「仏の顔も三度まで」の意味とは?由来や類語を紹介(例文つき)

「温厚な人でも無礼を繰り返せば怒る」を意味する「仏の顔も三度まで」ということわざ。「許されるのは2回目、3回目どちらなのか?」や「3度という数字はどこからでてきたのか?」という疑問を持っている方に向けて、「仏の顔も三度まで」の意味や由来、類語を紹介します。例文も併せて紹介しているため、ぜひ参考にしてください。



「仏の顔も三度まで」の意味と由来

「温厚な人でも無礼を繰り返せば怒る」を意味する

「仏の顔も三度まで」とは、「どれだけ温厚な人でも、無礼を繰り返せば腹を立てる」を意味することわざです。「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」という言葉が省略されて、「仏の顔も三度まで」と使われるようになりました。

「仏」が「温厚な人」を、「三度まで」が「無礼を繰り返している様子」を意味しています。

「仏の顔も三度まで」は三度目でアウト

「仏の顔も三度まで」という言い回しを見ると、「3回目までは許される」と解釈する人も多いですが、正しくは「3回目で怒られている様子」を表しています。元々の文章を見れば「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」とあり、3回目で腹を立てている様子が分かります。

「仏の顔も三度」という言葉ができたときに、本来はないはずの「まで」が加えられ、「仏の顔も三度まで」と使われるようになりました。

「仏の顔も三度まで」の由来は故事にある

「温厚な人も無礼を繰り返せば怒る」という意味のことわざですが、どこから「3」という数字が出てきたのでしょうか?簡潔に説明すると、仏さま(ゴータマ・シッダールタ)自身のエピソードが元となっています。

仏さまは釈迦国という小さな国の王子として誕生しました。ある時、隣国にあるコーサラ国から「王妃にふさわしい身分の高い女性を、コーサラ国に嫁がせて」という要求が出されます。しかし、その要求を良く思わなかった釈迦国は、身分の低い女性を「高い身分」と偽ってコーサラ国へと嫁がせました。

その後、釈迦国から王妃になるために嫁いできた女性が、実は身分の低い者だったと知ったコーサラ国。怒りから釈迦国を滅ぼそうと出兵しますが、釈迦国の王子である仏さまから説得をされ引き返します。

出兵しては引き返す行為を3回行い、4回目の出兵では「先に悪いことをしたのは自国だ」と仏さまは説得を行いませんでした。結果、釈迦国は滅びることになり、仏さまが3回説得を行った事から「3」という数字が使われるようになりました。

上記のエピソードでは、3度目まで許されているため「仏の顔も三度まで」という表現も、間違いとは言い切れません。しかし、現代では3度目に怒られることわざとして使われています。

「仏の顔も三度まで」を使った例文

  • 仏の顔も三度までと言うように、いくら優しい人でも我慢の限界があることを忘れてはならない
  • 仏の顔も三度まで。友人のことをこれ以上悪く言うと許さない

「仏の顔も三度まで」の類語

「仏の顔も三度まで」と同じ意味の「地蔵の顔も三度」

「仏の顔も三度まで」と同じ意味をもつことわざが、「地蔵の顔も三度」です。「温厚な人」を「仏」ではなく「地蔵」で表しています。例えば、「地蔵の顔も三度、次は許さない」という使い方をします。

「兎も七日なぶれば噛み付く」も類語

「兎も七日なぶれば噛み付く」ということわざも、類語に当てはまります。読み方は「うさぎもなのかなぶればかみつく」です。「どれだけおとなしい性格の人でも、我慢の限界がくれば怒る」という意味があり、「おとなしい性格」を「兎」で表しています。

「仏の顔も三度まで」の反対語

「冷酷な人が流す涙」を意味する「鬼の目にも涙」

「仏の顔も三度まで」の反対語には、「冷酷な人間でも、時には同情して涙を流すこともある」を意味する「鬼の目にも涙」が当てはまります。「温厚な人間が怒る」を表す「仏の顔も三度まで」とは反対に、「冷酷な人間が同情している様子」を表しています。

「三度目で成功する」を意味する「三度目の正直」

「1回目や2回目は結果にならないが、3回目で成功する」を意味する「三度目の正直」も、反対語に当てはまります。「仏の顔も三度まで」は「3回目で怒られる」のに対し、「三度目の正直」は「三回目で成功」している点から、反対語となります。

「仏の顔も三度まで」の英語表現

英語では「to try the patience of a saint」

「仏の顔も三度まで」の英語表現には、「聖人の忍耐を試す」を意味する「to try the patience of a saint」が当てはまります。「saint」が「聖人」を「patience」が「忍耐」や「根気」を意味しており、立派な聖人のような人でも忍耐に限界がある様子を表しています。

まとめ

「温厚な人でも無礼を繰り返せば怒る」を意味する、「仏の顔も三度まで」ということわざ。由来となった故事を見ると「3回目までは許される」と解釈できますが、「仏の顔も三度まで」の元となった文章では「3回目で怒られる様子」を表しています。類語には「地蔵の顔も三度」や「兎も七日なぶれば噛み付く」が当てはまるため、状況に応じて使用してください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。