「感謝申し上げます」目上の方ヘの使い方!意味や類語、敬語まで

目上の人へお礼を言う際に使われる「感謝申し上げます」という言葉ですが、正しく使えているでしょうか?お礼を言う際は「感謝申し上げます」の頭に別の言葉をつけることで、様々なシーンで使える言葉となります。類語や言い回し方を紹介するので参考にしてください。



「感謝申し上げます」の意味と類語

「感謝申し上げます」の意味とは

「感謝申し上げます」は「感謝する」という意味を表している言葉です。相手に感謝する際の敬語表現である「感謝します」に「言う」の謙譲語である「申し上げる」を加えた言葉で、目上の人へ感謝の言葉を伝える際に使用されます。

「感謝申し上げます」の類語

「感謝申し上げます」の類語は、「感謝の言葉もありません」です。

一見すると感謝を表さない言葉に見えますが、「感謝の言葉もありません」とは「言葉にできないほど感謝している」や「感謝のあまり言葉も無い」という意味を表します。

他にも、スピーチや文書などのフォーマルな場に相応しい「御礼申し上げます」や深く感謝するという意味の「深謝申し上げます」も、「感謝申し上げます」の類語です。シーンや状況によって使い分けましょう。

「感謝申し上げます」目上へ方への使い方

「感謝申し上げます」は目上の方にも使える

上記でも説明した通り、「感謝申し上げます」は正しい敬語表現であるため、目上の上司や取引先の人に対して使うことができます。

例えば目上の相手が、会社まで足を運んでくれたことにお礼を言う際「御足労いただき感謝申し上げます」となります。

「感謝申し上げます」の少し砕けた言い方

「感謝申し上げます」を柔らかい言い方にすると「感謝いたします」となります。

「感謝申し上げます」だと堅苦しく、違和感のある際に「感謝いたします」と言い換えましょう。砕いた柔らかい表現といっても、正しい敬語表現ですので目上の人へ使うことに問題はありません。

「感謝申し上げますとともに」は覚えておくと便利な表現

「感謝申し上げます」の言い回しとしてよく使われる中の1つが「感謝申し上げますとともに」という言い方です。

「ともに」とは、「同時に」や「合わせて」という意味の言葉ですので、「感謝申し上げますとともに、貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます」という文章だと、感謝と同時に相手の発展を願っているという意味になります。

「感謝申し上げます」を使う際の注意点

「誠に感謝申し上げます」は不適切

本心から思っているということ表す「誠に」という言葉を使った「誠に感謝申し上げます」は、間違った使い方です。

「誠に」は形容詞や形容動詞に対して使える言葉ですので、動詞である「感謝申し上げます」へ使うことはできません。「誠に」を使いたい際は「誠にありがとうございます」が適切といえるでしょう。

「感謝申し上げます。ありがとうございました」は要注意

「感謝申し上げます」の後に「ありがとうございました」を付け加えた言い方には、注意が必要です。

例えば謝罪する際「お詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。」だと、とても反省していることが伝わりますが、「心からお喜び申し上げます。本当によかったですね。」という表現には違和感を覚える人もいます。

同じように「感謝申し上げます。ありがとうございました。」という文は、心から感謝していることが伝わると捉える人もいれば、「感謝申し上げます」の一言で感謝の気持ちは伝わるため「ありがとうございました」が、余計な一言に感じる人もいます。

「感謝申し上げます。ありがとうございました。」は、相手の捉え方によるため間違った使い方と断定することはできませんが、使うことにより違和感を覚える人もいるということを忘れずに、注意して使ってください。

「感謝申し上げます」を使った例文

「重ねて感謝申し上げます」をメールで使った場合の例文

「感謝申し上げます」という言葉は話し言葉だけでなく、メールや手紙で書き言葉としても使うことができます。「重ねて感謝申し上げます」とは、同じ相手に幾つかのお礼を言う際に使う言葉です。

例文①
「日ごろからお世話になっているうえに、迅速に対応したいただいたこと、重ねて感謝申し上げます。」

この文章だと、日ごろからお世話になっていることに加えて、迅速な対応を受けたことの2つに対する感謝の気持ちを表した文章となります。

「厚く感謝申し上げます」を使った例文

「厚く感謝申し上げます」の「厚く」とは「心入れの程度が大きい」という意味の言葉ですので、「厚く感謝申し上げます」は「心の奥底から感謝している」という意味を表しています。

例文②
「この度はご協力いただき、厚く感謝申し上げます」

この文章は、「協力してくれたことに対して心の奥底から感謝しています」という文章となります。

「心より感謝申し上げます」を使った例文

「心より感謝申し上げます」は目上の相手に感謝を表す際に使われる言葉の1つです。例えば、他社のパーティーに招待された場合を考えてみましょう。

例文②
「このような場所にご招待いただき、心より感謝申し上げます」

こちらの表現では、「感謝申し上げます」よりも、さらに深く感謝している気持ちを伝えることができます。シーンに合わせて使ってみてください。

まとめ

「感謝申し上げます」は、目上の相手へ感謝の言葉を表す際に使われる言葉です。様々な言い回し方があるため、状況や相手によって使い分けることができます。「誠に」との合わせ方など、注意が必要な言い回し方もあるため、相手に失礼だと思われないよう正しい使い方をしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。