「行き掛けの駄賃」の意味とは?使い方や例文と類語・英語も解説

ものごとをするついでに「これも、ちょっとだけしておくか」と思うことはありませんか?本筋の仕事の途中で、手間にならない程度の小さなことをすることを「行き掛けの駄賃」と呼んだりしますが、語源や正しい意味をご存知でしょうか?

今回は「行き掛けの駄賃」にスポット当て、言葉の由来や意味、使い方の例文、類語と英語表現についてまとめました。ことわざの中の「駄賃」の意味にも注目してみて下さい。



「行き掛けの駄賃」の意味と由来は?

早速、「行き掛けの駄賃」の意味と由来から見ていきます。冒頭には読み方にも触れていますので、確認してみましょう。

「行き掛けの駄賃」の読み方は「ゆきがけのだちん」

「行き掛けの駄賃」の正しい読み方は「ゆきがけのだちん」です。間違えやすい箇所は「行き掛け」で、ここを「いきかけ」と読んでしまうことがあります。場合によってはひらがな表記で「いきがけの駄賃」とすることもありますが、読み方に関しては「行き掛け=ゆきがけ」となります。この点だけ気を付けるようにして下さい。

「行き掛けの駄賃」の意味は「ついでにちょっとした他の事をする」

「行き掛けの駄賃」とは「ものごとのついでに、ちょっとした他の事をする」また「ことのついでに他のことで儲けを得るという意味を持ちます。つまり、本筋のものごとをしている時に、手間にならないような「ちょととした事」をしたり「それによって利益を得ること」を指す言葉です。

ちなみに「駄賃」とは、もともと駄馬で荷物を運ぶときにかかる運賃のことで、現在では子供が使いや手伝いをした時に与える礼や褒美を指す言葉として使われています。

「行き掛けの駄賃」の由来は「馬子の小遣い稼ぎ」

「行き掛けの駄賃」は「馬子」が駄馬を引き、仕事で問屋まで荷物を取りに行く時、そのついでに別の荷物びで用事を聞くことで、ちょっとした小遣い稼ぎをしたことに由来します。

せっかく問屋まで駄馬を連れて足を運ぶのだから、一石二鳥でちょっとした余分な稼ぎをする「馬子」の賢い知恵がうかがわれるようです。

「行き掛けの駄賃」の使い方と例文

それでは、意味を理解したところで実際に「行き掛けの駄賃」を使ってみましょう。気を付けるべき点と例文を紹介します。

「ついで」だから苦にならない「楽しいこと」であるべき?

「行き掛けの駄賃」を使う時は、ある主要なものごとをしている時についでにすることで「ちょっとした良いこと」をすることを指しています。そのため「駄賃」に該当する箇所が大変であったり、苦を感じなければならないとなると、ことわざ本来の意味が崩れてしまうでしょう。

「行き掛けの駄賃」を使う時は、むしろ「駄賃」を得ることが楽しく、大変なことではないことが基本となります。

「行き掛け」だから「本筋」を超えないことが基本

ものごとをするついでに、ちょっとしたことをすることが「行き掛けの駄賃」の意味でもあります。そのため「本筋」が「ついで」のレベルを超えてしまうと、意味的にややバランスが悪くなってしまいます。

たとえば「ただのウインドーショッピングに出かけたものの、行き掛けの駄賃で映画を3本も見てしまった」という文章は、使い方に誤りがあると指摘できるでしょう。あくまで「ちょっと他の事をする」「手間をかけない程度に別のことをする」のが「行き掛けの駄賃」の意味するところですので、もともと行う予定のことが、「ついで」に負けないことが使い方の基本となります。

「行き掛けの駄賃」を使った例文

  • 祖父の家に泊まりに行く予定だが「行き掛けの駄賃」で途中を下車でもしてみるか?
  • 「行き掛けの駄賃」で通常の本取引以外に、関係商品も少量ながら取引することにした。
  • セールスで首都圏を周るが「行き掛けの駄賃」で、同じ会社の別の部署の広告も配った。
  • 留学でアルバイトもして語学に磨きをかけよう。「行き掛けの駄賃」としては最高のプランだ。

「行き掛けの駄賃」の類語は?

続けて「行き掛けの駄賃」の類語について解説します。

「行き掛けの駄賃」の類語は「がてら」や「便乗して」など

「行き掛けの駄賃」の類語は「がてら」や「便乗して」、また「途中で」や「行きしなに(帰りしなに)」などが挙げられます。また、ビジネスシーンで言い換えをする時は「機会を利用して」や「機会を借りて」などの表現も相手に印象良く使うことができるでしょう。

「行き掛けの駄賃」の頭を少し変えた同義表現

「行き掛けの駄賃」を頭の部分を少し変えて、「朝掛けの駄賃」や「帰りかげの駄賃」などと表現することもあります。ほぼ同じ意味で使われますので、あわせて覚えておきましょう。

「行き掛けの駄賃」を英語で表現すると?

最後に「行き掛けの駄賃」の英語表現について紹介します。どのようなフレーズを使うのがピッタリなのでしょうか?

「行き掛けの駄賃」で使える英語表現は2つ

「行き掛けの駄賃」を英語で表現するときは、状況によって異なります。おおむね英語のフレーズとしてよく使われるのは「one the way(行くついでに~をする」や「while you are at it(while you are there)そこにいる間ついでにする」の2つです。

「行き掛けの駄賃」を使った英語例文

  • Are you washing dishes? Then can you please wash mine while you are at it?
    キッチンで洗い物しているの?それなら行き掛けの駄賃で私の分もお願いできる?
  • I will grab some fresh fruits while I am at supermarket.
    スーパーにいる間に、行き掛けの駄賃で新鮮なフルーツも買って来るよ。

まとめ

「行き掛けの駄賃」で軸となるニュアンスは「ちょっとしたついでに」です。ものごとのついでに何かちょっとしたことをする、またはそのことで儲けを得ることを意味し、状況によっては「がてら」や「便乗して」などの類語に言い換えることができる表現となります。

職場でも「行き掛けの駄賃で、ついで隣の部署からコピーをもらってきてくれない?」などと上司に頼まれることもあるでしょう。そのような場面ではジョークさながら「帰りがけの駄賃は、何かありますか?」と皮肉たっぷりに返してみるのも良いのではないでしょうか?以上「行き掛けの駄賃」についてご紹介しました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。