「よろしければ」の正しい使い方!敬語や類語を例文とともに解説

目上の相手に依頼や提案をする際に使われる「よろしければ」という言葉ですが、意味を理解して使っていますか?相手へ敬意や気遣いを表すことが必要となるビジネスの場では、クッション言葉として頻繁に使われています。「よろしければ」の正しい使い方や類語を紹介するので参考にしてください。



「よろしければ」の意味

「よろしければ」は「よかったら」という意味

「よろしければ」は「よかったら」という意味を持つ言葉で、クッション言葉としてビジネスシーンで多く使われます。相手へ依頼をする際やお伺いを立てる際にクッション言葉である「よろしければ」を使うことにより、後に続く言葉をスムーズに伝えることができます。

「よろしければ」を漢字で表すと「宜しければ」

「よろしければ」を漢字表現する場合は「宜しければ」となります。漢字で表すこともできますが、一般的には読みやすいとされる平仮名で「よろしければ」と表記します。会話で使う際は気に留める必要がないのですが、メールや手紙などの書き言葉として使う際は文書の体裁良くするためにも平仮名表記をする方がいいでしょう。

「よろしければ」の敬語と類語表現

「よろしければ」は「よければ」の敬語表現

「よろしければ」は「よい」を丁寧に表現した「よろしい」を使い、「よければ」を敬語表現にした言葉です。そのため、目上の上司や取引先の担当者へ使うことができます。「よろしい」を仮定形の「よろしけれ」に変換し、接続詞を付けた言葉が「よろしければ」となります。仮定形とは名前の通り、後に続く内容が仮定であることを示す言葉ですので、「よろしければ」を使う際の後に続く内容は仮定である必要があります。

「よろしければ」の類語は「差し支えなければ」

「よろしければ」の代表的な類語表現は「差し支えがなければ」です。例えば目上の相手へ連絡先を伺う際「差し支えがなければご連先をお伺いしたいのですが~」となります。例文の場合「よろしければ」と同じで相手にお伺いを立てる際のクッション言葉として使用されています。

他にも「問題なければ」や「可能であれば」などが類語に当てはまります。シーンや状況に合わせて使い分けてください。

「よろしければ」のビジネスシーンでの使い方

「よろしければ」より丁寧な表現の「もしよろしければ」

「よろしければ」を更に丁寧に表現した言葉が「もしよろしければ」です。「よろしけれ」は仮定形であることを説明しましたが、頭に「もし」を付け加えることでこれから話す内容は仮定だということを、更に分かりやすく示すことになります。

例えば「よろしければお話をお伺いたいのですが~」という文章よりも、「もしよろしければお話をお伺いしたいのですが~」の方が話を聞きたいという提案が仮定であることが分かりやすく、相手にとって気遣った文章であるといえます。相手にとって分かりやすく、丁寧に表現したい際は「もし」を付けて使ってください。

相手に見てほしい際は「よろしければご覧ください」

目上の相手に見てほしいことを伝える際は「よろしければご覧ください」となります。「ご覧ください」は「見る」の尊敬語である「ご覧になる」に「ください」を加えた敬語表現であるため、目上の相手へ使える正しい敬語であるといえます。

「よろしければご覧ください」はあくまで提案であり、見るか見ないかの判断は相手に委ねた言い回し方となっています。必ず見てほしい際に「よろしければ」を使うと、相手は見ても見なくてもどちらでも良いと捉えてしまうため、必ず見てほしい場合は使わないようにしましょう。

「ご都合よろしければ」は相手の都合を考慮した言い方

「ご都合よろしければ」は相手の都合を考慮する際に使われる言い回し方です。例えば目上の相手に参加することを促す言葉を伝える際「ご参加くださいませ」だと、相手の予定は関係なく参加することを促す文章となってしまいます。「ご都合よろしければご参加くださいませ」と言い換えることにより、相手の予定を考慮した誘い方となります。

ビジネスシーンでの「よろしければ」使った例文

「こちらでよろしければ」を使った例文

「こちらでよかったら」を意味する「こちらでよろしければ」は目上の相手に何か提案をする際に使われます。例えば「こちらでよろしければすぐにご案内致します」だと、相手の求めていることに対して「これ」と決めつけるのではなく、「これでよかったら案内できます」と相手に判断を委ねる言い方となります。

「よろしければどうぞ」を使った例文

「よかったらどうぞ」を意味する「よろしければどうぞ」は相手に何かを勧める際などに使われる言葉です。例えば職場でお土産を渡す際に「旅行先でお土産を買ってきたので、よろしければどうぞ皆さんで召し上がってください」となります。

「よろしければお使いください」を使った例文

「よろしければお使いください」は「よかったら使ってください」を意味しており、目上の相手に使うことができます。例えば相手が何か書くものを探している際「あちらにボールペンがありますので、よろしければお使いください」となります。

まとめ

「よろしければ」は依頼をする際や、お伺いを立てる際にクッション言葉として使うことができます。「よろしければ」と一言加えて話を進めることで、判断を相手に委ねた気遣いの感じられる対応となるため、目上の相手へ使ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。