬼が出るか蛇が出るか」の類語と対義語は?

それでは「鬼が出るか蛇が出るか」と言い換えのできる言葉はあるのでしょうか?反対の意味を持つ対義語とあわせて解説します。

類語は「吉と出るか凶と出るか」「当たるも八卦当たらぬも八卦」など

「鬼が出るか蛇が出るか」の類語となるのは「吉と出るか凶と出るか」や「当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)」です。

「吉と出るか凶と出るか」は言葉通り「吉となるか、凶となるかわからない」という意味ですが、「当たるも八卦当たらぬも八卦」は「結果が悪くても気にするな」というニュアンスを多く含む言葉です。「八卦=占い」による吉凶など「当たることもあれば、外れることもあるものだ」という意味で使われます。

対義語は「見通しの立つ」「推測の及ぶ」

「鬼が出るか蛇が出るか」の正式な対義語は見当たりませんが、反対の意「予想できる」と意味から考えると「見通しの立つ」や「推測の及ぶ」などが、対義語として考えられるでしょう。

「鬼が出るか蛇が出るか」は英語で何と言う?

最後に英語表現について紹介します。英語で「鬼が出るか蛇が出るか」はどのように訳すことができるのでしょうか?

英語では「未来は予測できない」と意訳する

「鬼が出るか蛇が出るか」は日本独特の文化である「からくり人形」から生まれた言葉であるため、そのまま直訳しても意味は通じません。言葉の意味を汲み取って意訳するなら、シンプルに「未来は予測しがたい=It’s hard to predict future」や「先行きは誰にもわからない」という意味の「You never know what will happen)」などの表現を使いましょう。

「鬼が出るか蛇が出るか」を使った英語例文

簡単な英語例文を挙げてみます

  • We never know what will happen. Wait and see how the result of the exam comes out tomorrow.
    試験の結果が明日届く予定だ。さて、鬼が出るか蛇が出るか、待つことにしよう。
  • It’s hard to predict, but we are all expecting big profit from that event.
    鬼が出るか蛇が出るかではないが、イベントでの利益に期待がかかる。

まとめ

「鬼が出るか蛇が出るか」の由来はからくり人形を操る傀儡師(かいらいし)が、箱から人形が飛び出す前に言ったセリフで、意味は転じて「前途は予測しがたい」となります。このことわざでの「蛇」とは「仏」のことで、「良いこと、幸福」を指しています。

「鬼が出るか蛇が出るか」は、「鬼」と「蛇」という二つの不気味なものを使う言葉ですが、それぞれ相反する「鬼=凶」「蛇=吉」を意味するのが特徴でしょう。職場でも「予想がつかない」ことを表現するときに文学的なニュアンスを秘めて「鬼が出るか蛇が出るか」を使ってみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。