「意向」の意味とビジネスでの正しい使い方

ビジネスシーンでよく使われている「意向」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?「意向」の意味とビジネスでの正しい使い方、類語と例文も併せてご紹介します。



「意向」の意味と使う場面

「意向」の意味とは

「意向」とは「考え」や「どうしたいのか」という「考えや気持ちの向かう方向」という意味です。「気持ち」や「考え」、「考え方」、「〜するつもり」という幅広い意味を示します。

「意向」を使う場面

ビジネスにおいて「意向」を使う場面は、営業活動など社外での活動を上司に報告する場合や、社内での決定事項を取引先に報告する場合など、第三者の考えを別の第三者に伝える場合に使います。また自分の考えや自分の属する企業や団体の考えを別の第三者に伝える場合にも使います。

ビジネスシーンにおいては、「御」を付けて「ご意向」という敬語として表現するのが一般的です。自分の考えや、自分の属する企業や団体などの意思を表す場合はそのまま「意向」という形で使う事もあります。

「意向」の使い方

「ご意向」として使う

敬うべき第三者の考えを、別の第三者に伝える場合は、「ご意向」という敬語で表現して使います。「先方は中止のご意向を示されました」という表現の場合は、「先方」は取引先で敬うべき第三者となり、その方の考えを上司などに報告しているシーンでの使い方です。「こちらは先生のご意向ですか?」という表現では、「先生」という敬うべき相手に考えを尋ねているシーンです。この場合も「ご意向」という敬語表現で使います。

自分の考えとして使う

自分の考えまたは自分の属する企業、団体の考えを第三者に伝える場合は、「御」を付けると自分に対しての敬語となるので「意向」のままで使います。「弊社ではこのまま工事続行する意向でございます」であれば、こちら側の考えを第三者に伝えるので、「御」を付けずに用います。「私の意向としましては、A社とB社の契約は時期をずらすつもりでございます」では、こちらも自分の考えなので、「御」を付けずに使っています。

他人の考えとして使う

第三者の考えを別の第三者に伝える場合、考えを持っている第三者が自分の属する企業や自分側の人間で、伝えるべき第三者が敬うべき相手だった場合は、自分側を謙って「意向」のまま使います。「弊社の意向としましては、御社の決定有無で判断する所存でございます」という表現になります。

広い意味での「考え」や「希望」を伝えることができる

「考えや気持ちの向かう方向」として伝える

「考えや気持ちの向かう方向」を意味する「意向」という言葉は、ビジネスシーンにおいては「考え」を丁寧に表現した言葉として使われているので、「考えや気持ちの向かう方向」を厳密に示すというわけではありません。

「意向」はどちらかというと慣用句的に使われる言葉なので、広い意味の「考え」や「希望」としても使うことができます。

「意思」や「意志」を伝えることもできる

「意思」と「意志」はどちらも同じような意味ですが、厳密に言うと「意思」は「気持ちの向かう方向」であり、「意志」は「考えの向かう方向」であると言えます。どちらも考えであることには変わりはないので、「意向」を使って表現することができます。

「意向」の類語

自分の考えを示す類語

「意向」は考えを示す広い意味で使う事が出来るので、類語としては範囲が広いのが特徴です。

  • こちらの考えとしましては、A案を使って頂きたいと存じます
  • 弊社は是非A社様のプランを生かすつもりでプロジェクトを組んでおります
  • 私はそのまま続ける意志を伝えた

他人の考えを示す類語

他人の考えとしても広い意味で使う事ができます。

  • 先方は中止のお考えのようです
  • 先生のご意見を伺いたく存じます
  • 御社のご意思は、こちらの案で進めたいという事でございますか?
  • B君の決定も是非考慮していただけませんか?

「意向」の例文

自分の考えを示す例文

自分や自分側の考えを伝える場合は、「意向」をそのまま使います。

  • こちらの意向としましては、A案を使って頂きたいと存じます
  • 弊社は是非A社様のプランを生かす意向でプロジェクトを組んでおります
  • 私はそのまま続ける意向を伝えた

他人の考えを示す例文

他人の考えとして伝える場合は、他人がどのような立場なのかによっては使い分けが必要です。「御」を付けた敬語として「ご意向」と表現するか、「意向」のまま表現するかを区別して使います。

  • 先方は中止のご意向のようです
  • 先生のご意向を伺いたく存じます
  • 御社のご意向は、こちらの案で進めたいという事でございますか?
  • B君の意向も是非考慮していただけませんか?

まとめ

「意向」の意味と使い方をみてまいりました。「考え方の方向」や「気持ちの方向」、「気持ち」や「〜するつもり」など意思を示す幅広い意味で使う事ができます。ビジネスシーンにおいては慣用句的に使われている汎用性の高い言葉である事がわかりました。

「意向」は会議や報告書、上司や目上の方との会話など、あらゆるシーンで気持ちを伝える事のできる便利な言葉です。ビジネスマンとしては、もちろん使う場面のとても多い言葉と言えます。その上で、「御」を付けた使い方や、「御」を付けない使い方など、あらゆるシーンで使い分けをして「意向」を使いこなしてまいりましょう。